社会の話題と反応を発信していくネットメディア

連邦捜査局は、1月6日の暴動の訴訟に60日間の延期を要請/FBIとメディアの陰謀の企ての疑義

政治
スポンサーリンク

キャピトルヒルの捜査官は、FBI-メディアの陰謀が企てた後、1月6日の抗議者に対して訴訟を起こすために60日間の遅延を要求する

2021年3月13日

ベラルなフェイクニュースメディアは1月6日の抗議を宣伝し過ぎた。米国議会議事堂での「暴動」はテロ攻撃、武装反乱、米国議会議事堂を乗っ取るための事前に計画された計画だった。

それはすべて嘘だった。

**抗議者は武装していなかった。
**米国議会議事堂で抗議者から没収された銃はなかった。
**唯一の銃撃はキャピトルヒル警察中尉によるものだった。
**トランプ支持者によって米国議会議事堂を引き継ぐためのプロットはなかった。
**トランプ大統領は平和的な抗議を呼びかけた。
**誓いの番人は武装勢力を計画していなかった。
** 2020年のBLM-Antifa暴動による損害賠償額は、おそらく10万ドルから1,000,000ドルの合計で、20億ドルに相当する。
**何百人もの抗議者が警察によって米国議会議事堂に振り回された。

スポンサーリンク

FBIのばかげた「国会議事堂包囲パイプ爆弾」ビデオは常識への全面的な攻撃

現在、連邦検察官は拘束されている。彼らが約束した事件は崩壊している。

金曜日に、検察官は、抗議者に対する訴訟を発明するためにさらに60日を要求した。
彼らは何も得られなかった。

連邦検察官は 金曜日の朝、1月6日の国会議事堂の暴動に関連する一連の事件の60日間の遅延を要求する提出書類を提出 し、大規模な事業を「法務省がこれまでに起訴した中で最も複雑な調査の可能性が高い」と説明した。

全体像: FBIのクリストファー・レイ長官が「国内テロ」と表現した攻撃に関連して、300人以上の容疑者が起訴された。

連邦検察は、暴行、不法侵入、政府資産の破壊などの個々の犯罪に加えて、1月6日より前に始まった「陰謀活動」を調査している。

スポンサーリンク

100人以上が今後起訴される予定

司法省は、提出書類によると、少なくとも100人以上の個人が起訴されると予想している。

数字で見ると 、ほぼすべての州とワシントンDCで合計900以上の捜査令状が執行されており、数十の連邦および地方の法執行機関の捜査官がまとめた文書と証拠には次のものがある。

・攻撃の日から15,000時間以上の監視と身に着けられたカメラ映像。
・約1,600の電子機器と電子通信プロバイダーの数百件の検索結果。
・21万を超えるヒント。「その大部分には、ビデオ、写真、ソーシャルメディアが含まれます。」
・容疑者と目撃者のインタビューに関連する80,000を超えるレポートと93,000の添付ファイル。

 

CASE FALLS APART: Capitol Hill Investigators Ask for 60-Day Delay to Build a Case Against Jan. 6 Protesters After FBI-Media Conspiracies Implode
The liberal fake news media oversold the January 6th protest and “riot” at the US Capitol was a terrorist attack, an armed insurgency, a pre-planned plot to tak...続きを読む
スポンサーリンク

1月6日の暴動はトランプ氏の演説とは無関係とFBIが認めている(ロイター)

トランプの弁護士は、FBIが1月に確認したと述べています。 6日の暴動はトランプのスピーチの数日前に計画されたため、スピーチとは何の関係もありませんでした(ロイター)

スポンサーリンク

ペロシはこの暴動に1枚かんでいると疑いがもたれている。共和党はペロシに手紙を送り、1月6日の議会議事堂暴動に至るまでの数日間に行われた「主要な安全保障上の決定」についての回答を求めた

手紙に記載されているこれらの質問は次のとおり。

・サンド元国会議事堂警察首長が1月4日に州兵の支援を要請したとき、なぜその要請は拒否されたのか?
・アームズ・ポール・アーヴィングの守衛官は、サンド首長の州兵の要請を拒否する前に、1月4日にスタッフから許可または指示を受けたか?
・あなたとあなたのスタッフは、キャンパスのセキュリティ体制に固有の1月6日までの守衛官にどのような会話とガイダンスを提供したか?
・国会議事堂への攻撃中にどのような会話をしたか。また、1月6日、サンド署長が州兵の支援を要求し、承認が必要になったときに、治安当局にどのような対応をしたか?
・なぜあなたのハウスオフィサーは、1月6日のイベントに関連するリクエスト資料を提出するための保存と生産のリクエストに応じることを拒否しているのか?

・国会暴動に関するペロシの疑い経緯

・国会議事堂警察首長は、1月6日の暴動を予知し州兵の派遣を要請
・この要請は拒否される
・この経緯(1月6日の暴動と拒否した経緯)についてペロシが何か知っていると共和党は確信を持つ
・共和党下院は、ペロシに文書で「要請が拒否された理由、ペロシのスタッフが国会議事堂警察と何の話しをしたのか、サンド首長が州兵の支援を要求し、承認が必要になったときに、ペロシは治安当局にどのような対応をしたか?」について追及している

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました