社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンのワクチン特許権放棄支持に「間違った策」と国際製薬団体が反発/特許除外支持の米国に失望

コロナ
スポンサーリンク

「間違った策」と製薬団体 特許除外支持の米国に失望

2021.5.6

 製薬会社や団体で構成する国際製薬団体連合会(IFPMA、本部・スイス西部ジュネーブ)は5日、新型コロナウイルスワクチンの特許権の適用除外を米国が支持すると表明したことを「複雑な問題に対し、単純で間違った解決策だ」と批判し「失望させられた」との声明を発表した。

IFPMAは、特許権適用除外はワクチン製造量の増加にはつながらず「逆に混乱を招く」として、世界中にワクチンを行き渡らせるためには、貿易障壁の解消や原材料不足などが取り組むべき課題だと指摘。また特許権が保護されているからこそ、発展途上国のワクチン製造業者に技術移転を行うことが可能になっていると強調した。(共同)

スポンサーリンク

バイデンはワクチンの特許放棄を支持

スポンサーリンク

バイデン政権「ワクチン特許権放棄を支持」

2021年5月6日

アメリカのバイデン政権は5日、国内で接種が進む新型コロナウイルスのワクチンに関して、「特許権の放棄を支持する」との声明を出しました。「独り占め」しているとの批判を受けての判断とみられます。

新型ウイルスのワクチンの特許権をめぐっては、特許に関する協定を定めるWTO(=世界貿易機関)に対し、途上国などから自国でワクチン生産が進められるよう、協定の緩和を求める声があがり、WHO(=世界保健機関)のテドロス事務局長もワクチンの生産を進める国や特許権を持つ企業に対し、一時的な放棄を求めていました。

スポンサーリンク

独り占め批判への対応

アメリカ政府は、通商代表部による声明で、「パンデミックを終わらせるため、ワクチンの知的財産権の保護の放棄を支持する」「放棄実現のため、WTOとの交渉に積極的に参加する」としています。ファイザーやモデルナなど大手ワクチンメーカーを抱えるアメリカとしても、「独り占め」しているとの批判を受けての判断とみられます。

これを受け、WHOのテドロス事務局長はツイッターに、「新型ウイルスとの闘いにおける記念すべき瞬間。アメリカのリーダーシップの力強い一例だ」などと投稿し、歓迎しました。
https://news.line.me/articles/oa-ntvnews24/f8f333a902ee?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none

スポンサーリンク

ネットの声

特許権に例外を認めれば政府が恣意的に介入できるようになり、ワクチンへの過少投資が起こる

ワクチン開発に壁が出来てしまう

これは製薬会社のやる気を確実に削ぐよ。 一時的にといっても、その一時的に莫大な利益を得る機会を失う

資本主義的でないことは確か

特許料上限ならまだしも、一時放棄は外圧でやるの乱暴

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました