社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領、ペンスの補佐官に「ホワイトハウスに来るな」

政治
スポンサーリンク

レポート:トランプ大統領、ペンスの参謀長は今日ホワイトハウスで「歓迎されなかった」と語った

さらに、トランプのトップアドバイザーの何人かは今夜すぐに辞任することを検討していると伝えられています。

ブルームバーグの記者によると、国家安全保障補佐官のロバート・オブライエンと国家安全保障補佐官のマット・ポッティンガーと副首席補佐官のクリス・リッデルは辞任を検討している。

伝えられるところによると、NatSec顧問のロバートオブライエン氏の辞任が差し迫っています。

スポンサーリンク

自分の望みをペンスに伝えなかった

ニューヨークタイムズの記者マギー・ハバーマンは、トランプ大統領がマーク・ショートに、トランプが望んでいたことに従わないようにペンスに助言したことでホワイトハウスに歓迎されなかったと語ったと述べた。

マークショートは今日はホワイトハウスにいた。

「マイク・ペンスには、私たちの国と憲法を保護するためにすべきことを行う勇気がありませんでした。これにより、州は、以前に証明するよう求められた不正または不正確な事実ではなく、修正された一連の事実を証明する機会が与えられました。アメリカは真実を要求します!」トランプは言った。

スポンサーリンク

年末にトランプと会ったマストリアーノ上院議員はトランプの固い決意をみたと言った

その中には、ダグ・マストリアーノ上院議員がいた。彼はその後、「真実が彼の側にあるので」、トランプとして「これ以上解決または決意した人を見たことがない」と述べた。

タイトルとURLをコピーしました