社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【NEW】2020年の大統領選の選挙管理に民間企業を関与させたとして、住民がウィスコンシン州を提訴/民間委託の際、事前に委員会の承諾を得ず米国憲法の選挙・被選挙人条項に違反

スポンサーリンク

カンザス州の元司法長官、フィリップクライン氏のツイート

2020年11月、激戦区ウィスコンシン州のラシーン市は、州法および米国憲法の選挙条項・被選挙人条項を遵守しませんでした。私たちは行動を起こしました。

ウィスコンシン州の人々は、公正で透明性のある選挙を受ける資格があります。

住民は、2020年の選挙管理に民間企業が関与したとして、ウィスコンシン州ラシーン市に対して苦情を申し立てました。

スポンサーリンク

住民が2020年の選挙管理に民間企業を関与させたとして、ウィスコンシン州ラシーン市を提訴

26 Apr 2021

ウィスコンシン州ラシーンの住民5人が、2020年11月の総選挙の運営に「民間企業とその従業員を関与させた」として、ラシーン市とウィスコンシン州選挙管理委員会の管理者を相手に、水曜日にウィスコンシン州選挙管理委員会に選挙の訴状を提出した。

訴状の被告は、コーリー・メイソン市長、市書記のタラ・クーリッジ氏、ウィスコンシン選挙委員会の管理者であるミーガン・ウォルフ氏です。

“ウィスコンシン州議会は、ウィスコンシン州選挙委員会に『選挙に関連する法律を管理する責任』を明確に課しました。選挙に関連する法律を管理する責任』を明確に与えています」と訴状は始まっている。

スポンサーリンク

選挙に影響を与える選挙プロセスに関し、民間企業の条件を採用した

2020年11月の総選挙において、ラシーン市は、州および連邦の選挙に影響を与える選挙プロセスに関する民間企業の条件を採用しました。このケースでは、ラシーンは市の州および連邦の選挙管理に民間企業とその従業員を関与させた。

これにより、ラシーン市は、選挙プロセスにおける民間企業の合法性について委員会から事前の決定を得るなど、州法を遵守せず、連邦選挙に関連するウィスコンシン州の法的条件を承認する独占的な役割を州議会に保証している米国憲法の選挙・被選挙人条項を遵守しなかった。

原告団は、非営利公益法律事務所であるトーマス・モア協会のアミスタッド・プロジェクトが代表を務めている。

ウィスコンシン・スポットライト紙が月曜日に報じた。

Election Complaint Filed Against City of Racine, Wisconsin
Residents of Racine, WI, filed a complaint against the city for involving private corporations in the administration of the 2020 election.
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました