社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】アリゾナ州公聴会、身も凍るような証言の数々/投票機がマシンに接続されていた/偽造投票を監視しようとしたら阻止された

政治
スポンサーリンク

アリゾナ公聴会での身も凍るような証言

-2020年11月30日

Phil Waldron大佐は、今日のアリゾナ州の公聴会で、フェニックスでの公開会議で証言しています。彼はまた先週のペンシルベニア公聴会で証言した。

彼の調査についての彼の証言は絶対に身も凍るようなものであり、これらのマシンの投票を世界中のどこからでも簡単に変更できることを確認しています。機械のマニュアルはそれが事実であることを示しています。Waldron氏によると、あなたが聞いたこととは逆に、マシンはインターネットに接続されています。

ジュリアーニ氏は、アリゾナ州の共和党議員に自分たちの選挙人を選ぶ勇気を持たせるよう説得しようとしています。その背後にある考え方は、彼らが選挙人を送り、州当局が異なる州の選挙人を送り、紛争を解決できない場合、それは決定を米国下院に送るというものです。

ジュリアーニ氏は、選挙は明らかに不正であると述べ、道徳的な理由でこれに取り組んだ。

私は今朝、電話を使って証言の短い9分間のクリップを撮り、それがどのように進んでいるかを示しました。

専門家のウォルドロン氏は、彼と彼の同僚が202 GBのデータを国土安全保障省に渡して、マシンがインターネットに接続され、投票用紙がフランクフォートに転送されていることを示したと述べました。元DHSの副クリス・クレブスが米国史上最も安全な選挙だと言っている間、このすべて。

ジュリアーニ氏はまた、選挙の安全性を確認する声明はクレブス氏によって書かれたのではなく、投票機会社を代表する評議会によって書かれたと指摘した。Dominionは、Smartmaticや私たちが聞いている他の企業とともに、その評議会のメンバーです。

Waldron氏はまた、それに一致する署名が適切に処理されておらず、何百万もの投票に影響を与える可能性があると述べました。(independentsentinel)

Chilling Testimony at Arizona Hearing, watch live
Colonel Phil Waldron is testifying at the Arizona hearing today, in a public meeting in Phoenix. He also testified at the Pennsylvania hearing last week. His te...続きを読む
スポンサーリンク

楽しんでくれと余裕のトランプ大統領

「ブロックの一方の端に群衆が集まり、LEDビデオバンの1つで演奏されているルディジュリアーニ選挙公聴会のライブストリームを視聴します」

「次のAZ証人は、AZ事実調査セッションの前に話します: タリーの投票で126kの「偽の人々」。 郡ごとの内訳は2008年までさかのぼります-政府の場合。登録有権者の最大97%が「投票した」と信じられるデータ。 トランプ大統領に国全体を監査するよう呼びかける」

「今日のAZでの投票の認証について尋ねられたとき: もし私がこれらの数字を見ている会社の責任者だったら、今日のAZでの投票を承認するのではなく、辞任したでしょう」

スポンサーリンク

投票機はインターネットに接続されていた

https://twitter.com/syuuikikikan0/status/1333540357234065409?s=20

・ライブ動画

🔴 LIVE: Arizona State Legislature Holds Public Hearing on 2020 Election
スポンサーリンク

アリゾナ州で勝つためには

12月8日までに、州議会がトランプ大統領側の選挙人を選出する必要がある。

記事はこちら👇

証言者は「宣誓」のもとに証言している。虚偽であれば偽証罪で実刑の可能性もある。それだけに証言には重みがある。つまり証言者は職だけでなく、家族や人生を賭してまで証言している。その証言に虚偽があるとは通常考えられない。

ペンシルバニアと同じ流れてアリゾナも、公聴会から州議会が憤慨して、選挙結果に拘らず州議会で選挙人を選出する可能性大。

しかもアリゾナは激戦州で実質唯一の州議会も州知事も共和党。

これだけの不正を目のあたりにして、選挙結果どおりの(バイデン側の)選挙人を選ぶことは普通はありえない。

タイトルとURLをコピーしました