社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】世界8番目のイタリアのIT企業専門家が米国選挙に影響を与える犯罪行為を供述!/この件はラトクリフレポートにも載った模様

政治
スポンサーリンク

世界的グローバル企業の従業員、ローマのイタリア大使館で米大統領選の票のすり替えを連邦裁判所で証言

イタリア、ローマ(2021年1月5日)–世界で8番目に大きい防衛請負業者であるレオナルドSpAの従業員が、米国の選挙に影響を与える最も手の込んだ犯罪行為における彼の役割を詳述した衝撃的な証言録取を行いました。

スポンサーリンク

ラトクリフレポートにも掲載された模様

DNI(国家情報庁)ラトクリフの国際侵入に関する報告を裏付けるものとして、Arturo D’elioは、イタリアのペスカーラにあるレオナルドコンピューターシステムと軍事衛星の使用に成功したことが証明された計画の概要を説明しました。

レオナルドでのハッキングに関する最近の報告は、イタリア政府が部分的に所有している企業へのブローバックを軽減するための組織的なカバーであったようです。

政府の透明性組織であるNationsIn Actionは、Institute of Good Governanceと提携して選挙の不規則性を徹底的に調査および調査し、アメリカを倒すための完璧な計画が並外れたリソースとグローバルな関与で実行されたという待望の証拠を生み出しました。アメリカ人と選出された役人は今、選挙が実際に盗まれたという証拠を持っています。

スポンサーリンク

間違いなくクーデター

これにより、各州が選挙人団を直ちに呼び戻すか、訴訟に直面し、すべての連邦政府機関に、ローマ大使館からのすべての内部通信、機器、および文書をロックダウンするように要求するメカニズムが提供されます。

間違いなく、これは私たちが正義と自由で公正な選挙の名の下に停止するクーデターです」と、Nations inActionの議長であるMariaStrolloZackは述べています。

スポンサーリンク

関係者は厳罰、関わった会社は資産凍結

グッドガバナンス研究所は次の声明を発表しました。

私たちの使命は、完全な真実を提供し、この恐ろしい犯罪の加害者を暴露し、関係するすべての人が、立場に関係なく、法律の最大限の範囲で起訴されることを保証することです。

Nations InActionとInstitutefor Good Governanceは、選出された公務員に次の要求を行っています。

•ステファンセラフィーニを含むローマのスタッフから始まる国務省職員を解任する
•レオナルドSpAからすべての契約を直ちに剥奪し、資産を差し押さえる
•すべての議会メンバーは、この外国および国内の干渉に反対するか、リコールや関与の疑いに直面する必要がある•最も厳しい罰則を実施する知識を持っている、または参加し、調査の支援を拒否した参加者

Nations InActionの創設者であるMariaStrollo Zackは、次のように述べています。アメリカの選挙では、刑事干渉を容認することはできません。

この国際的な陰謀は、大統領による迅速な行動に対応し、投票の完全性と私たちの偉大な国の繁栄を保護するために選出された役人によって完全にサポートされなければなりません。」(nationsinaction)

Press Release: Votes Switched throughout U.S. Presidential Race - Institute for Good Governance
Senior IT Expert at Global Defense Contractor Testifies in Italian Federal Court; He and Others Switched Votes in the U.S. Presidential Race
スポンサーリンク

ラトクリフレポートは7日に上院に提出され、「大規模なハッキングが行われた可能性が高い」と報告された

・議論の背景には、米国の議員に対する中国の影響についての懸念が高まっており、SolarWindsの大規模なハッキングが行われた可能性が高い。

・「ロシアのアナリストは、ロシアの選挙影響活動の明確で信頼できる証拠があると評価しました。 

・ラトクリフは「中国の行動は選挙に影響を与えることを意図していた」と述べた。

記事はこちら👇

タイトルとURLをコピーしました