社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】テキサス州「GA、AM、PA、WIを最高裁に提訴」が全国的に拡大/訴訟内容詳細

政治
スポンサーリンク

テキサス州が4州を提訴

記事はこちら👇

訴訟は広がりを見せ、ルイジアナ州、アーカンソー州、アラバマ州、フロリダ州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州はすべて、テキサス州に訴訟に参加することを発表した。

テキサス州の共和党司法長官ケン・パクストンは火曜日、ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州に対して米国最高裁判所に選挙訴訟を起こし、州がパンデミックを利用して選挙法を不法に変更したと主張し、最高裁判所に選挙を行うよう要請した結果は違憲であると宣言した。

彼は、米国最高裁判所が4つの州による選挙人団の投票のカウントを禁止する規則を定め、すでに選挙人を任命している州については、州議会に新しい選挙人を任命するよう指示するよう裁判所に要請しています。

パクストンは、4つの激戦州が憲法に違反して2020年の選挙を実施したという裁判所の決定を求めて、選挙規則を修正するためにこれらの州がとった行動を詳しく述べました。

「ペンシルベニア」
パクストンは、ペンシルベニア州のキャシー・ブックバー国務長官が一方的に、そして立法上の承認なしに、不在者投票と郵送投票の署名検証を要求するいくつかの州法を修正したと主張している。

「ジョージア」
パクストンは、ジョージア州務長官ブラッド・ラフェンスパーガーが一方的に、そして立法上の承認なしに、不在者投票の署名検証プロセスを管理するジョージア州の法律を廃止したと最高裁判所に提出したと主張している

「ミシガン」
パクストンは、ミシガン州のジョスリンベンソン国務長官が、一方的に、そして立法上の承認なしに、不在者投票の申請と署名の検証に関連するミシガン州の選挙法を廃止したと主張している。

「ウィスコンシン」
パクストンは彼の苦情の中で、ウィスコンシン州選挙委員会(WEC)が、不在者投票の完全性を確保するために確立された保障措置を弱めるか完全に削除する方法でウィスコンシン州選挙法を違憲に修正したと主張している。(theepochtimes)抜粋

Texas SCOTUS Case Highlights Non-Legislative Election Rule Changes in Battleground States
A lawsuit filed by Texas in U.S. Supreme Court against Pennsylvania, Georgia, Michigan, and Wisconsin highlights non-legislative changes to election laws
スポンサーリンク

ロイターも報道するが、早速否定的見解

テキサス州、選挙結果巡りジョージアなど4州提訴 連邦最高裁に

[ワシントン 8日 ロイター] – 米テキサス州のパクストン司法長官(共和)は8日、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)に乗じて大統領選の手続きを不当に変更し、選挙結果をゆがめたとして、ジョージア州、ミシガン州、ペンシルべニア州、ウィスコンシン州を相手取り連邦最高裁に提訴した。

連邦最高裁は、トランプ氏が指名した3人の判事を含め6対3で保守派が多数を占めている。最高裁にこの訴訟を審理する義務はない。

トランプ大統領はツイッターで、テキサス州の行動を支持すると表明。さらに他の州も訴訟に加わるよう呼び掛けた。

ジョージタウン大学ロースクールの教授で選挙法の専門家でもあるポール・スミス氏は、テキサス州には訴訟の正当な根拠がないと指摘。「他の州がどのように票を数え、どのように選挙人の票を投じるかについて、テキサス州に文句を言う資格があるとは考えられない」と述べた。

またオハイオ州立大学のネッド・フォーリー教授(憲法学)は、選挙の問題について、議会が選挙人投票を正式に集計する来年1月6日の段階で、議会によって解決することになっており、「裁判所としては途中経過の問題に引きずり込まれたくないと考えるのではないか」とした。(reuters)

テキサス州、選挙結果巡りジョージアなど4州提訴 連邦最高裁に
米テキサス州のパクストン司法長官(共和)は8日、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)に乗じて大統領選の手続きを不当に変更し、選挙結果をゆがめたとして、ジョージア州、ミシガン州、ペンシルべニア州、ウィスコンシン州を相手取り連邦最高裁に提訴した。
スポンサーリンク

Twitter

 

タイトルとURLをコピーしました