社会の話題と反応を発信していくネットメディア

カリフォルニア州最高裁、「現金で保釈金を払えない容疑者は釈放しろ」/支払い能力で保釈しないのは違憲だ

スポンサーリンク

カリフォルニア州最高裁判所は、現金保釈金を支払う余裕のない容疑者を解放するよう裁判官に命じました-AP

スポンサーリンク

カリフォルニア州の最高裁判所は、それを買う余裕がない一部の被告の保釈金を終了する

2021年3月25日

カリフォルニア州最高裁判所は、保釈金を支払う余裕がないという理由だけで被告に法廷に留まることを要求することは違憲であると裁定した。

全会一致の判決で、州の最高裁判所は裁判官に、裁判前の釈放を支持し、保釈を設定する前に人の支払い能力を検討するように命じた。

木曜日の判決は、彼らが裁判に行く前に保釈なしで釈放されるより多くの人々につながる可能性があります。裁判官は、「明確で説得力のある」証拠が、公衆を保護し、被告が法廷に出廷することを保証する他の方法がないことを示している場合にのみ、刑事被告を拘束し続けることができる。

スポンサーリンク

保釈金支払い能力で拘束するのは違憲/監視などの保釈条件で大丈夫

「逮捕者が保釈金を支払うことができるかどうかだけに基づいて自由を条件付ける一般的な慣行は違憲です」とマリアーノ・フロレンティーノ・キュラー判事は裁判所に宛てて、州と連邦の両方の保護に違反していると裁定した。

「電子監視、裁判前の事件管理者による定期的なチェックイン、地域の住宅や避難所、薬物やアルコールの治療など、その他の釈放条件は、多くの場合、公衆と被害者の安全を保護し、裁判での逮捕者の出現を保証することができる」

この判決は、刑事司法擁護者にとっては部分的な勝利であり、カリフォルニア州の保釈業界にとっては後退を意味します。保釈機関グループの全国連合は、11月の投票イニシアチブである提案25を後援し、反対した州の保釈禁止法を阻止した。

利益は減るが、「私たちはそれと共に生きることができる」とラミレスは言った。

California’s top court ends cash bail for some defendants who can’t afford it
The Supreme Court ruling is a victory for criminal justice reformers, coming four months after California voters refused to end cash bail at the ballot box.
スポンサーリンク

ネットの声

・じゃあ、もし誰かに危害を加えたり、逃げたりする危険性があるなら、保釈金は一切出すべきではありませんね。金額に関わらず。

・とにかく彼らの裁判日まで彼らを刑務所に座らせなさい。

・Fu*k this state. ここに住むのがとても恥ずかしい

・左派に国が壊されていく

・もうたくさんだ

・保釈は逃亡の恐れがあるからだ。

・意味不明な判事

・それなら逮捕後全員保釈だ

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました