社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NHK、またも英文で偏向報道/「家族のために一つの姓を選ばなければならないのは不公平」「姓を変えるのは社会的死」/ネット:バレないと思っているのか!

政治

日本の制度

・どちらの姓も名乗るのことができる。男が変えても女が変えても良い

民放第750条夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」

2021年4月17日

日本では、夫婦が同じ姓を名乗るという社会的な規範に疑問の声が上がっています。この制度は120年前に導入されましたが、今では誰もが従うというわけではありません。多くの女性は、アイデンティティの喪失につながる変更を強いられるよりも、自分で選びたいと考えています。

日本の民法第750条では、結婚すると夫と妻は同じ姓にならなければならないとされています。つまり、どちらかの配偶者が姓を変更することが法的に義務付けられており、それはほとんどの場合、女性です。異なる姓が認められるのは、国際結婚の場合のみです。

2016年の厚生労働省の調査によると、60万組以上の婚姻のうち、妻の姓を名乗る男性はわずか4%でした。圧倒的に女性が自分の姓を捨てることが期待されているのです。

スポンサーリンク

“社会的死”とまで書いたNHK

現在の法律は、明治時代に制定された伝統に基づいています。しかし、この法律は時代遅れであり、その後に起こった社会の変化にそぐわないという意見が増えています。

“苗字が変わることで、人生の新たなステージを迎えることができると喜んでいる人もいます。しかし、不平等だと感じる人も少なくありません。社会的な死を意味すると感じています」と語るのは、二重姓を推奨する団体の代表を務める井田奈穂さん。

ナホさんは、2回の結婚のために苗字を変えるという複雑で煩わしい手続きを経て、長年の法律に立ち向かっています。2018年以降、彼女は議員に働きかけています。

スポンサーリンク

女性が姓を維持することはできないかのような記載

“私は姓を変えるために、銀行口座、パスポート、クレジットカードなど、さまざまな機関で100以上の官僚的なプロセスを経ました。私は自分の尊厳やアイデンティティの感覚を失っているように感じました」と説明します。”家族のために一つの姓を選ばなければならないのは不公平だと思います。自分の姓を維持したり変更したりすることは、個人的な権利です」。

ナホさんによると、現在の制度では多くの女性が不利益を被り、不便な思いをしているそうです。また、離婚や再婚などの個人的な出来事を反映して名前が変わることで、プライバシー侵害の原因になることもあると主張しています。

スポンサーリンク

ロビー団体の調査をあたかも国民の声のように報道するNHK

日本では、多くの人が「見直しの時期に来ている」と考えています。ロビー団体「ナホ」と早稲田大学の棚村政行教授が昨年実施したインターネット調査によると、7,000人の回答者のうち70.6%が「夫婦で別の姓を使ってもかまわない」と答えています。現状維持を支持する人はわずか14.4%でした。

この問題は女性の問題と思われがちですが、棚村教授は男性にも影響があると言います。20代の男性回答者の2.4%が、相手と異なる姓を持てないために結婚をあきらめたと答えています。

スポンサーリンク

一方の主張だけ載せるNHK。これで公共放送か?!

20代では8割近く、40代では68%、50代では67%の人が変化を受け入れると回答しています。

過去数十年にわたり、夫婦別姓は日本の国会で議論されてきました。しかし、いずれも法案の初期段階で挫折してしまいました。

保守的な政治家、特に与党である自民党内での抵抗が強かったのです。反対派は、家族の絆が弱まり、離婚しやすくなり、子どもに悪影響を及ぼすと主張している。棚村は、若い人たちに参加を呼びかけています。”声を上げないということは、現状に同意しているのと同じです。有権者が声を上げなければ、政府は動かないのですから。”

Japanese surnames: a call for change | NHK WORLD-JAPAN News
People in Japan are questioning the social norm of married couples adopting the same surname. The mandatory system was introduced 120 years ago, but the willing...続きを読む
スポンサーリンク

NHKは福島海洋放出を「放射性物質を含んだ水」と海外報道し、その後「しれっと」削除(4/12)

4月12日

NHKは酷い。 福島の海洋放出について”radioactive water”(放射能物質を含む水)とツイートし、”treated water”(処理水)だろうと指摘されると、ついさっきシレッと削除した。 世界に日本のネガティブキャンペーンをしておいて、どこが「日本の公共放送なのか!」

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました