社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領、カムバックに向けた準備着々/資金調達マシンを再始動/1月6日以来閉鎖していた「MAGAキャップ」などのオンライン販売も復活

スポンサーリンク

第45代トランプ大統領、資金調達を再始動

スポンサーリンク

トランプ氏、数ヶ月の静寂の後、資金調達マシンを再始動

前大統領は、メールやテキストでの勧誘を再開し、「Don’t Blame Me – I Voted for Trump」のスワッグを含む新しいオンラインストアをオープンしています。

悲鳴のような全角文字のテキストやメールが戻ってきた。赤い「Make America Great Again」の帽子の在庫が復活している。

ドナルド・トランプ前大統領は、ホワイトハウスを離れてから初めて、小額の資金調達活動を再開している。これは、2022年の中間選挙で大きな役割を果たし、2024年のカムバックの可能性に向けて金融ネットワークを拡大するための政治的な準備の一環である。

スポンサーリンク

閉鎖していたオンライン商店も復活

トランプ氏は水曜日に、1月6日の議事堂での暴動の後、サイトをホスティングしていた電子商取引会社Shopifyが閉鎖したために閉鎖されていた自分のオンライン商品店を再開しました。

また、前大統領の政治活動では、支持者にストアへの誘導メールを送信し、「Don’t Blame Me I Voted for Trump」と刺繍されたバンパーステッカー、ドアマット、ヤードサインなどの新商品をアピールしています。

この取り組みは、トランプ氏が少額の資金を活用して巨額の軍資金を築き、志を同じくする候補者を支援し、支持者のデータベースを増やそうとしていることを示しています。

“私は、トランプ元大統領が少額資金調達の分野で勢力を維持すると予想しています。共和党のデジタル戦略家であるティム・キャメロン氏は、「トランプ元大統領は、少額資金調達の分野でも力を発揮するでしょう。

スポンサーリンク

「Make America Great Again」の帽子が顕著

この資金は、トランプ氏の政治活動委員会である「セーブ・アメリカ」の財源となっており、選挙イベントの開催や有力候補者への資金提供など、さまざまな政治活動に利用されています。トランプ氏の顧問によると、セーブ・アメリカPACは現在、約8,500万ドルの資金を持っており、2022年の選挙サイクルのこの時期に、他の保守系委員会の手持ち資金を凌駕するほどの多額の資金を持っているようだ。

トランプ氏は長い間、商品を使って現金を調達してきました。最も顕著なのは、2016年のイベントでどこにでもあった赤い「Make America Great Again」の帽子だ。2020年の選挙期間中、彼のチームはこの取り組みを拡大し、彼の保守的な支持者の不満に訴えかけるアイテムを販売しました。この店では、一部の環境保護団体が提案していた紙製ストローに代わる、トランプのラベルが貼られたプラスチック製ストローや、トランプの敵役である民主党下院議員を揶揄した「Pencil-Neck Adam Schiff」Tシャツなどのアイテムが販売されました。

スポンサーリンク

ミラー氏、上院を奪還する

“トランプ大統領は、わずか数ヶ月前に約7,500万票を獲得し、これまでにない大きな政治運動をリードしています。彼が『セーブ・アメリカ』のために行っている新たな資金調達活動は、このコミュニティを無傷で維持し、2022年に共和党が下院と上院を奪還するために不可欠なものとなるでしょう」と、トランプ氏の顧問であるジェイソン・ミラー氏は述べています。

トランプ氏は、共和党内で最も強力な資金調達者として広く知られていますが、大統領就任後の活動を開始するにあたり、これまでの実績を維持できるかどうか疑問視する声が党内にあります。

“共和党のデジタル戦略家であるエリック・ウィルソン氏は、「彼の支持者リストと、彼が支持する候補者への資金調達を促進する能力は、非常に強力なものになるでしょう」と述べています。(politico)

Trump relaunches his fundraising machine after months of quiet
The former president is restarting his email and text solicitations and opening a new online store that includes "Don't Blame Me — I Voted for Trump" swag.
参考記事
タイトルとURLをコピーしました