社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【HUGE】「選挙監査命令」を拒んでいるアリゾナ州マリコパ郡は、選挙前にザッカーバーグが関連する非営利団体から300万ドルを与えられていた!/受取人も使途も不明!

政治

パウエル弁護士のテレグラムより

⚡ 🇺🇸 Sidney Powell 🇺🇸 🗽
スポンサーリンク

アリゾナ州マリコパ郡の経緯

2021年3月20日
アリゾナ州は、2020年の大統領選挙での210万票の再集計が行われる。

共和党によって管理されているアリゾナ上院は、州で最も人口の多い郡であるマリコパ郡からの投票の別の監査を行う意図を確認する命令

👉選挙管理委員会が票の監査に抵抗

👉上院がこれに反発し召喚状を送り票の集計を求める

👉210万票の集計が行われると思われていた

👉しかし、監査委員会は再度これに抵抗し、何かこれに対抗する(集計せずに済む方法はないか)模索する会議を開く

👉民主党がヒラリーの弁護士らを使って監査を阻止しようとす

👉ザッカーバーグ関連の非営利団体からマリコパ郡が300万ドルを与えられていたが、受取人も使途も不明(今ここ)

スポンサーリンク

マリコパ郡は選挙前に300万ドルの「Zuckerbucks」を与えられたが、誰が受け取ったのか、何に使われたのか誰も知らない!

Facebookの創業者のザッカーバーグが関連する「非営利団体」から、アリゾナ州のマリコパ郡に数百万ドルが提供された

数百万円ドルはどこへ行ったのか?全米最大級の郡であるアリゾナ州マリコパ郡は、選挙前に民主党の非営利団体から300万ドルの「Zuckerbucks」を受け取ったた。誰が受け取ったのか、どこに行ったのかは誰にもわからない。

マリコパ郡監督委員会(MCBOS)は、4月22日に実際に開始されるマリコパ州の2020年選挙の正確で透明性のある事実に基づいた法廷監査を実施しようとするアリゾナ州上院の試みを何度も妨害したことに加えて、この委員会が法的に保護する責任を負っている2020年選挙の210万枚の投票用紙の保管の連鎖に何度も違反しました

スポンサーリンク

ゴミ箱、セキュリティーが脆弱、シュレッダー、持ち帰り

彼らの監視下では、シュレッダーにかけられた投票用紙がゴミ箱に入っていたりマリコパ郡集計・選挙センター(MCTEC)のドアが開けっ放しになっていたり、AZ上院の許可を得ずにすべての投票用紙を文字通りMCTECから運び出し、再び自宅に持ち帰ったりした(これらの投票用紙の行方は不明)。

マリコパ郡監督委員会は、アリゾナ上院が2020年の選挙結果を監査することを一貫して阻止し、ポリティカルハラスメントを行い、拒否してきた。 あるグループはうんざりして、これらの監督官を解任してするため請願を始めた。

Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグと妻のプリシラ・チャンの財団をはじめ、その他のビッグテック企業の億万長者や過激な慈善家から投じられた助成金で、シカゴに拠点を置く「技術と市民生活センター(CTCL)」という501(c)(3)の「超党派の慈善団体」を通じて、マリコパ郡の誰かの手に渡ったのだ

スポンサーリンク

アリゾナ最大の郡のマリコパでバイデンが奇跡の得票

マリコパ郡はバイデンに1,040,774票(州全体の62%)を与え、クリントンの2016年の数字を奇跡的に50%増加させ、バイデンは共和党、民主党を問わず、アリゾナ州の歴史上のすべての大統領候補者を上回る結果となった。

アリゾナ州でバイデンが選挙を取ったのは明らかにマリコパ郡であり、ドナルド・トランプ大統領はわずか1万1千票弱の差で同州を失った。

アメリカ人は、このマリコパの奇跡に、約300万ドルのザッカーバックスがどのような役割を果たしたのかを知りたがっている。

HUGE: Maricopa County Was Given Million of 'Zuckerbucks' Before Election But No One Knows Who Received It and What It Was Used For!
Where did the millions go? Maricopa County Arizona, one of the largest counties in the nation, received million in ‘Zuckerbucks’ from a Democrat non-profit b...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました