社会の話題と反応を発信していくネットメディア

パウエル弁護士テレグラム「アリゾナ州の投票用紙監査で、民主党がパニックに陥っている/AZ州の210万票の再集計は全国のスイングステートの真実を明らかにするだろう

政治
スポンサーリンク

パウエル弁護士のテレグラム

スポンサーリンク

アリゾナ州マリコパ郡の経緯

2021年3月20日
アリゾナ州は、2020年の大統領選挙での210万票の再集計が行われる。

共和党によって管理されているアリゾナ上院は、州で最も人口の多い郡であるマリコパ郡からの投票の別の監査を行う意図を確認する声明を発表した。

👉選挙管理委員会が票の監査に抵抗

👉上院がこれに反発し召喚状を送り票の集計を求める

👉210万票の集計が行われると思われていた

👉しかし、監査委員会は再度これに抵抗し、何かこれに対抗する(集計せずに済む方法はないか)模索する会議を開く

👉民主党がヒラリーの弁護士らを使って監査を阻止しようとしている(今ここ)

スポンサーリンク

ヒラリーの弁護士マーク・エリアスがアリゾナ州マリコパ郡の上院監査で、彼の巨大なネットワークを使って攻撃の幅を広げている – 彼らは何を隠しているのか?

アリゾナ州上院のマリコパ郡で行われる投票用紙の監査について、全国の民主党組織はパニック状態に陥っている。

先週、民主党は全国的な調停者であるマーク・エリアス弁護士の所属するパーキンス・コーエ社を送り込み、監査を中止させるために脅しをかけた。 先週、民主党は全国的なフィクサーであるマーク・エリアス弁護士の事務所(Perkins Coie)を送り込み、脅しをかけて監査をやめさせようとしました。

民主党にとっては、2020年11月3日の選挙で大統領と議会の主導権を握ったことで、天文学的なリスクが発生しています。

スポンサーリンク

アリゾナは全国のスイングステートの真実を明らかにする

2020年のスイングステートは、真実を明らかにし、選挙の不○を証明するための鍵となり、アリゾナはそのうちの一つ。

エリアス氏はさらに、上院が監査費用の援助を募っているのは不公平だと主張するが、腐敗したマリコパ郡監督委員会が、投票用紙が保管されている施設で上院が監査を行うことを許可しないために、監査にはより多くの費用がかかっていることについては言及していない。 エリアス氏は、監督委員会が、監督委員会が望むクリーンな健康診断書を提供する以外には何の価値もない2つのゴミ監査に数万ドルを浪費したことにも言及していない。

最初から、エリアス氏と民主党とその仲間たちが何かを必死に隠そうとしているのは明らかだ。
上院が2020年のマリコパ郡の選挙の監査を行うのは、マリコパ郡の監督委員会が、マリコパ郡の市民のために透明で正直で正確な監査を行うという責任を全く果たさなかったからである。

スポンサーリンク

上院は、サイバーニンジャを中心とした4つのチームを雇い、監査を実施している

“上院は、作業範囲には、すべての投票用紙のスキャン、選挙で投じられた210万枚の投票用紙の完全な手動再集計、登録内容と投票内容の監査、投票数と電子投票システムの監査が含まれていると述べている。”

これらの民主党・進歩派の武器はすべて、アリゾナ州上院と、2020年のマリコパ郡の選挙結果を透明かつ正確に、そして真実に基づいて監査するために雇った4つの会社に直接向けられている。彼らは監査を停止する必要があるようだ。 彼らは何を隠しているのか?(thegatewaypundit)

BREAKING EXCLUSIVE: Hillary's Attorney Marc Elias Inserts Himself Into the Arizona Senate Audit of Maricopa County - Is Using His Massive Network to Broaden His Attack - What Are They Hiding?
The national Democratic machine is in panic mode over the upcoming Arizona Senate’s Maricopa County ballot audit. Last week the Democrats sent in its national f...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました