社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バー司法長官「(自身が退任する)12月23日までに、特別検察官を任命する予定はない」/ということは、任命は23日以降か

政治
スポンサーリンク

バー氏が「特別検察官の任命はないと明言した」と喜ぶ東京新聞

【ワシントン共同】バー米司法長官は21日の記者会見で、大統領選の不正疑惑やバイデン次期大統領の次男ハンター氏を巡る税務関連の捜査に向けた特別検察官の任命を否定した。大統領選で大規模不正があったと根拠なく主張し敗北を認めていないトランプ氏は、特別検察官の任命を模索しているとされるが、司法省としては必要ないとの立場を明確にした。
バー氏は記者会見で、大統領選で結果に影響を与えるような大規模不正はなかったとの見解を改めて表明し「特別検察官を任命する理由は見当たらない。(23日の)退任までにそうする計画はない」と明言した。(東京新聞)

お探しのページが見つかりませんでした| 東京新聞 TOKYO Web
東京新聞の総合ニュースサイト。首都圏・関東地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。
スポンサーリンク

裏を返せば23日以降はどうなるかわからない

バー氏の後任の、ローゼン司法長官代理は以前外国の影響に言及。ドノヒュー司法副長官は、米陸軍第82空挺師団出身でフリン将軍の元部下

・「米国の選挙(2020年8月)における悪意のある外国の影響に関する新司法長官ジェフリーA.ローゼン氏の発言。」

今のところ特別検察官の候補者と言われているのは、昨日ホワイトハウスで会談したシドニー・パウエル弁護士

記事はこちら

スポンサーリンク

ジェフリー・アダム・ローゼン(wikipedia)

(1958年4月2日生まれ)は、2019年から米国司法副長官を務めてきたアメリカの弁護士であり、ウィリアムの辞任により、現在のトランプ政権の最後の4週間で米国司法長官代理になります。2020年12月23日のバー。彼の継続的な役割を引き受ける前は、法律事務所カークランド&エリスのシニアパートナーであり、米国司法副長官でした。

リチャード・ドノヒュー(wikipedia)

2018年から2020年までニューヨーク州東部地区の連邦検事を務めたアメリカの弁護士兼検察官です。Qアノンは2018年に彼の任命を予測しました。彼は裏切り者と危険にさらされたディープステートのメンバーを裁判。ドノヒューは、2018年1月にジェフセッションズによって暫定米国弁護士に任命されました。2020年12月14日、トランプ大統領は、ドノヒューが2020年12月23日に米国の司法副長官代理になることを発表しました。彼は第82空挺師団に勤めていました。

スポンサーリンク

リンウッド弁護士のツイート(12/15)

「バーは愛国者です。彼の手紙は素晴らしかった。バーは12/23までに大きな動きを発表すると思いますが、起訴を続けることは望んでいません。彼は仕事をし、国によく仕えました。新しい司法長官(AG)とアシスタントは、来る膨大な数の訴訟を起訴します」

NEW👇

 

タイトルとURLをコピーしました