社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ハンターと当時の副大統領バイデンがブリスマのパートナーとビジネス取引会議を行い、数日後多額の小切手が振り込まれていた/「未公開の電子メール」で明らかに

スポンサーリンク

トランプジュニアのツイート

ハンター・バイデンが当時の副大統領バイデンと一緒に、ブリスマのパートナーであるデボン・アーチャーと会議をしていたことがEメールで明らかになった

スポンサーリンク

ハンター・バイデンと(当時の)副大統領バイデンがブリスマボードのパートナーとビジネス取引の会議をしていた

ハンター・バイデンが当時の副大統領バイデンと、ブリスマボードのパートナーであるデボン・アーチャーと一緒に会議をしていたことがEメールで明らかになった

2021年4月7日

ハンター・バイデンの「地獄のハードディスク」に保存されていた未公開の電子メールには、ジョー・バイデンが息子のウクライナでの天然ガス複合企業ブリズマ・ホールディングスとの有利なビジネス取引に関与していたという、これまでにない証拠が示されていることが、The National Pulseによって独占的に明らかにされた。

ナショナル・パルスが確認した未発表の電子メールでは、ローズモント・セネカ・パートナーズの社員であるジョーン・K・ピューが、ハンター・バイデン(彼の名前はロバート)に、2014年4月16日にホワイトハウスでの会合が予定されていることを伝えている。

スポンサーリンク

会議のわずか数日後、ジョーバイデンはウクライナを訪問し、プリズマからの多額の小切手を受け取った

今日以前は、デヴォン・アーチャーがウエストウイングでの会議に出席したことが知られており、企業のメディアはこの件を「アートプロジェクト」の議論として言い訳していました。今日、その出来事のバージョンが終わります。

この会議のわずか数日後、ジョー・バイデン副大統領(当時)がウクライナを訪問し、ハンターとアーチャーの2人は、経験のないエネルギー会社ブリズマから多額の小切手を受け取るようになる。

ハンター・バイデンは、これまで否定されていた「地獄のハードディスク」が実際には自分のものである「可能性」を最近認めた。

ライアンズは当時、ジョー・バイデンのチーフスタッフであるスティーブ・リケッティのアシスタントを務めていたことから、副大統領自身が、間もなくブリスマの役員となる2人の訪問に注目していたことがわかる。

スポンサーリンク

ウクライナ支援策を打ち出すわずか5日前に会議が行われた

重要なことは、この4月16日の会合は、ジョー・バイデンが2回目の副大統領選挙でウクライナを訪問し、エネルギー安全保障を含むウクライナへの実質的な支援策を打ち出すわずか5日前に行われたことである。この支援策の一部は、彼の息子の財布を同時に肥やすことになるブリズマ社に直接利益をもたらすものであった。

ハンターはホワイトハウスの向かいにあるピーツコーヒーでデボン・アーチャーに会った。
The National Pulseが確認した2014年4月16日付のオバマ・ホワイトハウス訪問者記録では、ハンター・バイデンのビジネスパートナーであるデボン・アーチャーとその息子ルーク・アーチャーが、副大統領に会うために午前11時30分にウエストウイングに入場したことが確認されている。

副大統領の家族であるハンター・バイデンは、訪問者用のアポイントメントを取らなくてもホワイトハウスに入ることができたはずなので、訪問者の記録に名前が載ることはありませんでした。今日に至るまで、彼が会議に参加していたかどうかは不明である。

スポンサーリンク

メールはハンター・バイデンがビジネス取引に加わったという初めての証拠

今回、新たに公開されたメールは、ハンター・バイデンがビジネスパートナーの父親とのウエストウイングでの会合にも同席していたことを示す初めての証拠であり、ハンターのウクライナでのビジネスについて何も知らなかったというジョー・バイデンの主張を覆す可能性がある。どちらかというと、これは3人の計画会議のように見える。

スポンサーリンク

ハンター・バイデンとデボン・アーチャーはブリスマから400万ドルを受け取った

財務省の記録によると、ハンター・バイデンとデボン・アーチャーの2人は、その数週間後の2014年5月から、ブリズマからの電信送金による支払いを受け始めた。これらは合計で400万ドルを超えた。

トランプ大統領の最初の弾劾は、ジョー・バイデンがブリスマの汚職を調査していたウクライナの検察官の解雇を主導したという信念に基づいており、バイデンはそれを何度か自慢していた。

スポンサーリンク

ジョー・バイデンの不正行為が問われる可能性も

アーチャーは、バイデンと西館で会った同時期にオグララ・スー族に対して行った証券詐欺で有罪判決を受けている。

このメールは、ホワイトハウス内でジョー・バイデンとブリズマ・ボーイズのハンターとデボンが会ったことを初めて記録したものである。もし、バイデン副大統領が本当に自分のオフィスを使って彼らのビジネスチャンスを促進していたのであれば、不正行為が問われることになる。(thenationalpulse)

EXCLUSIVE: Unearthed E-mails Place Hunter Biden at West Wing Meeting With Then VP Biden and Burisma Board Partner Devon Archer.
New unearthed emails reveal Hunter Biden most likely took part in a West Wing meeting in 2014, days before receiving cash from Burisma.

4月2日、ハンターバイデンはラップトップは自分のものだと認めている

2021年4月2日

ハンター・バイデンはインタビューで、選挙前に公開された彼の電子メールとされるラップトップが「あり得る」としながらも、それが盗まれたものか、ロシア情報機関の助けを借りて公開されたものかもしれないと語った。

“私から盗まれたラップトップが出回っているかもしれない。私がハッキングされたのかもしれません。ロシアの諜報機関の仕業かもしれません」と、日曜日に放送されるCBSとのインタビューで述べている。

バイデン氏は当初、このノートパソコンが自分のものかどうかわからないと述べていた。

参考記事
タイトルとURLをコピーしました