社会の話題と反応を発信していくネットメディア

元トランプ政権の関係者、「アメリカ・ファースト」の思想を推進する非営利団体を立ち上げる/イバンカ・トランプ氏とクシュナー氏は非公式アドバイザーに就任

政治
多数の元トランプ当局者が1年目に2,000万ドルの資金で非営利団体を立ち上げる
ジャレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプの非公式アドバイザー
-リンダマクマホン取締役会議長
-ラリー・クドロー副議長
-ブルック・ロリンズ会長&CEO
-リック・ペリー、ジョン・ラトクリフ他の関係者
スポンサーリンク

ジェイソン・ミラー氏のツイート

元トランプ大統領の関係者は、アメリカ・ファーストの思想を推進する非営利団体を立ち上げました。

元トランプ当局者のグループは、アメリカファーストポリシーインスティテュートを立ち上げます。これは、初年度予算が2,000万ドルの、40人の非営利グループであり、トランプ前大統領のポピュリスト政策を永続させるという使命です。

スポンサーリンク

スクープ。トランプ氏の卒業生が政権後最大のグループを設立

トランプ政権のスターたちが今日、初年度予算2000万ドル、トランプ前大統領の政策を永続させることを使命とする35人の非営利団体「America First Policy Institute」を立ち上げる。

なぜそれが重要なのか。トランプ氏のOB2人によると、AFPIはトランプ氏自身のフロリダ州に拠点を置く組織以外では、圧倒的に大きなトランプ派の外部グループだという。

今後数ヶ月のうちに、このグループは連邦議会議事堂の近くに大きなオフィススペースを取ることを計画しています。これは、将来の保守主義の中心となる、筋肉質で裕福なセンターとして戦うことを象徴しています。

スポンサーリンク

イバンカ・トランプ氏とクシュナー氏は非公式アドバイザーに

ジャレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプは非公式のアドバイザーだと聞いています。
会長兼CEOは、トランプの国内政策評議会のトップだったテキサス出身のブルック・ロリンズです。

先週、マール・ア・ラーゴでトランプ氏と会い、グループの計画をアップデートしたロリンズ氏は、グループが望んでいるのは “夢追い人と…リスク・テイカー “であると語った。

理事長は、プロレスの起業家として名声を得た後、中小企業庁の長官としてトランプ氏の内閣に入っていたリンダ・マクマホン氏。

副会長には、トランプ大統領の経済顧問であるラリー・クドロー氏が就任しています。長年CNBCのパーソナリティを務め、現在はFox Businessのホストを務めています。
AFPI-現在はバージニア州アーリントンのクリスタルシティ地区に拠点を置いていますが、12月から計画を進めてきました。

スポンサーリンク

拠点はフォートワース、マイアミ、ニューヨークに

このグループは、ロリンズが引き続き拠点としているフォートワース、マイアミ、ニューヨークにもオフィスを構える予定です。ロリンズはこのグループを、より活動に近い場所であるワシントンに移すことを計画しています。
ロリンズは、2022年には予算を倍の4,000万ドルにしたいと語っています。
このグループには20の政策分野があり、その多くがトランプ大統領の卒業生によって運営されています。

リック・ペリー元エネルギー長官は「エネルギー自立センター」を率いています。
国家安全保障では、トランプ氏の最後の国家情報長官であるジョン・ラトクリフ氏と、ペンス副大統領の国家安全保障顧問を務めたキース・ケロッグ退役陸軍中将が共同議長を務めます。

元NFL選手で「Black Voices for Trump」の諮問委員会メンバーであるジャック・ブリュワーは、”十分なサービスを受けていないコミュニティのアジェンダ “に焦点を当てた「Center for Opportunity Now」を率いています。

トランプ氏の精神的アドバイザーであるポーラ・ホワイト・ケイン氏は、信教の自由と憲法修正第2条に焦点を当てた「アメリカン・バリューズ・センター」を率います。

元フロリダ州司法長官のパム・ボンダイは、法律と正義のセンターを率いることになります。
スコット・ターナーは、Center for Education Opportunityの責任者となります。

Ex-Trump officials launch nonprofit promoting America First ideology
The group wants to be "dreamers and ... risk-takers."
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました