社会の話題と反応を発信していくネットメディア

コロナ管理の成功について台湾の衛生当局者「台湾は中国が、常に嘘をつくことを知っている。だから中国や、その意向に沿ったWHOの発表など何も信じなかった」/ネット:日本政府に聞かせてやりたい

スポンサーリンク

COVID-19管理の成功について台湾の衛生当局者:「台湾は共産主義中国が常に嘘をつくことを知っている」

2021年5月16日

権威主義的な中国のプロパガンダを信用せず、中国共産党ウイルスのパンデミックの初期に中国への渡航を制限したことが、台湾がパンデミックの管理を成功させた重要な要因であると、台湾の公衆衛生当局のトップの一人が先週、Epoch Timesに語った。

台北のグランドホテルで行われた独占インタビューで、台湾バイオテクノロジー開発センター会長、元台湾厚生省大臣、元台湾疾病管理予防センター所長であるトゥウ博士は、台湾がパンデミックの初期からCOVID-19による死亡者数を合計15人以下に抑えることができた理由について見解を述べました。

スポンサーリンク

中国を疑ってかかったことがCCPウイルスから台湾を守った

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で公衆衛生学の博士号を取得し、国立台湾大学で医学と公衆衛生学の学位を取得したTwu氏は、権威主義的な中国とそのプロパガンダに対する客観的な懐疑心が、COVID-19の原因であるCCP(中国共産党)ウイルスから民主的な台湾を守るのに役立っていると述べています。

「台湾は、共産主義の中国が常に嘘をついていることを知っている」トゥウ氏は言う。“世界保健機関(WHO)が何かを発表しても、それが中国本土、つまり共産党の意向に沿ったものであっても、私たちはそれを信じません。

私たちは真実を見るだけです。これが本当か嘘か、私たちはどうすればいいのか。私たちは科学的にそれを行うだけで、彼らの言うことを信じることはありません」。

スポンサーリンク

台湾がSARSの流行も効果的に管理するのに要した時間は「世界で最も短い」

中国・広東省で発生したSARSが流行した2002年と2003年に台湾の衛生大臣を務めたトゥウ氏は、台湾がSARSの流行を効果的に管理するのに要した時間は「世界で最も短い」と述べ、台湾のSARS管理の経験が「現在のCOVID-19に対する成功の基礎となった」と語った。

彼は、台湾のCOVID-19対策の基礎となったものとして、SARSパンデミックの際に彼が作った2つのスローガンを北京語で引用しました。

“まず、『迅速かつ専門的な疫病予防』。政府は非常に迅速で、尊敬できる専門家を揃えています。そして、『すべての市民が公衆衛生を守るために動く』ということです」とトゥウ氏

台湾の蔡英文総統の当選に伴う中台間の政治的緊張の高まりにより、権威主義の中国から民主主義の台湾への移動が減少したことも、COVID-19が中国の武漢で最初に出現した後、台湾がCOVID-19に対する防御に成功したことに思いがけず貢献したとトゥウ氏は述べています。

スポンサーリンク

中国は台湾が嫌いだが、こちらもすぐに渡航禁止にした

“中国は台湾が嫌いなので、中国人が台湾に観光に行くことを禁止しているそうです。蔡英文が総統になったことで、彼らは喜んでいません。蔡英文が総統になったので、彼らは喜んでいません。私たちは、「ああ、ありがとう、それは幸い、あなたはここには来ないでください」と言いました。そして、COVID-19の症例が出てきてからは、すぐに中国に行くのを止めました」とトゥウさんは言います。

“このおかげで、通信が非常に迅速に停止したので、私たちの流行はそれほど深刻ではありません」。

Taiwan Health Official on Successful COVID-19 Management: 'Taiwan Knows That Communist China Always Tells Lies'
Not trusting the propaganda of authoritarian China and restricting travel to and from China early in the CCP ...
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました