社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ氏、ケリー大臣の国家機密漏洩疑惑に「ケリーは国民に説明をすべきだ」/イランのテープ流出でケリーの退陣要求が高まる

政治
スポンサーリンク

ジェイソン・ミラー氏のツイート

マイク・ポンペオ ジョン・ケリーとイラン – アメリカ国民は元国務長官から説明を受けるべきだ

スポンサーリンク

ポンペオ 私がトランプ氏に説明している間、ケリー氏はイランに説明していたのだ

ジョン・ケリーがトランプ政権下でイラン人と秘密裏に対話していたことをめぐる最近の暴露は、事実であれば厄介なことである。

オバマ政権は、ケリーが立案者となった悲惨な共同包括行動計画(JCPOA)に、米国民の意に反して、上院の批准を得ずに参加した。トランプ政権は、この欠陥のある協定から正しく離脱し、地域全体でのイランの殺人と騒乱を直接助長していたイランへの資金送付を中止し、わずか2年間でイランの外貨準備の96%を消滅させる破壊的な制裁を導入した。

私たちの最大限の圧力キャンペーンが功を奏し、イランのプロキシへの資金供給が減り、暴力やテロが減り、戦争をせずにイランの政権が問題を抱えるようになったのだ。

スポンサーリンク

ケリーはトランプ政権時にイランのトップリーダーと会って、次の選挙まで待つように言った

ケリーは、この地域の主要なテロ支援国家の銀行口座が完全に空になり、イスラエルとその近隣諸国との間で歴史的な和平合意が結ばれたことを喜ぶことができた。それどころか、ケリーは私たちの在任中にイランのトップリーダーと会い、2016年に取引したのと同じオバマ政権の高官が政権に復帰すると思われる次の選挙まで「待つ」ように促し、さらに悪いことには、同盟国であるイスラエルに関する貴重な情報をイランに提供していたことがわかった。

私がトランプ大統領にシリアでのイランの活動について説明している間に、ケリーはジャバド・ザリフ外相をはじめとするイランの高官たちに、イスラエルの活動について説明していた可能性は十分にある。

スポンサーリンク

このような失敗した政策を主導した同じ人たちが今、再び責任者となり、過去の失敗を繰り返すことに全力を注いでいる

ジョン・ケリーは、イラン側と何を話し合ったのか、アメリカ国民に説明する義務がある。オバマ政権の中東政策の遺産は失敗である。その失敗した政策を取り仕切っていた人たち(ケリー、ウェンディ・シャーマン、ロバート・マリー、ジェイク・サリバン)が今、再び政権を取り、過去の失敗を繰り返すことに全力を注いでいるようだ。

彼らの目的は、米国民の安全を確保することではなく、イランへの宥和の道を歩み続けることです。それは、単にトランプ大統領の外交政策のあらゆる方針を覆したいからか、JCPOAが致命的な欠陥のある協定であることを認められないからかのどちらかだ。

Mike Pompeo: John Kerry and Iran – American people deserve an explanation from former secretary of state
It is quite possible that while I was briefing President Trump about Iranian operations in Syria, Kerry was briefing Foreign Minister Javad Zarif and other top ...続きを読む
スポンサーリンク

ジョンケリーがオバマ政権の国務長官の時、イスラエルの軍事機密を漏洩した疑い

4月28日

ブラックバーン上院議員 ジョン・ケリー氏、イスラエルの情報漏洩が「正確」であれば「辞任を真剣に検討すべき」。

ジョン・ケリー元米国務長官は、イスラエルの作戦についてイランに伝えたとされる内容について、調査を受け、辞任するよう要求されている。

イランのモハンマド・ジャヴァド・ザリフ外相は、流出した録音テープの中で、ケリー氏がオバマ政権時代にアメリカの最高外交官を務めていたとき、イスラエルがシリアでイランの標的に対して行った200以上の作戦について話したと主張しています。同氏は、この暴露に驚愕したという。

ケリー氏は現在、米国の気候に関する大統領特使を務めている。バイデン政権では閣僚級のポストであるが、上院の承認を得ていなかった。イランに関する新たな事実が明らかになったことで、上院では懸念の声が上がっている。(foxnewsより引用)

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました