社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テキサス州、不法な国境通過に関連し人身売買対策の取り組みを発表/アボット知事「バイデンの無謀な国境解放政策が人身売買を野放しにしている」

政治
スポンサーリンク

「バイデン大統領の無謀な国境開放政策は人道的危機を引き起こした」とアボットは述べた。

スポンサーリンク

テキサス州、不法な国境通過に関連した新たな人身売買対策の取り組みを発表

テキサス州のグレッグ・アボット知事は17日、南部国境で同伴者のいない未成年者を含む逮捕者が急増している中、不法な越境に関連する人身売買を撲滅するための新たな取り組みを発表した。

この人身売買対策は、米国とメキシコの国境を越えてテキサス州に流入する人や麻薬の密輸に対処するために今月初めに開始した「オペレーション・ローンスター」に含まれます。

新しい取り組みの一環として、テキサス州公共安全局(DPS)の兵士とエージェント、およびテキサスレンジャーズは、国境を越えた同伴者のいない未成年者にインタビューし、人身売買の被害者を特定し、人身売買業者の逮捕に役立つ情報を収集する。

スポンサーリンク

アボット知事、バイデン政権に怒り「バイデンが何をしているか知る権利がある」

この変更を発表した記者会見で、アボット氏は、バイデン政権の最近の行動を批判した。

“バイデン大統領の無謀な国境解放政策は、同伴者のいない未成年者をしばしば食い物にして虐待するカルテル、密輸業者、人身売買業者を豊かにする人道的危機を生み出している」と述べた。

“アメリカ人は、国境を越える同伴者のいない未成年者の急増を調査し、人身売買の被害者を保護するために、バイデン政権が何をしているのか知る権利がある。

“国境の安全確保であれ、人身売買対策であれ、テキサス州はワシントンの残したギャップを埋めるために常に歩み寄る。”

アボット氏のオフィスによると、”Operation Lone Star “に関わるテキサス州DPSの隊員、エージェント、レンジャーは1,000人。今回の新たな取り組みは、知事の「Child Sex Trafficking Team」や、テキサス州で人身売買対策に取り組む他の組織・機関が担当する。

バイデン政権はテキサス州で収容されている子どもたちに、心が痛むような非人道的な状況を作り出しています」と3月15日に発表しました。”これらの子どもたちがDNA鑑定などで家族と再会できているのか、人身売買の被害に遭っていないのか、全くわからない。”

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は3月15日、南部国境に「大きな問題」があることを認めた上で、問題解決のための努力を惜しまないと述べた。

スポンサーリンク

共和党は移民の急増はバイデン政権がトランプ政権の国境政策を覆したからだと批判

共和党は、移民が急増しているのは、バイデン氏が、国境の壁の建設を中止し、亡命申請の審理を待つ間に不法移民を入国させるキャッチ&リリースを復活させるなど、ドナルド・トランプ前大統領の移民・国境政策を覆したためだとしている。

また共和党は、カルテルが同伴者のいない未成年者やその他の移民を国境を越えて輸送することで、緩くなった国境政策を悪用していると主張しています。

テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)は、3月16日にキャピトル・ヒルで記者に語ったところによると、バイデン政権は「事実上、一人旅の子どもたちをこの国に招待した」。

“その結果、同伴者のいない子どもたちが、暴力的な多国籍犯罪者である人身売買業者の保護下に引き渡され、子どもたちへの身体的虐待や性的虐待を行うケースが急増しています」と述べました。

Texas Announces New Anti-Human Trafficking Efforts Related to Illegal Border Crossings
Texas Governor Greg Abbott on Wednesday announced new efforts to stamp out human trafficking related to illegal border ...
スポンサーリンク

バイデンは国境の移民急増に、今さら「自分たちの街を離れないで」

2021.03.17

バイデン大統領、移民に「自分たちの街を離れないで」

米国のバイデン大統領は16日、移住を求めて米国を目指すことを望む人々に対して、「明確に言える。来ないで」と語った。米ABCのインタビュー番組で語った。同伴者のいない移民の子どもたちが米国を目指して急増しており、バイデン政権は対応に追われている。

バイデン氏は、準備を整えている最中だとして、自分たちの町や地域社会を離れないよう呼びかけた。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました