社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ビルゲイツ、ウイルステストを通じてアメリカ人から遺伝子データを取得する中国企業に資金を提供していた

政治

ビル・ゲイツは、彼の「実験的」ワクチンが自分のDNAを永遠に変えることを認める

スポンサーリンク

ビルゲイツは、CCPウイルステストを通じてアメリカ人から遺伝子データを取得する中国企業に資金を提供しました

3月6日

ウィリアムH.ゲイツIII、2013年1月24日、スイスのダボスにあるビル&メリンダゲイツ財団の共同議長。

ビル&メリンダゲイツ財団は、中国共産党(CCP)に関連し、CCPウイルスを検出するテストを通じてアメリカ人から遺伝子データを取得したとして当局から非難された「BGIグループ」と契約を結びました。

元米国諜報機関の関係者は、BGIグループが「生体情報の収集、保存、活用」に責任があると報告した、とナショナルパルスは3月5日に報告しました 。

スポンサーリンク

ゲイツはBIGグループに資金提供、BIGグループはCCPと共同開発している/ゲノム研究にも関与

世界最大のゲノミクス企業であるBGIグループは、中国の人民解放軍(PLA)と共同で研究を行っています。豚のクローンを作成した最初の会社であり、 2014年以来毎年数百頭が生産されています。

また、人民解放軍の主要な医学研究機関である軍事大学である軍事医学研究院と共同で、疾患に関連するゲノムを検索するテストに関する12件の特許を保有しています。

同様に、人工知能(AI)に関する技術産業の専門家チームは、10月に、中国のバイオテクノロジーセクターへの財政支援、生物学的データ収集における利点、および軍事用途の可能性に対する人民解放軍の関心について警告しました。

チームは、AIを使用して集団の遺伝的弱点を特定し、病原体を操作してそれらを悪用する敵のリスクと、兵士の精神的または肉体的強さを改善するために設計されたとされる遺伝子研究について警告しました。

スポンサーリンク

ビルゲイツはCCPとワクチン製造に関し複数のプロジェクトに関与

ロイターによれば、これらの理由から、チームは、PLAがアメリカ人の遺伝子データを操作することに伴う国家安全保障上のリスクのために、政府が「BGIに対してより積極的な公的立場を取る」ことを推奨した。

ゲイツ財団との取引において、科学技術省や農学アカデミーなどのCCP機関とともに、ゲノム配列決定に関連するプロジェクトへの資金提供を受けた、とナショナルパルスは報じた。

彼らはまた、ヒトゲノムプロジェクトとの研究に協力し、イネのゲノム、動植物のゲノム、その他の希少疾患、癌のゲノム、自閉症など、多くの重要な動植物のゲノムの配列を決定しました。

ゲイツ氏は、CCPウイルスやその他の病気に対するワクチンの製造など、物議を醸している複数のプロジェクトに関与していると非難されています。

もはや、故小児性愛者のジェフリー・エプスタインとの彼の関係やカリブ海に所有されているエプスタイン島への多数の訪問は、それほどスキャンダラスではありません。

Bill Gates funded Chinese company taking genetic data from Americans through CCP Virus tests
The Bill and Melinda Gates Foundation entered into agreements with BGI Group, a company linked to th...
スポンサーリンク

合成牛肉を食えをいうビルゲイツ:豊かな国々は「100%合成牛肉」に移行すべき

ビル・ゲイツ氏は最近、豊かな国々が牛肉の代わりに植物ベースの肉製品のみを消費することで、気候変動との世界的な戦いを助けると信じていると述べました。

ではテクノロジーレビューとの最近のインタビューで、ゲイツ氏は「気候災害を避ける方法」、彼の新しい本を議論し、豊かな国はに移動することで作り出すことができる利点を強調し、「100%化学合成牛肉を。」

ゲイツ氏は、食糧生産に関して、各国がメタン排出量の削減にどのように役立つかについて尋ねられたとき、「すべての先進国は100%合成牛肉に移行すべきだと思う」と述べた。「味の違いに慣れることができます。そして、彼らは時間の経過とともに味をさらに良くするだろうと主張しています。」

スポンサーリンク

ビルゲイツは3回ワクチンをうたせるつもり

ビルゲイツ:新しいコロナウイルス変異体と戦うために3回目のワクチン接種が必要になるかもしれない

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました