社会の話題と反応を発信していくネットメディア

サキ報道官のバインダーはびっしりと書き込まれているが、質問の答えはいつもサークルバック(後でお答えします)/そんなサキ報道官をいたわるマケナニーさん

政治
スポンサーリンク

サークルバックサキ報道官、Circle Backがトレンドに

質問にすぐに答えず「とても興味深い質問ですが、それについては後ほどお答えします。後ほど検討します(#circle back)」 

まとめていないプレゼンテーションでクラスから質問を受けるとき。みたい

スポンサーリンク

ジェイソンミラー氏のツイート

2020トランプ選対顧問ジェイソン・ミラー氏「みんな「サークルバック」と言っているだけじゃないのかな?」

上院共和党の副デジタルディレクター。ソーシャルメディアのトランプキャンペーンディレクター、マイク・ハーン氏「彼女がこのホワイトハウスに対してどれだけの力を持っているかについて質問があった場合に備えて-オカシオコルテスはサキ報道官のバインダーを取得する」

スポンサーリンク

ケイリー・マケナニー元報道官

私は常に[トランプ]の立場を把握していました。記者会見の前には、記者が質問するであろうと思われる項目のリストを持って入り、一つ一つ確認していました。トランプ大統領は私に多くのアクセスを与えてくれたので、私は何度も後で答える(サークルバックする)必要はありませんでした。”
– ケイリー・マッケナニー

スポンサーリンク

マケナニー、サキのパフォーマンスについて:トランプが私にアクセスを与えたので、私は「サークルバック」する必要はありませんでした

マケニーは「サークルバック」の発言でサキに言及し、記者会見を避けたバイデンを呼びかける。
元ホワイトハウス報道官のケイリー・マケニーは木曜日、後継者のジェン・サキの頼りになる行に言及して、ドナルド・トランプ前大統領が彼女にアクセスを与えたので、記者と「サークルバックする」必要はなかったと述べた。

マケナニー氏は、バイデンホワイトハウスでの6週間の間に、さまざまな記者と「サークルバック」すると言ったサキ報道官の「フォックスアンドフレンズ」モンタージュに反応して、トランプが問題のどこに立っているかを知ることができるという利点があると述べた。

スポンサーリンク

「サークルバック」サキ報道官を労わる優しいマケナニーさん

「ジェン・サキのご活躍をお祈りしております。大変な作業ですが、それでも、事前に何時間も、時には何日も調査を行うために、行政に多大な労力を費やしました」と彼女は語った。

「私は上司がどこに立っているかを常に知っていました。ウォークイン特権を持っていなかったかもしれない他の報道官とは異なり、私はいつでも入ることができました…私は彼の頭がどこにあるかを常に知っていたので、トランプ大統領が私に多くのアクセスを与えたので、サークルバックは必要なかった」

マケニーはまた、「地下室」にとどまり、報道機関の質問を避けたとして、バイデン大統領を掘り下げた。バイデンは正式な発言の後に彼に叫ばれた質問に時々答えたが、彼は現代の大統領の記録である単独の記者会見を開かずに44日間を過ごした。

「それはキャンペーンとまったく同じだ。それはずっと彼の戦略だった」と新しいフォックスニュースアナリストのマケニーは言った。(fox)

McEnany on Psaki's performance: I didn't have to 'circle back' because Trump gave me access
Former White House press secretary Kayleigh McEnany said Thursday she didn't need to a "ton of circling back" with reporters because of the access afforded her ...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました