社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「英国の変種」、「ブラジルの変種」、「南アフリカの変種」、さらには「カリフォルニアの変種」、「ニューヨークの変種」ということができるが、COVIDは武漢から来たと正確に言ってはいけない不思議

スポンサーリンク

COVIDだけは中国から来たと言ってはいけない不思議

フェデラリストの編集者モーリー氏「英国の変種」、「ブラジルの変種」、「南アフリカの変種」、さらには「カリフォルニアの変種」、「ニューヨークの変種」について話すことができますが、COVIDは武漢から来たと正確に言ってはいけません。

スポンサーリンク

COVIDは、中国以外のどの国ともリンクできます

1年前の今日、ドナルド・トランプ大統領は、中国中央部で最初に発生した新型コロナウイルスについて、「チャイナウィルス」という表現を使ったことを弁明しなければなりませんでした。

ホワイトハウスで行われたブリーフィングで、ABCニュースのセシリア・ベガが「なぜ “チャイニーズ・ウイルス “と言い続けるのですか」と質問した。”多くの人が人種差別だと言っています”

スポンサーリンク

トランプ氏は前日の発言を繰り返した。

“Because it comes from China,” トランプはさらりと言った。”It’s not racist at all… It comes from China. それが理由だ。中国から来たものだ。私はそれを正確にしたいのだ。”

大統領は同じブリーフィングの場で、税金で雇われたPBSのヤミッシュ・アルシンドール記者に同じ問題を再度質問された。アルシンドール記者は、テレビでの記者会見でも権力者にアピールする機会を逃さない。アルシンドールは、あまり知られていないウイルスに国が直面しているときに、すでに答えが出ている無意味な質問を繰り返すことになっても、その活動に専念した。

スポンサーリンク

武漢ウィルスが悲劇をもたらしたのだから、そう呼ぶのは当然のことのはず

「武漢コロナウイルス」の悲劇的な発生が、徹底的に目覚めた現代の最初のパンデミックであることを考えれば、公衆衛生上の緊急事態の初期にメディアがどこに優先順位を置いていたかを見るのは当然のことである。

しかし、中国共産党が米国のウェイキズムを武器にしてこの言葉を非難し、責任逃れをした後、「Wuhan Coronavirus」や「Chinese Coronavirus」といった言葉を自ら使うのをやめたレガシーメディアは、同じウイルスの亜種を発生地で命名することには関心がないようだ。

スポンサーリンク

イギリス、ブラジル、南アフリカの国名の「変種」は普通に報道されている

NBC Newsの亜種トラッカーでは、「イギリスの亜種」、「ブラジルの亜種」、「南アフリカの亜種」などの亜種が広がっている州を見ることができます。

また、「カリフォルニアの亜種」、「ニューヨークの亜種」など、中国産コロナウイルスの新たな変異と、その発生場所を結びつける報道も行われています。

この新しい変異体の名前は、企業メディア全体で見られるもので、そもそもウイルス用語に人種問題を持ち込んだ左派の人たちが人種差別の疑いを持つことなく、受け入れられて使われている。

もちろん、新しい病気に関連する場所や人の名前を付けるのはよくあることだ。例えば、麻疹、西ナイルウイルス、ギニアワーム、ロッキー山斑点熱、ライム病、ロスリバー熱、オムスク出血熱、エボラ出血熱、中東呼吸器症候群(MERS)、バレー熱、マールブルグウイルス病、ノロウイルス、ジカ熱、日本脳炎、スペイン風邪、ラッサ熱、レジオネラ病などである。

しかし、唯一、メディアの怒りを買ったウイルス用語があります。それは、トランプ大統領が使っていて、共産主義の中国の指導者にとっては不愉快な言葉でした。(thefederalist)

You Can Link COVID With Any Country -- Except China
Across the entire corporate media landscape, readers can learn all about the 'U.K. variant,' the 'Brazilian variant,' and the 'South African variants.'
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました