社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン、第45代トランプ大統領に屈服/南部国境の壁の建設再開を決定/移民課題が制御不能に/米国民:だから言っただろ!

政治
スポンサーリンク

ダンスカビノ氏のツイート

「米陸軍工兵隊がリオグランデバレーの国境壁建設を再開」

「13.4マイルの範囲には、コンクリートの堤防壁と「安全バリア」が含まれる」

「CBPの国境インフラプログラムを支援するために、USACEはリオグランデバレーにある約13.4マイルの堤防について、DHSが資金提供した設計・建設支援を再開した。”壁の工事が中断されていた時には、部分的に掘削されていたり、様々なレベルの建設が行われていた。」

スポンサーリンク

バイデン政権、危機の深刻化に伴い国境の壁の堤防工事を再開

リオ・グランデ・バレーでの優先的な修理は6週間後に開始される。

バイデン政権は南部国境の壁の堤防建設を再開すると、フォックスニュースが確認しました。移民問題が制御不能になりつつある中でのこと。

米国陸軍工兵隊(USACE)は、リオ・グランデ・バレーの13.4マイルに及ぶ堤防の建設を再開します。この決定は、地元住民や政治家からの絶え間ない渡河の急増を修復するための圧力を受けたものだと伝えられている。

スポンサーリンク



洪水を防ぐための優先的な修理は6週間後に開始され、その後6〜9ヶ月で安全バリアーを備えたコンクリート製の堤防壁が設置される予定です。USACEは、この壁が拡大されることはなく、当面はリオグランデ川の洪水堤防を修復するだけであることを明らかにした。

“壁の建設は、法律で認められている範囲で一時停止したままです。国土安全保障省(DHS)によると、国境の壁の建設のために掘削されたリオグランデ渓谷の洪水堤防を修復する重要な作業を開始した。

スポンサーリンク

国土安全保障省「物理的な危険から国境のコミュニティを守る」

国土安全保障省(DHS)は声明の中で、修復は工事の後に残された「物理的な危険から国境のコミュニティを守る」ものだと説明しています。声明では、壁を建設するために、リオグランデバレーの洪水防止システムに「大きな穴」が開けられ、その結果、「壊滅的な洪水」を防ぐために修理が必要になったとしている。

バイデン大統領が就任後に出した最初の大統領令の一つは、すべての国境の壁の建設を直ちに中止するというものでした。1月20日の就任以来、移民の急増は悪化しており、違法な渡河の数は急増し続け、収容施設はパンデミックの中で公衆衛生を脅かしている。

税関・国境警備局(CBP)によると、2021年4月の移民の遭遇件数は合計17万8622件で、過去20年間で最高の月間件数を記録した。

スポンサーリンク

リオ市長は危機管理ができないバイデン政権に懸念を表明していた

メキシコ軍のメンバーが水曜日に初めてテキサス州デル・リオで目撃され、対岸をパトロールし、リオ・グランデ川を渡る予定の移民たちを拘束した。

テキサス州デル・リオ市のブルーノ・ロザノ市長(民主党)は、水曜日に放送された「Fox & Friends」で、悪化する危機とそれをコントロールできない政権への懸念を表明した。

“彼らは国境は管理されていると言い続けていますが、今年度だけで392%も増加していることを考えると、私には理解できない」と述べた。

“昨年、この時点での入国者数は19,724人でした。去年の時点での捕獲数は19,724件でしたが、現在は97,398件となっています。これでどうやってコントロールするのか、私には理解できない」。

Biden administration to resume border wall levee construction as crisis worsens
The Biden administration will resume construction of southern border wall levee, Fox News confirms, as the immigration crisis continues to spiral out of control...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました