社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【最高裁】審議拒否した保守派ロバーツ、カバノー、バレット判事は恥を知れ!/保守派ジャーナリストのマーク・レヴィンが痛烈批判

政治
スポンサーリンク

マーク・レヴィン「カバノーとバレットは恥を知れ」

ラジオの司会者マーク・レヴィンは月曜日に、「恥ずべき」最高裁判所のブレット・カバノー裁判官とエイミー・コニー・バレット裁判官が言った。「彼らは、合衆国憲法を支持することに失敗し、線を引くことによって、この国の分裂の火に燃料を注ぐのを助けた。それは、これらの他のすべての問題に干渉しないという彼らのひどい仕事だ」

「憲法第2条第1項第2項に基づく真っ直ぐな挑戦であり、非常に単純なものだった」とホストは述べた。「つまり、ペンシルベニア州最高裁判所、ペンシルベニア州司法長官、およびペンシルベニア州務長官には、州の選挙法を実質的に変更する権限がまったくないということだ

・マーク・レヴィン氏のParler:「く○ったれの仕事をすることを拒否したカバノーとバレットは恥を知れ!」

スポンサーリンク

話は単純だ。ペンシルバニアには選挙法を変える権限は全くない

1、憲法の第2項、これは非常に単純です。つまり、ペンシルベニア州最高裁判所、ペンシルベニア州司法長官、およびペンシルベニア州務長官には、州の選挙法を実質的に変更する権限がまったくない。

その事件を聞きたかった3人の裁判官と、聞きたくない6人の裁判官がいる。次のサイクルで何が起こるか、それはまさに異議のポイン​​トです。これが解決されなかったので、私たちは再びここに戻るつもりです。

この種の不正な努力のリーダーが合衆国の最高裁判所長官、ジョン・ロバーツだ。しかし、コニーバレットとカバノーがロバーツと法廷の左派と合流したという事実はぞっとする。

最高裁判所の用途は何だ?それは想像できるすべての気の毒なことに関与します。中絶であろうと祈りであろうと、キリスト降誕のシーンであろうと、結婚であろうと、すべての文化的問題は最高裁判所によって運営されなければなりません。すべての文化的問題は最高裁判所によって運営されている-なぜか?

彼らはすべて弁護士だ。なぜ彼らはすべての州、すべての町、そしてすべての公共広場で何が起こるかを制御しているのか?しかし、ここでは、連邦憲法の下で起こった。そこでは、フレーマーを明確にすることはできなかった。

スポンサーリンク

仕事を放棄した保守派ロバーツ、カバノー、バレットは恥を知れ

州議会、ジョン・ロバーツでさえ、それを読むことができるはずです。しかし、カバノーとコニーバレット(偉大なカバノーと偉大なコニー)を含む6人は、関与しないことに決めた、恥を知れ!

彼らは、合衆国憲法を支持することに失敗し、線を引くことによって、この国の分裂の火に燃料を注ぐのを助けました。それは彼らのひどい仕事であり、これらの他のすべての問題に干渉しないことです。(cnsnews)

Levin: 'Shame on' Kavanaugh and Barrett for Refusing to Do Their 'Damn Job'
“Shame on" Supreme Court Justices Brett Kavanaugh and Amy Coney Barrett," radio host Mark Levin said Monday. "They have helped to pour fuel on the fire of the d...続きを読む
スポンサーリンク

最高裁は23日、PA州の選挙法での憲法違反の審議を却下した

ペンシルバニア州の州の憲法では選挙法を改正する場合、州憲法を改正する必要があるが、この手続きが行われず、ペンシルバニア州は憲法違反だと訴えていた裁判で、3-6で最高裁は審議することを却下した。

・今回、この提訴が受け付けられなかったことで完全に司法は死んだ。

・それにしても、保守と言われた、他の3人はどうしたのか。ロバーツはそもそもあの島の訪問者らしいので除外するにしても、カバノーと特にエイミー・バレット判事。

(テキサスが却下された時も賛成はアリート判事とトーマス判事。今回はこれにゴーサッチ判事が加わってくれた)

スポンサーリンク

バレット判事もカバノー判事もトランプ大統領が任命したガチガチの保守(だったはず)

エイミー・コーニー・バレット

ニューオーリンズ出身の信心深いカトリック教徒で、2013年には雑誌記事で、「命は受胎の時に始まる」と発言。これは人工中絶に反対する立場の表明として受け止められ、最高裁が「ロー対ウェイド」判例を覆すことを期待する中絶反対派は、バレット判事の就任に大きな期待を寄せている。

バレット判事はこのほか、トランプ大統領による強硬な移民規制策や、銃規制の緩和も支持してきた。(BBC)抜粋

エイミー・コニー・バレット - Wikipedia
ブレット・カバノー(wikipedia)

(英: Brett Kavanaugh、1965年2月12日 – ) とは、アメリカ合衆国の法律家、裁判官。2018年7月9日にドナルド・トランプ大統領から連邦最高裁判所陪席判事に指名された。宗教はカトリック。

経歴
イェール大学ロースクールを卒業後、ジョージ・H・W・ブッシュ政権下でアンソニー・ケネディ最高裁判事の助手を務める。その後、ケネス・スター独立検察官の助手としてビル・クリントン大統領の不倫疑惑を調査。2006年、ジョージ・W・ブッシュ大統領から連邦控訴裁判所判事に指名され、首都ワシントンで活動してきた。2018年6月、アンソニー・ケネディ最高裁判事が引退を発表すると、ドナルド・トランプ大統領は後任候補6人を直接面接し、2018年7月9日、ブレット・カバノーを指名。

ブレット・カバノー - Wikipedia
マーク・リード・レヴィン

1957年9月21日生まれ。アメリカの弁護士、作成者、あるラジオパーソナリティ。彼はのホストであるシンジケートラジオが示す マークレビンショーだけでなく、生命、自由&レビンにフォックスニュースを。レビンはロナルド・レーガン大統領の政権で働き、エドウィン・ミーズ司法長官の参謀長を務めました。彼はの元社長であるランドマーク法律財団、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー7冊の本の著者であり、National ReviewOnlineなどのメディアに解説を寄稿しています。2015年以来、レビンは保守的レビューの編集長を務める。。トランプ大統領の就任以来、レビンの解説は強くプロトランプになっている。

Mark Levin - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました