社会の話題と反応を発信していくネットメディア

シドニーパウエル弁護士昨日のフェイクニュースに再度反論、「この記事が真実だ。プロパガンダメディアの誤報を明らかにする」

政治
スポンサーリンク

パウエル弁護士のテレグラム

ドミ○オン訴訟を棄却するシドニーパウエルのこのエポックタイムズの記事は、プロパガンダメディアの誤報を明らかにする。
ちなみに、ドミニオンの弁護士であるトム・クレアもビル・ゲイツを代表している。

スポンサーリンク

シドニー・パウエル弁護士、「ドミ○オンが彼女を提訴した13億ドルの訴訟」の棄却を求める

2021年3月23日

ドナルド・トランプ前大統領の選挙後の法廷闘争を支援するために第三者訴訟を起こした弁護士のシドニー・パウエル氏は、ドミ○オン・ボーティング・システムズ社が彼女に対して起こした13億ドルの訴訟の棄却を求めている

パウエル氏は弁護士を通じて、この訴訟は誤った司法権で提起されたものであり、却下されるべきだと述べ、一方でドミニオン社に関する彼女の主張は憲法修正第1条で保護されていると付け加えました。また、訴訟が却下されない場合は、コロンビア特別区からテキサス州に訴訟を移すことも要求しています。

“彼女の弁護団は、3月22日に提出した申立書の中で、「合理的な人々は、このような発言を事実として受け入れるのではなく、敵対的手続きを通じて裁判所によるテストを待っている主張としか見ないだろう」と述べている。“シドニー・パウエルは、彼女の結論の根拠となった事実を開示した」。

スポンサーリンク

パウエル弁護士、(ドミ○オン批判は)「公共の関心を持つ問題の一環として行われたものだ」

ドミ◯オン社は、彼女の申し立てに対するブルームバーグ・ニュースへの声明で、パウエルの訴訟は彼女の以前の発言と矛盾すると述べた。

“ドミ○オンの弁護士Tom Clareは「パウエルの訴えを却下しようとする試みは、法廷で証拠を提示したいとする彼女の主張と矛盾する」と述べた。”ドミ○オン Voting Systems社は、この訴訟が前進することを切望しており、パウエル氏の責任を追及するつもりである」と述べている。

しかし、パウエル氏の弁護士は22日、「被告に起因するとされる名誉毀損の発言はすべて、重大な意義と計り知れない公共の関心を持つ問題を訴訟する際の通常のプロセスの一部として行われたものである」と主張し、さらに、選挙違反に関する「発言は、彼らが訴訟で主張している法理論と、彼らが主張を裏付けるために裁判所に提出した、あるいは提出しようとしていた証拠にしっかりと焦点を当てていた」と付け加えた。

さらに彼女の弁護士は、2020年11月3日以降のドミニオンと不正選挙に関するパウエル氏の主張は「公示」であり、裁判所に提出された「訴訟の状況」を開示する役割を果たしていたと主張している。

“このような発表は、米国司法省を含む公益訴訟に携わる弁護士が日常的に行っているものである」とパウエル氏の弁護士は述べている。

スポンサーリンク

ドミニオン社はマイク・リンデル氏も提訴している

ドミニオン社は、マイピロー社のCEOであるマイク・リンデル氏と元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏に対しても、それぞれ13億ドルを求める訴訟を起こしている。

ドミニオン社は、1月に提起したパウエル氏に対する訴訟で、パウエル氏が同社に「前例のない損害を与えた」と述べている。

“ドミ○オン社の弁護士は1月、「パウエル氏が、同じような考えを持つ仲間や、誤った先入観を広めようとするメディアと協力して、中傷的なデマを流した結果、ドミ○オン社の創業者、ドミ○オン社の従業員、ジョージア州知事、ジョージア州の国務長官が嫌がらせを受けたり、死の脅しを受けたりして、ドミ○オン社は甚大な損害を被った」と述べた。

ドミ○オン社の弁護士は、パウエル氏に、同社に関する発言をやめるよう正式に警告する手紙を送ったと述べている。そうしないと法的措置を取られることになる。また、この訴訟では、パウエル氏が資金調達のために利用していた「ディフェンディング・ザ・リパブリック社」も被告として挙げられている。(epochtimes)

Sidney Powell Seeks to Dismiss Dominion's .3 Billion Lawsuit
Attorney Sidney Powell, who filed third-party lawsuits to aid former President Donald Trump in his post-election legal fight, ...
スポンサーリンク

昨日、パウエル弁護士は「ドミ○オン訴訟から降りた」とのフェイクニュースに激怒し、「ドミ○オンを叩きのめす」と述べた

・シドニーパウエル氏がドミ○オンへの訴訟を却下するとのニュースが出回る、

・左派から「ついに負けを認めた」、保守派から「パウエル弁護士に裏切られた」の声

・これに対しパウエル弁護士は「フェイクニュースは、ドミ○オン社の訴訟での我々の提訴について、再び嘘をついている。私の立場は変わっていない。ドミ○オン社を徹底的に叩きのめす!

参考記事
タイトルとURLをコピーしました