社会の話題と反応を発信していくネットメディア

カナダ議会、ウイグル人に対する行為を全会一致でジェノサイドと認定/中共トルドーは内閣は投票を棄権

スポンサーリンク

カナダ議会はCCPをジェノサイドと認定

カナダ保守党エリン・オウトゥール議員

「今日、すべての政党のメンバーは、ジャスティン・トルドーと彼の内閣が投票を拒否したにもかかわらず、ウイグル人と他のトルコのイスラム教徒に対して中華人民共和国によって現在行われている大量虐殺を認めることに投票しました」

スポンサーリンク

速報:トルドー内閣は、ウイグル人に対する中国の扱いを大量虐殺と宣言する投票を棄権

保守派によって提案された動議は、すべての野党の支持を受けた。国会議員は、質問期間後の月曜日に動議に投票することが期待されています。

ウイグル人は主にイスラム教徒の民族グループであり、中国政府が新疆と呼んでいる中国北西部の東トルキスタンに住んでいます。彼らは何年もの間、中国共産党政府によって行われている継続的な大量虐殺の対象となってきました。

国際人権に関する議会小委員会は、2020年後半に、中国政府が犯した多数の人権侵害を文書化した報告書を発表した。小委員会は、囚人が強制労働、強制的な断種と中絶、拷問、性的虐待の対象となる強制収容所への大量送還を記録した。受刑者は中国の民族主義的なプロパガンダを暗唱することを余儀なくされ、夜の間に過密な刑務所の独房に詰め込まれます。

スポンサーリンク

議会は中共の行為をジェノサイドと認定

まだ強制収容所に強制送還されていない人々は、大量監視と恐怖の文化にさらされてきました。ウイグル人は自分たちの文化を公然と実践することを大部分禁止されており、自分たちの文化を維持しようとしたウイグル人は恣意的な拘禁と迫害の対象となっています。

小委員会は、「中国共産党の行動はジェノサイド条約に定められたジェノサイドを構成する」と宣言し、さらに中国政府の行動を「ホロコースト以来の少数派コミュニティの最大の集団拘禁」と説明した。

カナダを含む多くの大企業がウイグル人の強制労働から直接利益を得ていることも指摘された。

スポンサーリンク

トルドーは中共を支持

トルドーは過去に中国政府に称賛を表明した。トルドー首相の2015年の選挙運動で、トルドーは、中国政府はカナダを除いて最も称賛する政府であり、迅速に行動する能力について彼らの「基本的な独裁政権」を称賛した。

なぜ自由党内閣が決議を棄権しているのかは不明である。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました