社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ビルゲイツの元妻は、ビルゲイツがジェフリーエプスタインと会っていた時から、離婚弁護士に相談してた/結婚が「取り返しのつかないほど壊れている」

政治
スポンサーリンク

メリンダゲイツは、ビルのジェフリーエプスタインとの会議が明らかにされた2019年10月以来、離婚弁護士に相談しています

スポンサーリンク

結婚が「取り返しのつかないほど壊れている」

暴露された。メリンダ・ゲイツは、ビルとジェフリー・エプスタインとの会合が明らかになった2019年10月から離婚弁護士に相談しており、結婚が「取り返しのつかないほど壊れている」と判断した。

離婚を申請するにあたり、メリンダは分離契約があることを明らかにしました
彼女は離婚において、ビルに配偶者支援や養育費を求めていません
日曜日には、彼女が2019年10月から離婚弁護士と話していることが明らかになりました。

同月、ニューヨーク・タイムズ紙は、ビル・ゲイツがエプスタインと何度も会っており、ニューヨークの彼のタウンハウスに遅くまで滞在したこともあると報じた

ビルとメリンダ・ゲイツは、2013年にエプスタインと出会っており、メリンダはビルに対して、彼を気味が悪いと思い、自分たちが彼と関わるべきではないと考えていると伝えていました。

エプスタインは、その時点ですでにフロリダ州の刑務所に服役しており、2008年の司法取引で性犯罪容疑で18ヶ月の刑を受けていました。

スポンサーリンク

エプスタインの専用機「ロリータ・エクスプレス」で何度も旅行

飛行記録によると、マイクロソフト社の創業者も2013年に、「ロリータ・エクスプレス」と呼ばれるエプスタインのプライベートジェットで、ニュージャージー州からフロリダ州パームビーチまで飛んだという。

メリンダの懸念にもかかわらず、ゲイツと彼らのビル&メリンダ・ゲイツ財団の一部のスタッフは、エプスタインとの関係を維持していました。エプスタインは、2019年8月にマンハッタンの刑務所で自殺し、さらなる重大な性犯罪の容疑をかけられていました。

最初に会っていたことが暴露された後、2019年9月にゲイツは『ウォール・ストリート・ジャーナル』にこう語った。「私は彼に会った。彼とは仕事上の関係も友情もなかった』と語っています。

スポンサーリンク

メリンダ・ゲイツは「2013年にマンハッタンの豪邸で小○性愛者と会った後、ジェフリー・エプスタインについてビルに注意した」

ゲイツ氏とエプスタイン氏は、2011年にエプスタイン氏がゲイツ財団とJPモルガンにファンドを提案したことがきっかけで知り合いになった。

当時、エプスタインは児童買○の勧誘で有罪判決を受けていた。

ゲイツ氏は初対面の後、同僚にメールを送り、「彼のライフスタイルは非常に変わっていて、興味をそそられる」と述べている。

2013年には、メリンダをエプスタインの悪名高いアッパーイーストサイドのタウンハウスに連れて行った。
どのような状況で会ったのか、他の人がいたのかは不明。
メリンダは非常に不快な思いをし、ビルに今後の接触を控えるよう警告した。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました