社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンが飼っている犬がまたも人に噛みつき負傷させる/以前も噛みつき事件でWHから追放、戻って1週間でまた/ネット:「認○症か?」

事件
スポンサーリンク

バイデンの犬、またも人に噛み付く

速報—バイデンの犬が別の人(国立公園局の従業員)を噛んだ事件がホワイトハウスサウスローンの散歩中に起こった

プレバイデンの犬の少佐が別の痛烈な事件に巻き込まれた。負傷した従業員は医療処置を受けなければなりませんでした-CNN

スポンサーリンク

バイデン大統領のジャーマンシェパードが再び噛みつき事件を起こす

バイデン大統領が飼っているジャーマンシェパードにメジャー問題が発生しました。

バイデン大統領の3歳の養子ペットであるメジャーが、またもや医師の診察を必要とする噛みつき事件を起こしたとCNNが報じた。

この犬は月曜日の午後、ホワイトハウスの南芝生で国立公園局の職員を噛んだと報告されています。

“ジル・バイデン大統領夫人の報道官であるマイケル・ラロサ氏はCNNの取材に対し、「メジャーは散歩中に誰かを噛んでしまいました」と述べました。

“慎重を期して、その人はドクターに見てもらい、その後仕事に戻りました」と述べています。

スポンサーリンク

以前も噛みつき事件を起こしホワイトハウスを追放されてから戻ってたったの1週間で

今回の噛みつき事件は、ホワイトハウスの警備員に噛みつき軽傷を負わせたメジャーが、デラウェア州での休養を経てホワイトハウスに戻ってきてからちょうど1週間後のことです。

その3月8日の事件の後、初の大統領救助犬であるメジャーと12歳のチャンプは、「訓練」のためにデラウェア州ウィルミントンのバイデン家の家に戻されたと関係者は述べています。

ジェン・サキ報道官はこの件について、「メジャーは見知らぬ人に驚き、その人に軽傷を負わせるような反応をした」と述べている。

この犬は、スタッフや警備員に吠えたり突進したりしていたと言われていますが、大統領は神経質になっていたことが原因だとしています。

Biden’s German shepherd involved in another biting incident
President Biden’s German shepherd has a Major problem. Major, the Biden’s 3-year-old adopted pet, has been in another biting incident requiring medical attentio...続きを読む
スポンサーリンク

バイデンの愛犬は以前も噛みつき事件を起こし、ホワイトハウスから追放されている

バイデンのジャーマンシェパードは、 “噛みつき事件 “の後ホワイトハウスから追放され、デラウェア州の家に送り返された。

米国のバイデン大統領夫妻の愛犬が、ホワイトハウスで問題行動を起こして先週、デラウェア州にあるバイデン一家の自宅に戻された。関係者2人が明らかにした。

関係者によると、バイデン夫妻の愛犬2頭のうち、ジャーマンシェパード犬の「メイジャー」が、ホワイトハウスの警備員を相手に人をかむ騒ぎを起こした。メイジャーはバイデン氏が2018年にデラウェア州の施設から引き取った保護犬だった。

具体的な状況は不明だが、事態は重大事とみなされて、メイジャーはもう1頭のジャーマンシェパード犬「チャンプ」ともに、デラウェア州に戻ることになった。

スポンサーリンク

ネットの声

・誰かに似てボケているんだろう

・認○症だ

・犬は主人に似るというが

・攻撃的なところは民主党に似ている

・いずれにしれも処置が必要だ。

・シェパードって賢い犬のはず。よほどのバカ犬だ

・呆れてものも言えない。主人と同様迷惑をかけることしか知らないのか

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました