社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「CPAC」第3報/第45代トランプ大統領、CPACのスピーチで「中共への対抗」「ビッグテックの解体」「国境確保」に焦点を当てる

政治
スポンサーリンク

中国への対抗、ビッグテック独占の解体、学校の再開に焦点を当てるトランプのCPACスピーチ

ホワイトハウスを去ってから最初の公の場でのドナルド・トランプ大統領は、アメリカに対する楽観的なビジョンを提示し、中国に立ち向かうこと、米国の製造業を復活させること、ビッグテックの独占を解体すること、学校を再開すること、そして国境を確保することに焦点を当てる。元トランプの上級顧問ミラーによるトピック。

最近大統領と話をしたミラーは、2024年のホワイトハウスへのトランプの潜在的な実行とオフィスを去った後の彼の最初のスピーチについての質問に応えて日曜日に放映されたインタビューでトランプの次のスピーチを概説しました。

「彼はCPACに次の演説をすることに非常にエキサイトしています。そこでは、彼がこの国の将来に対する彼の前向きなビジョン、私たちが中国に立ち向かうビジョンを提示するのを聞くでしょう。大統領が辞任する前に行っていたように、私たちの製造を取り戻し、私たちの学校が開かれ、私たちの国境が不法移民に閉ざされているというビジョン、ビッグテックの独占が解体され、言論の自由と表現の自由と思考が自由になるビジョン君臨する、それがこの国の目的だからだ」とミラーは語った。

スポンサーリンク

トランプ氏「バイデン移民対策は狂気」

ミラーの演説の概要は、トピックがジョー・バイデン大統領の就任以来の主要な行政行動のいくつかと一致しているため、トランプがバイデン政権を注意深く見守っていることを示唆している。バイデンと彼の多くの任命者は、トランプ政権下のものよりも中国に対するより穏やかなスタンスであるように見えるものについての批判に直面している。現在のホワイトハウスはまた、学校がいつ再開するかについて明確なメッセージを維持するのに苦労しており、不法移民に関するトランプの厳しい政策を一掃した後、内外のブローバックに対処しています。

トランプ政権の移民政策の設計者であるミラーは、インタビューの前半で、バイデンの移民に対する行動は「狂気」であると述べた。

「バイデン大統領と議会の民主党員によって提唱された法律は、人類の歴史において初めて、アメリカの国民性の本質を根本的に消し去るだろう」とミラーは述べた。「この法律は、以前に国外追放された不法移民に申請書を送り、市民権への迅速な道で国に再入国する機会を与えることを提案しています。これは前代未聞です。」

スポンサーリンク

共和党の将来の方向性も示す

現在のトランプの上級顧問ジェイソン・ミラーは2月20日にニュースマックスに、トランプの演説は共和党の将来の方向性も示すだろうと語った。

「次の28日の日曜日にトランプ大統領が話すのを聞くのは、共和党の将来と、トランプ大統領が記録的な量のアフリカ系アメリカ人をもたらした2020年に学んだ教訓の数だと思います。有権者、GOP側のラテンアメリカ人有権者は、現代の共和党大統領の歴史で見たよりも多い数です」とミラーは言いました。「私たちはこれらの有権者を党に参加させ続けなければなりません。」

Trump's CPAC Speech to Focus on Countering China, Dismantling Big Tech Monopoly, Reopening Schools
Former President Donald Trump in his first public appearance since leaving the White House will lay out an ...
スポンサーリンク

第45代大統領は辞任以来初めて公の場[CPAC]で発言する

ドナルド・トランプ前大統領は、2月28日に行われる保守政治活動協議会で演説する予定であり、ホワイトハウスを去ってから初めての公の場となる。

トランプ氏は、ワシントンDC地域ではなく、今年フロリダ州オーランドで開催される4日間のイベントの最終日に、CPACとしても知られる集会に出席することを計画している。

ランプ氏の顧問は、共和党の将来と保守主義について話し、バイデン大統領の移民政策についてコメントすると述べた。アメリカ保守連合のスポークスマンであるイアン・ウォルターズは、トランプ氏が2月28日の会議で講演することを確認した。

CPACとは

2万人を超える保守派が全米から結集し、保守派の連邦議員や大統領などの要人が登壇するアメリカ最大級の政治イベント。レーガン大統領やトランプ大統領の誕生が原動力ともなった。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました