社会の話題と反応を発信していくネットメディア

外国情報監視法「FISA」(軍事裁判)が発動される可能性

政治
スポンサーリンク

アリゾナとジョージアで起こったこと

アメリカ大統領選は佳境を迎え、ペンシルバニアに続いて、今日アリゾナの公聴会が開かれた。

しかし、その公聴会では数々の不正が明らかになる中、共和党のデューク州知事は選挙結果に承認のサインをした。

普通ならば公聴会を聞いた上でサインをするかどうかの決断をすべきであり、この行為はどう考えても不自然だ。

同じようなことはジョージアでも起こっており、共和党のケンプ州知事とラフェンスペルガー州務長官は不正投票を取り除くことなく、再集計を終わりにして選挙結果を承認した。

パウエル弁護士とリンウッド弁護士は、知事および州務長官を含む州自体を訴えており、二人は中共に裏金をもらっているとし、刑務所に行くべきだと何度もツイートしている。

リンウッド弁護士:「私は証拠の観点からコメントする立場にありませんデューシーアリゾナ知事しかし私は自信を持って言うことができます。ブライアンケンプジョージア州知事は裏切り者であり、中国とドミニオンの取引からのキックバックが家族のアカウントと彼のビジネスパートナーのアカウントに流れ込んだことを知っていた犯罪者だ

スポンサーリンク

上記が真実だとすると、1つの可能性に行き着く

外国情報監視法の可能性。

この法律は通称FISA(The Foreign Intelligence Surveillance Act of 1978)と呼ばれ、日本で言えば旧軍事裁判のようなものだ。

この法律は、スパイ活動やテロリズムを行う疑いのあるアメリカの国民とアメリカの永住権を持つ外国人による「外国の情報活動」に対する物理的な捜索および電子機器を使用した監視による情報の収集の手続きについて定めたアメリカ合衆国の法律である。

情報収集活動を実施するためには外国情報活動監視裁判所(英語版)からの令状が必要であるが、その際具体的なテロ容疑者を特定する必要がない。

裁判は非公開、陪審員もおらず、メディアにも非公開。

スポンサーリンク

リンウッド弁護士のメッセージ

昨日、リンウッド弁護士は

真実:色の革命は、Covid-19による中国の我が国への攻撃から始まりました。その後、さまざまな都市で無法と暴動が起こりました。次に、計画された明らかに不正な選挙。次のステップは、都市での暴力の増加です。トランプ大統領は準備ができていると思います。私たちもそうでなければなりません。

とツイートした。

もし、この法律(FISA)を使えば、左派の暴力がアメリカ全土に広がる。よってリン・ウッド弁護士が民衆に準備を呼びかけているとも取れる。
スポンサーリンク

2018年に、ニューヨークポストとのインタビューでトランプ大統領はFISAに言及していた

トランプ大統領は水曜日、ポストとの広範囲にわたる独占インタビューで、民主党議員が彼の政権に調査を開始した場合、彼は「大統領の嫌がらせ」と呼んだが、彼らは多額の代償を払うだろうと述べた。

「彼らが大統領の嫌がらせの道を下った場合、彼らが行きたくて大統領と行政に嫌がらせをした場合、それは私に起こる最高のことだと思います。私はカウンターパンチャーであり、彼らがそのように打たれることは決してないほど強く打つつもりです」と彼は36分間の大統領執務室の座り込みの間に言いました。

最高司令官は、ロバート・ミューラーの調査からFISA令状申請書やその他の文書を分類解除できると述べ、この開示により、FBI、司法省、クリントンキャンペーンが彼を立ち上げるための警戒態勢にあると明らかになると予測しました。

「それは私のキャンペーンに役立つと思います。彼らがタフにプレーしたいのなら、私がやります。彼らはそれらのページがどれほど壊滅的であるかを見るでしょう。」

しかし、トランプ氏は、必要になるまで文書を保存したいとポストに語った。

「私がそれをやったら、それははるかに強力です。私たちがすでにそれをやったなら、それはすでに昨日のニュースになるでしょうから」とトランプは言いました。

トランプ氏は、民主党が1月に下院委員会を引き継ぐ予定であり、彼の潜在的な利益相反、確定申告、ロシアとの取引などを調査する準備ができているのと同じように、彼のプレイブックを明らかにしました。(後略)

2018年11月28日 |(ニューヨークポスト 記事抜粋)

Trump threatens to declassify ‘devastating’ docs about Democrats
In a wide-ranging, exclusive interview with The Post, President Trump said Wednesday that if House Democrats launched probes into his administration — which he ...続きを読む
スポンサーリンク

今回起きたことは不正選挙などではなくクーデター

トランプ大統領は11/6に勝利を断言した自信に満ちたツイートをした。

マイケルフリン氏は一昨日、ワールドビューレポートとの電話インタビューで

「もしこれから2週間で直面している問題を解決しないと、来月から1月までに想像を絶することが起こる」

「我々は絶対に負けない自信がある。トランプ大統領は必ず再選する。我々には愛国者がいる」

フリン氏はまた、「今回の選挙でクーデターがあったと述べた。

ジュリアーニ弁護士は何度も国家反逆罪に触れている。

そして、1週間前には多くのDSと言われる人たちのSNSが、モノクロになったことは何かの兆候か?

エポックタイムスはプランBに備えるためとの記事

(epoch times)


スポンサーリンク

一掃されたエスタブリッシュメント派のメンバー

トランプ政権は25日、イスタブリッシュ派を一斉にパージした。

トランプ政権は25日、国防総省の防衛政策委員会(Defense Policy Board)の11人のメンバーを解任した。ヘンリー・キッシンジャー元国務長官などが含まれている。

国務総省の連絡調整官であるジョシュア・ホワイトハウス(Joshua Whitehouse)氏は同日午後、発表した。

米外交政策雑誌「フォーリン・ポリシー」は、トランプ政権の高官などの話として、11人の委員には、キッシンジャー氏のほかに、第2期クリントン政権で国務長官を務めたマデレーン・オルブライト(Madeleine Albright)氏、元海軍大将のゲイリー・ラフヘッド(Gary Roughead)氏、下院情報委員会のメンバーだったジェーン・ハーマン(Jane Harman)氏、元国防副長官のルディ・デ・レオン(Rudy de Leon)氏が含まれている。

また、下院共和党院内総務を務めたエリック・カンター(Eric Cantor)氏とブッシュ政権で財務次官を担任したデービッド・マコーミック(David McCormik)氏も、同委員会から除名された。両氏は、ジェームズ・マティス元国防長官の招きで同委員会に入った。

残りの4人は、クリントン政権の司法副長官であったジェイミー・ゴアリック(Jamie Gorelick)氏、米政府の核拡散問題担当特使を務めたロバート・ジョセフ(Robert Joseph)氏ジョージ・W・ブッシュ元大統領の国家安全保障顧問であったジャック・ダイアー・クラウチ(J.D. Crouch II)氏と、元国防総省高官のフランクリン・ミラー(Franklin Miller)氏

(中略)

トランプ大統領は11月9日、エスパー氏を解任した。今年以降、大統領とエスパー氏の間では、海外駐留米軍の撤退、イランのソレイマーニー司令官の暗殺、国内で極左団体のアンティファによる略奪などへの軍投入をめぐって、意見が対立した。(epochtimes)

トランプ政権、国防総省顧問団の人事刷新 キッシンジャー氏ら11人を解任
トランプ政権は25日、国防総省の防衛政策委員会(Defense Policy Board)の11人のメンバーを解任した。ヘンリー・キッシンジャー元国務長官などが含まれている。
スポンサーリンク

リンウッド弁護士は昨日、こうもツイートしている。

大統領令の期限を確認します。すべての嘘が明らかになります。民主党は何年もの間ロシアを叫んだ。彼らは自分自身を罠にかけました。愛国者はすぐにそれが中国、イラン、ベネズエラ、カナダ、キューバ、ドイツ、スペイン、メキシコなどの悪役であったことを知るでしょう。安定しました。我慢して。祈る。

FISAが発動される可能性は低くないと考える。

外国情報監視法

(がいこくじょうほうかんしほう、外国諜報活動偵察法、海外情報活動監視法等とも。英語: The Foreign Intelligence Surveillance Act of 1978; FISA、Pub.L.95-511、92 Stat.1783、50 U.S.C. ch. 36)は、1978年に成立した「外国勢力」と「外国勢力のエージェント(協力者)」(すなわち、スパイ活動やテロリズムを行う疑いのあるアメリカの国民とアメリカの永住権を持つ外国人を含み得る)による「外国の情報活動」に対する物理的な捜索および電子機器を使用した監視による情報の収集の手続きについて定めたアメリカ合衆国の法律である。

情報収集活動を実施するためには外国情報活動監視裁判所(英語版)からの令状が必要であるが、その際具体的なテロ容疑者を特定する必要がなく、情報収集の範囲が無制限に拡大されかねないとの懸念や、米国市民のプライバシー保護が不十分との意見がある。外国情報監視法はアメリカの国外では適用されない。アメリカ同時多発テロ事件以後、外国情報活動監視法は繰り返し改正されてきた。

外国情報監視法 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました