社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【ケリー大臣の機密情報漏洩に辞任の声高まる】ポンペオ氏「ケリー氏はトランプ政権時代にも、イランザリフ氏に「バイデンが選挙で勝つからそれまで頑張れ」と言っていた

政治
スポンサーリンク

ダン・スカビノ氏のツイート

マイク・ポンペオが国務長官としてドナルド・トランプに助言をしている間、バイデンの気候問題担当者で元国務長官のジョン・ケリーが同じ役割を果たしていた。

「イランのモハマド・ジャヴァド・ザリフ外相に助言をしていた」ことを除いてはーポンペオは “ハニティーに語った。”

スポンサーリンク

ポンペオ氏、イランのニュースを非難「私がトランプ氏に説明しているとき、ケリー氏はイランのザリフ氏に説明していた

ミット・ロムニー議員やダン・サリバン議員などの議員たちは ミット・ロムニー氏、ダン・サリバン氏もケリー氏を非難

オバマ政権下で国務長官を務めたケリー氏は、イスラエルの秘密工作についてザリフ氏に助言していたと言われている。共和党のミット・ロムニー議員(ユタ州)やダニエル・サリバン議員(アラスカ州)らは、これを厳しく非難した。

“この馬鹿げた(イラン核)取引の立役者は、10年以上もイランをなだめようとしてきたが、その一方で、中東の最大の同盟国であるイスラエルをことごとく中傷してきたことを忘れてはならない」とハニティは述べた。

スポンサーリンク

ポンペオ氏「ケリーはイスラエルの軍事作戦をイランにブリーフィングしていた」

ポンペオ氏はハニティ氏に対し、ケリー氏とザリフ氏の会話に関する報道が事実であれば、バイデン政権の高官はアメリカ国民に向けて公に、そして率直に話さなければならないと語った。

“私がトランプ大統領にブリーフィングしていたとき、ケリーはイスラエルの作戦に関連する情報をザリフにブリーフィングしていたという、我々がすでに信じていたことが、この報道によって確認されたようだ」と述べた。

“私はそれが真実でないことを願っている。ジョン・ケリーは名乗り出てアメリカ国民に話し、なぜザリフと会っていたのかを説明する必要がある」と述べた。

スポンサーリンク

ケリーはトランプ政権時代にもザリフ氏と接触し、「バイデンが勝つからトランプチームと接触するな」と語っていた

ポンペオ氏はさらに、ケリー氏が以前、トランプ政権時代にザリフ氏と接触していたことを認めたことに言及。

“彼は絶対にイラン人に『頑張れ、この圧力キャンペーン、アメリカが君たちに対して行使している力、それは終わるだろう、(バイデンが)この選挙に勝つだろう、4年後には君たちは頑張れる、1分たりともトランプ・チームと交渉するな』と言っていたと我々は信じている。だから、彼はものすごくたくさんの説明をしなければならない。”(fox)

Pompeo slams Iran news: 'When I was briefing Trump, Kerry was briefing Zarif' | Fox News
Biden climate czar and former Sen. John Kerry, D-Mass., was essentially acting in the same role Trump Secretary of State Mike Pompeo was, except in relation to ...続きを読む
スポンサーリンク

昨日、イランのザリフ外相の音声がリークされ、ジョンケリーがオバマ政権の国務長官の時、イスラエルの軍事機密を漏洩した疑いが発覚した

4月28日

ブラックバーン上院議員 ジョン・ケリー氏、イスラエルの情報漏洩が「正確」であれば「辞任を真剣に検討すべき」。
ジョン・ケリー元米国務長官は、イスラエルの作戦についてイランに伝えたとされる内容について、調査を受け、辞任するよう要求されている。

イランのモハンマド・ジャヴァド・ザリフ外相は、流出した録音テープの中で、ケリー氏がオバマ政権時代にアメリカの最高外交官を務めていたとき、イスラエルがシリアでイランの標的に対して行った200以上の作戦について話したと主張しています。同氏は、この暴露に驚愕したという

スポンサーリンク

共和党議員の動きなど

アンディ・ビッグス下院議員

「ジョン・ケリーのイランとのやり取りが調査されるまで、彼のセキュリティクリアランスを停止することを求める手紙をバイデン政権に送ったところだ」

マーシャブラックバーン上院議員

「イスラエルがイランに行った秘密作戦のジョン・ケリーの疑惑の漏洩は、多くの米国軍人の命を危険にさらした。これは絶対に無礼な行為であり、彼は権力の座に立つのにふさわしくない」

スポンサーリンク

ポンペオ氏はバイデン政権の中東政策を批判

私たちは、40年にわたる中東政策の既成概念を根底から覆し、アブラハム合意の締結を成功させました。しかし、バイデン政権はすでに、オバマ政権で作られた政策に逆戻りしています。これは非常に危険な過ちである。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました