社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ハンター・バイデンの「回顧録」に書かれていなかったこと/自分の評判の回復のためにバイデンに大統領選出馬を懇願/売○婦とポルノ映画を作っていた

政治
スポンサーリンク

EXCLUSIVE: ハンター・バイデンの本に書かれていなかったこと。

・シークレットサービスに無断で保護され、自分の評判を落とすためにジョーにホワイトハウスへの出馬を懇願し、売○婦と一緒にポルノ映画を作っていた。

・ノートパソコンが大統領の息子のものであることを鑑識家が証明

・ハンター・バイデンが「ビューティフル・シングス」と題した回顧録を発表するも、衝撃的な内容は伏せられていた。

DailyMail.comは、彼が捨てたノートパソコンの内容(103,000通のテキストメッセージ、154,000通の電子メール、2,000枚以上の写真など)を鑑識の専門家が検証し、その秘密を明らかにした

スポンサーリンク

ハンターがコンピューター修理店に出したパソコンの中の衝撃

ハンター氏は、2019年4月にデラウェア州ウィルミントンのコンピュータ修理店にMacBook Proのラップトップを預け、取りに戻らなかった

・2019年のメールで、ハンターは、ハンター自身の評判を救うために父親に大統領選に出馬するよう懇願した

・ハンターは、麻薬の売人や売○婦と常に取引し、何度も法に触れているにもかかわらず、自分に対する警察の処分を何度もかわしていた

・大統領の息子は、2018年にハリウッドでドラッグと売春を繰り返していたとき、当時は保護を受ける権利がなかったにもかかわらず、シークレットサービスのエージェントに守られていた

・ハンターは、売○婦を使ったポルノ映画を作ることに夢中になっていたようで、彼のラップトップに保存されていた動画や写真が示している

 

 

 

スポンサーリンク

回顧録からそれらの真実を都合よく削除していた

ハンター・バイデンの「告白」自叙伝は、彼のドラッグとの闘い、家族の混乱、そして物議を醸した恋愛について、ありのままに語ることを約束していた。

しかし、大統領の息子が読者と共有しないことにしたのは、父親との壊れやすい関係など、彼の堕落した人生の多くの衝撃的な詳細でした。

今回、DailyMail.comは、ハンター氏が公開しなかった秘密を、彼が放棄したノートパソコンの内容から明らかにし、一流の科学捜査専門家が検証した。

103,000通のテキストメッセージ、154,000通の電子メール、2,000枚以上の写真、そして数十本のビデオからなる爆弾のようなキャッシュには、回顧録から都合よく削除された事実が詰め込まれています。

スポンサーリンク

バイデンはパソコンの中身がハッキングされていないか恐れていた

・ジョー・バイデンは、ハンターとの会話がハッキングされているのではないかと心配していたことが、テキストに記されています。

ジョー・バイデンは、ホワイトハウス招致について話し合っていたときも、ハンターとのテキスト会話がハッキングされているのではないかと恐れていた

ハンターのノートパソコンには、薬物売買や売春など、ハンターとその関係者による明らかな犯罪行為の証拠があふれている(dailymail)

What Hunter Biden left OUT of his tell-all memoir revealed
Hunter Biden released his 'tell-all' memoir Beautiful Things on Tuesday, but left out shocking details. DailyMail.com can reveal those secrets from contents of ...続きを読む

バイデンは自虐暴露本を出した👇

スポンサーリンク

ハンター・バイデンは、薬物乱用の介入の際に父親に車道を追いかけられたと語っている

4月8日

「CBS This Morning」のインタビューの中で、ハンター・バイデン氏は、緊迫した対立の後、家を飛び出して車に乗ろうとしたところ、父親に追いかけられたと語っている。

“私は車に乗ろうとしました。そしたら、娘たちが車のドアを塞いでしまったんだ。”パパ、パパ、お願い。駄目よ。と言っていました」とハンター・バイデンは語る。この出来事は、長男のバイデンが2020年の大統領選挙に向けて、彼の家族がデルのウィルミントンで彼へしようとしていた時に起こった。

“ハンター・バイデンは、「彼(ジョー・バイデン)は私を抱きしめました」と語りました。”そして、彼は私を抱きしめ、ベアハグをして、こう言ったんです。どうしたらいいのかわからない。お願いだ」と言った。

参考記事
タイトルとURLをコピーしました