社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【バイデン初記者会見】/事前に渡していた質問リストにも「えーと、ちょっと待って、、」/リスト以外の質問に「はっきり言ってわからない」「受け入れられない」

政治
スポンサーリンク

記者会見中のジョー・バイデンの5つの最も厄介な瞬間

2021年3月25日

ジョー・バイデン大統領は木曜日の最初の記者会見でいくつかの厄介な瞬間を過ごしました。

1.バイデンは、ドナルド・トランプ前大統領が「恋しい」と主張している

ある時点で、バイデンは2024年に再選に立候補するかどうか尋ねられました。これは、ドナルド・トランプ前大統領が大統領職のこの時点で再び立候補することをすでに示していたためです。

「私の前任者はそうする必要があります」とバイデンは笑いながら「必要」とつぶやいた。

「私の前任者。ああ、神様、私は彼がいなくて寂しいです」と彼の「計画」が実行されることを確認する前に、彼は皮肉を込めて言いました。

フォローアップを求められたとき、バイデンは「私は確かに4年半、3年半先を計画することができなかった」と言った。

スポンサーリンク

あらかじめ記者に渡していた質問リスト

2.バイデンは別の脳凍結に苦しんでいます

別の時点で、バイデンは脳の凍結に苦しみ、曲がりくねった考えの真っ只中に身を置いた。

「だから、何かを成し遂げるための最良の方法」とバイデンは言いました。「あなたがあなたの近くにいて、あなたが、ええと、ええと、とにかく、私たちはたくさんのことを成し遂げることができることを望んでいることを大切にしています。

大統領は声明を終えた後、準備した記者リストに質問を求めた。

「オーケー、ええと…ちょっと待って…ええと…ごめんなさい」とバイデンはリストを精査しながら言った。

3.「ジムイーグル」

バイデンは、ジョージア州やミシガン州などの州で検討されている選挙の完全性法案を攻撃しました。

「それは病気だ」と彼は宣言した。

「これにより、ジム・クロウはジム・イーグルのように見えます」とバイデンは言い、「ジム・イーグル」が誰であるかについては詳しく説明しませんでした。

スポンサーリンク

国境危機解消はいつになるかわからない

4.バイデンは、彼の不明確な答えが明確であることを確認します

ある記者は、バイデンが国境近くの不法滞在者でいっぱいの施設に記者を入れることを約束することを望んでいた。

バイデンは、国境危機についていつ透明になるかを言うことを拒否します。
バイデン:「私は、現在行っていることを実行できるようになり次第、透明性を約束します。」
レポーター:「それはどれくらい早くなりますか?」
バイデン:「はっきり言って、わからない」

彼は、「私たちが今していることを実行する立場になったらすぐに透明性を約束します」と言うことを除いて、拒否しました。

「それはどれくらい早くなりますか?」バイデンは尋ねられた。

「はっきり言って、わからない」と大統領は答えた。

結局のところ、バイデンは彼の事前に選択されたリストから10人の記者を呼びました。

スポンサーリンク

国境施設の質問にバイデンは怒りをあらわにしおかしくなる

5.バイデンは、国境施設の状況を記者の質問に気がおかしくなる

「4人目のレポーターはABCのセシリア・ベガで、9歳のホンジュラス人の少年が一人で国境を越えた話を彼に伝え、彼のような子供たちの滞在が認められることになるのかどうかを聞いた」

セシリア・ベガは2度にわたって質問し、子供たちがアメリカに滞在することを許可されるかどうかについて質問した後、CBPの施設でのひどい状況を話題にしたため、バイデンは怒りをあらわにしました。”それは真面目な質問だよね?それが私に受け入れられるかどうか?私が受け入れられるかどうか?」

Joe Biden's Five Most Awkward Moments During Press Conference: 'Oh God, I Miss' Donald Trump
President Joe Biden suffered at least five awkward moments during his first press conference Thursday. | Politics
参考記事
タイトルとURLをコピーしました