社会の話題と反応を発信していくネットメディア

これがFact】バイデンが行った「アメリカ分断」のリスト/「団結」と「癒し」は偽物だった

政治
スポンサーリンク

チャイナジョーの団結と癒しは偽物

チャイナジョーの「団結」と「癒し」の約束は常に偽物でした。バイデンはこの時点で、米国の歴史上のどの大統領よりも多くの大統領命令と行動を出しました。これが彼がアメリカの最後の議題をどのように突っ込んでいるかの決定的なリストです。

スポンサーリンク

ジョー・バイデンによってすでに実施されている63の大統領命令と行動

ワシントンDC- 1月20日:米国大統領ジョー・バイデンは、2021年1月20日にワシントンDCで就任してからわずか数時間後に、大統領執務室のレゾリュートデスクで一連の大統領命令に署名する準備をした。

ジョー・バイデン大統領は、「コンセンサス」によって統治するという約束で選挙運動を行った。彼は就任演説を「団結」に捧げた。それでも彼は大統領職の最初の3週間で、米国の歴史上のどの大統領よりも多くの大統領命令と行動を出しました。民主党が過去に焦点を当てた弾劾のサーカス余興の準備をしているとき、未来を変えるために彼がすでに行ったことを見るのは興味深い。

スポンサーリンク

就任当日から大統領令を乱発

1.覚書:規制の見直し– の大統領令は、製薬業界が反対していたインスリンとエピネフリンのコストを下げる規制を含む、ドナルド・トランプ大統領の保留中の規制変更の多くを凍結した

2.発表:COVID-19提案– バイデン大統領は、コロナウイルス救済のための彼の物議を醸す1.9兆ドルの計画を紹介しましたが、トランプ大統領の下で承認された以前の提案からの1兆ドル以上の資金はまだ使われていなかった。

3.大統領の行動:パリ気候協定への再加入–バイデン大統領は、条約が米国にとって不公平であり、トランプが撤退した後、米国が排出量を削減したにもかかわらず、米国が協定に戻ることを発表した。

6.大統領命令:連邦マスクの委任–バイデン大統領は、「連邦の建物と連邦の土地で」マスクを着用することを全員に要求しました。これは、彼と彼の家族が就任式典のその夜に即座に違反した。

スポンサーリンク

アメリカラストの移民政策、失業拡大、偽の女性擁護

8.大統領の行動:世界保健機関にとどまる–バイデン大統領は国連に手紙を送り、中国の支配とWHOのCOVIDの失敗に対する懸念にもかかわらず、米国はWHOを離れないことを宣言した。

9.大統領命令:トランプ移民政策の取り消し–バイデン大統領は、トランプが「聖域」の都市や州を引き受けた大統領命令を含む、トランプ大統領の内部移民執行政策を取り消した。

12.大統領命令Keystone XLパイプラインの取り消し–Biden大統領はKeystoneXLパイプラインの許可を取り消しました。彼はまた、規制レビューの一環として、ANWRおよびその他の連邦政府の土地での石油およびガスのリースに関するモラトリアムを発行した。

13.大統領命令:女性のスポーツにトランスジェンダーのアジェンダを課す–大統領は次のように宣言した:「子供たちはトイレ、更衣室、または学校のスポーツへのアクセスを拒否されるかどうかを心配することなく学ぶことができるはずだ」

16.大統領命令:国境の壁の建設を終わらせる–バイデン大統領は、「国境の壁を建設するためにこれ以上アメリカの納税者のお金を流用しないことが私の政権の方針である」と宣言した。

スポンサーリンク

武漢ウイルスでも反団結

20.大統領命令:国内輸送でのマスク着用–バイデン大統領は、マスクの任務を、商用空の旅(とにかく義務付けられていた)を含む、州の境界を越える国内輸送の形態に拡大しました。

24.大統領命令:国防生産法を通じてCOVIDと戦うための物資–バイデン大統領は、連邦政府に既存の医療備蓄を見直し、国防生産法を使用してギャップを埋めるように命令した。

26.大統領命令:学校が再開するための条件の作成–バイデン大統領は、多くの主要都市の学校は閉鎖されたままだが、彼の方針は「安全な対面学習の条件をできるだけ早く作成するのを助ける」ことであると宣言した。

スポンサーリンク

約束反故を連発

31.大統領命令連邦労働力を合理化するためのトランプ命令の取り消し–バイデン大統領は、連邦労働力に関するトランプ大統領の大統領命令のいくつかを取り消し、連邦従業員の最低賃金1時間あたり15ドルを支持しました。

32.大統領命令トランスジェンダーの軍事禁止の撤回– 「トランスジェンダーの個人が軍隊で奉仕することを許可しても、軍隊に意味のある悪影響がないという実質的な証拠がある」と大統領は述べた。

35.大統領の行動「チャイナウイルス」の使用を禁止する覚書–バイデン政権は、「その起源の地理的位置によるCOVID-19パンデミックへの言及を含む」反アジア差別に反対した。

37.大統領命令私的刑務所の撤廃–「体系的人種差別」を撤廃する努力の一環として、バイデン大統領は私的刑務所が人種差別に関連していることを証明しなかったが、私的刑務所を排除することを誓った。

38.大統領の行動:過去の連邦住宅における制度的人種差別 – バイデン大統領は、過去の連邦住宅政策は人種差別主義者であったと宣言し、「異なる影響」を人種差別と見なしてオバマ時代の規則を復活させた。

スポンサーリンク

難民ファーストと違法者保護

46.大統領命令移民に関する公的責任規則の逆転–バイデン大統領は、トランプ大統領による、州の負担となる移民に対する長年の(しかし無視された)政策の執行を逆転させ始めた。

48.大統領命令家族を再統合するためのタスクフォース–バイデン大統領は、国境で​​逮捕された子供たちを支援するために「家族の再統合に関する省庁間タスクフォース」を創設した

49.大統領命令気候変動の影響に関する難民プログラムの拡大 –バイデン大統領は、将来の「気候変動から直接的または間接的に避難した個人の第三国定住」を含む米国の難民プログラムを拡大した。

57.大統領の行動庇護申請者のための「メキシコに留まる」方針を覆す。トランプがメキシコと合意したにもかかわらず、バイデンは亡命申請者がまもなく米国での裁定を待つことができるようになると発表した。

63.執行措置:経済的理由によりコロナウイルス中の移民を制限する宣言を取り消す。バイデン大統領は、パンデミックからのアメリカの回復中の移民を制限するトランプの宣言を取り消しました。(breitbart)抜粋

Fundamental Change: 69 Executive Orders and Actions Already Put into Place by Joe Biden (Updated)
Joe Biden promised "consensus" and "unity" but has issued more executive orders and actions at this point than any president in U.S. history.
参考記事
タイトルとURLをコピーしました