社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領、最高裁に批判声明発表/「最高裁は、アメリカの大統領が審理を受ける資格がないという理由で拒否したのだ!」「選挙不○に立ち向かわなかった!」

政治
スポンサーリンク

トランプ氏「最高裁」を批判し、2020年の選挙について声明を発表

2021年4月12日

ドナルド・トランプ元大統領は、2020年の選挙についての声明を出し、最高裁に対して激怒しています。

“信じられないかもしれませんが、米国大統領は、事実に基づいてではなく、「資格がない」という理由で審理を受けることができなかった」とトランプ氏は声明の中で述べ「最高裁」を批判しています。

トランプ氏は、ミッチ・マコーネル氏を「間抜けなク○野郎」と呼んだ数日後にも、彼を追いかけ、「ミッチ・マコーネルのようなリーダーと同じで、彼らは戦うのに無力です。彼は大統領職のために戦わなかったし、裁判所のためにも戦わないだろう。もし、このような事態になったとき、判事たちには、アメリカのためにすべきことをする勇気がなかった日のことを思い出してほしい」と述べています。”

Trump Attacks ‘Our Politically Correct Supreme Court’ in Yet Another Statement Raging About 2020 Election
Former President Donald Trump has a statement out yet again complaining about the 2020 election, this time raging against the Supreme Court.
スポンサーリンク

第45代トランプ大統領声明

セーブ・アメリカ(SAVE AMERICA
ドナルド・J・トランプ大統領
– 2021年4月12日
第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明
アメリカ合衆国
アメリカの最高裁判所が、2020年の大規模な大統領選挙の不○について、やるべきことをやる勇気がないことを示した後、選挙の不正事件を審理しないことで彼らが哀れにも擁護したのと同じ人々、(彼らが恐れている!)急進左派の民主党員で埋め尽くされたとしたら、それは皮肉なことではないだろうか。

今、彼らは、報道されているよりもはるかに多くの新しい判事を裁判所に加えて、希釈される(下級裁判所がどのように機能するかを見るために、裁判所システム全体に移動される)可能性が非常に高い。また、彼らが任期満了となる可能性もあります。私たちは、19の州が最高裁に提訴しましたが、衝撃的なことに、審理を受けることができなかった。

スポンサーリンク

アメリカの大統領が審理を受ける資格がないという理由で拒否されたのだ

信じられないかもしれませんが、アメリカの大統領は、事実に基づいてではなく、「資格がない」という理由で審理を受けることができまなかった。裁判所は、州議会ではなく地元の政治家や裁判官が、合衆国憲法に完全に違反している選挙の大幅な変更を行ったという事実を含め、大規模な不○選挙のメリットについては裁定しなかった。

政治的に正しい最高裁は、私たちの国を破壊している急進的な左派の民主党員たちが違憲で選出されたという、当然の報いを受けることになるだろう。ミッチ・マコーネルのようなリーダーと同じで、彼らは戦うのに無力です。彼は大統領の座を争うこともなく、裁判所の座を争うこともないだろう。

もしこのような事態になった場合、判事たちには、アメリカのためにすべきことをする勇気がなかった日のことを思い出してほしい。

スポンサーリンク

声明全文

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました