社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【国境問題】「トランプ大統領は正しかった!」/バイデン、遂に「国境の壁」の建設中止を取りやめて再開の見込み/「移民よ来るな」のCMに続く措置

政治
スポンサーリンク

バイデン国境批判に耐えきれず国境の壁建設を再開

「バイデンの国土安全保障省(DHS)は、現在の障壁の「ギャップ」を埋めるために、米国とメキシコの国境の壁の建設を再開する可能性があると、DHSのアレハンドロマヨルカス長官は述べた」

「ワシントンタイムズが入手した会議メモによると、マヨルカスは先週のICE会議でコメントした」

*バイデンは国境の壁建設を中止していた

アメリカのジョー・バイデン大統領は2月11日、ドナルド・トランプ前大統領が発令した、メキシコ国境での壁建設をめぐる国家非常事態宣言を撤回していた。

バイデン政権、メキシコ国境の壁建設を中止 トランプ氏の非常事態宣言を撤回 - BBCニュース
アメリカのバイデン大統領は11日、トランプ前大統領が発令した、メキシコ国境での壁建設をめぐる国家非常事態宣言を撤回した。
スポンサーリンク

独占情報:バイデンのDHSは「ギャップ」を埋めるために国境の壁建設を再開する可能性がある。

2021年4月5日
国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカース長官は、現在のバリアーの「ギャップ」と呼ばれる部分を埋めるために、国境の壁の建設を再開する可能性があると省内の職員に語った。

マヨルカス氏は先週、移民税関捜査局の職員との会話の中で、壁に関する計画を聞かれ、バイデン大統領が国境緊急事態を中止し、国防総省の資金が壁に流れるのを止めた一方で、いくつかの “壁の隙間 “を仕上げることについては「決定する余地がある」と述べた。

スポンサーリンク

トランプ大統領は460マイルの国境の壁の建設を完成させた

トランプ氏は、議会が承認した資金と、国家非常事態宣言後に国防総省の口座から吸い上げた資金を合わせて、約460マイルの国境の壁を完成させて大統領を退任した。

・バイデンは1フィートも壁を作らないと宣言していた

昨年、バイデン大統領は「もう1フィートも壁を作らない」と宣言し、大統領就任日には建設を全面的に中止した

スポンサーリンク

トランプ氏は壁はほぼ完成していると述べている

トランプ氏は、自分の看板プロジェクトのチアリーダーとして、建設を終わらせるよう後継者に呼びかけている。トランプ氏は、壁は “ほぼ完成している “とも述べている。

“しかし、トランプ氏は「壁はほぼ完成している」とも言っている。「小さな部分を修正するだけだ」と先月、フォックスニュースに語った。(washingtontimes)

EXCLUSIVE: Biden’s DHS may restart border wall construction to plug ‘gaps’
Homeland Security Secretary Alejandro Mayorkas told department employees he may restart border wall construction to plug what he called “gaps” in the current ba...続きを読む
スポンサーリンク

国境問題の批判に耐えかね、バイデンは「移民よ来るな」のCMまで流し始めた(4/6)

4月6日

ワシントン(CNN) 中南米から米国への移住を目指して米南部の国境にたどり着く人が激増する中で、バイデン米政権が移民を思いとどまらせる目的で2万8000本あまりのラジオCMを展開している。

米政府が展開する同様の広告は、ブラジル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスで1月から放送されている。米国務省報道官によると、スペイン語、ポルトガル語や先住民の6言語で133のラジオ局を通じ、中南米の少なくとも700万人向けに流しているという。

スポンサーリンク

有権者の65%は「バイデン国境対策は国家安全保障上の問題」とみている

2021年3月24日

米国とメキシコの国境で移民が急増し、ジョー・バイデン大統領がメディアや国民の批判に直面している中、これまで以上に多くの米国人が、国境の管理は国家安全保障の問題であると答えている

Rasmussen Reports社の全国電話・オンライン調査によると、米国の有力有権者の65%が、国境警備は最近の米国にとって重要な国家安全保障上の関心事であると考えていることがわかった。思わない」はわずか20%、「わからない」は14%です。

スポンサーリンク

メキシコ大統領、国境危機の原因をバイデン氏に求め、「期待を持たせた」と激怒(3/25)

3月25日

メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領は、火曜日の記者会見で、ジョー・バイデン大統領の南の国境での移民政策を非難した。

“ロペス・オブラドールは、「バイデン大統領の政権下では、移民の扱いが良くなるという期待が生まれた」と述べました。”これにより、中米の移民や我が国の移民が、より簡単に国境を越えることができると考え、国境を越えようとしている」と述べました。

“ロイター通信によると、ロペス・オブラドールは、「人々は楽しみのためにアメリカに行くのではなく、必要に迫られて行くのだ」と述べました。

参考記事
タイトルとURLをコピーしました