社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】池袋暴走「アクセルを踏んでないのに加速した」「パニックになった」東京地裁で初の被告人質問で飯塚被告が述べる

スポンサーリンク

池袋暴走「アクセル踏んでない」 東京地裁で被告人質問

2021.4.27

2人が死亡、9人が負傷した東京・池袋の暴走事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の公判が27日、東京地裁で開かれた。

飯塚被告は初の被告人質問で「アクセルを踏んでいないのに加速した」と述べた。(産経)

「エンジンが異常回転」池袋暴走事故被告人質問、被告は過失なし強調
 東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走し2人が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、…
スポンサーリンク

【速報】飯塚被告「パニック状態になった」 親子死亡・池袋暴走事故

2021年4月27日 火曜 午後2:44
東京・池袋で車が暴走、親子が死亡した事故で、飯塚幸三被告(89)が過失運転致死傷の罪に問われた裁判で27日、飯塚被告に対する被告人質問が初めて行われている。

飯塚被告は、「車が制御できないことを非常におそろしく感じました。パニック状態になったと思います」と述べた。

旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三被告は2019年、池袋で車のブレーキとアクセルを踏み間違えて、横断歩道に突っ込み、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させ、9人にけがをさせた罪に問われ、無罪を主張している。

27日の被告人質問で飯塚被告は、事故当日については、「走る前に車のブレーキのチェックをしましたが、異常はありませんでした」と答えた。

そして、事故当時の状況については、「アクセルを踏んでいないのに、エンジンが高回転になりました」と説明、「車が制御できないことを非常におそろしく感じました。パニック状態になったと思います」と述べた。

法廷では、飯塚被告に対する被告人質問が現在も行われている。(fnn)

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました