社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アメリカン航空、サウスウエスト航空、デル・テクノロジーズ、AT&T、テキサス州での選挙改革に反対する声明を発表/ネット:この4社もボイコット対象に追加された

政治
スポンサーリンク

アメリカン航空、サウスウエスト航空、デル・テクノロジーズ、AT&T、テキサス州での選挙改革活動を対象とした声明を発表

4月2日

大手企業4社が、最近のテキサス州の選挙改革法案に反対する声明を発表した。

テキサス・トリビューン紙によると、法案の1つである上院法案7は、期日前投票時間の延長を制限し、ドライブスルー投票を禁止し、地方の選挙管理者が有権者に郵便投票申請書を自動的に送ることを禁止する。

また、AP通信が報じたところによると、上院法案7は、投票監視員にさらなる権限を与え、テキサス州の障害者が郵便投票を希望する場合には医師の診断書を必要としています。

スポンサーリンク

アメリカン航空は法案を非難

アメリカン航空は木曜日に発表した声明の中で、この法案を批判しました。”今朝方、テキサス州上院は、投票権を制限する条項を含む法案を可決しました。アメリカン航空の姿勢を明確にするために、我々はこの法案および同様の法案に強く反対します」。

“選挙の実施方法を扱ういかなる法案も、投票用紙の完全性と安全性を確保すると同時に、投票を困難にするのではなく容易にする必要があります。アメリカン航空では、社会の多様性、公平性、インクルージョンの障壁を作るのではなく、取り除くべきだと考えています」と述べています。

デル・テクノロジーズも反対

デル・テクノロジーズ社のCEOであるMichael Dell氏は、Twitterへの投稿で、テキサス州の選挙制度改革法案であるHouse Bill 6に反対することを表明しました。

スポンサーリンク

テキサス州ダラスに本拠地を置くAT&Tとサウスウエスト航空も声明を発表しました。

サウスウエスト航空は、CBSダラス・フォートワースに提供した声明の中で、「投票権は民主主義の基盤であり、誰もが望む権利です。私たちは、すべての有権者が自分の声を聞くための公正な機会を持つべきだと考えています。この権利は国家の成功に不可欠なものです」。

AT&TのCEOであるジョン・スタンキー氏は、CBSダラス・フォートワースにも提供された声明を発表し、”私たちは投票権が神聖なものであると信じており、より多くのアメリカ人が自由で公正かつ安全な選挙で投票することを容易にする投票法を支持します。” と述べています。

BREAKING: American Airlines, Southwest Airlines, Dell Technologies, AT&T Release Statements Targeting Election Reform Efforts in Texas - Breaking911
Four major corporations have spoken out against recent Texas election reform bills. One of the pieces of legislation, Senate Bill 7, would limit extended early ...続きを読む
スポンサーリンク

トランプ大統領は2度にわたって、公正な選挙を妨げる企業をボイコットすべしと呼びかけた

トランプはジョージア州の投票法に関する新しい声明で次の企業をボイコットするよう呼びかける

-メジャーリーグベースボール(MLB)
– コカコーラ
-デルタ航空
-JPモルガンチェース
-ViacomCBS
-シティグループ、
-シスコ
– UPS
-メルク

スポンサーリンク

ネットの声

大手はビッグテック同様、皆民主党よりだ。ボイコットすべき

我々はただ公正な選挙を望むだけだ。身元確認が必要なのは当然だ

2020の大統領選の不○を見れば、この法案は必要なのは明らか

DSの正体がよくわかった

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました