社会の話題と反応を発信していくネットメディア

朝日新聞、究極のダブスタ/「東京五輪のオフィシャルパートナーを続ける」と宣言した日に「社説で東京五輪中止を求める」/ネット:どっちかやめるだろ?矛盾してることすら気づかないの?これが大赤字の理由w/で、夏の甲子園は止めないの?

政治
スポンサーリンク

朝日新聞発表/朝日新聞者は東京五輪のオフィシャル・パートナーを今後も続ける

2021-05-26
東京2020オフィシャルパートナーとして

朝日新聞社は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020)のオフィシャルパートナーです。オフィシャルパートナーとなったのは、オリンピック憲章にうたわれている「スポーツを通じ、若者を教育することにより、平和でより良い世界の構築に貢献する」との理念に共感したからです。

東京2020の大会ビジョンは「多様性と調和」を掲げています。朝日新聞社はこのビジョンに賛同し、オフィシャルパートナーとして活動してきました。人種や性別、障害の有無などの違いを肯定して互いに認め合うことで、障がい者と健常者が分け隔てなく暮らす社会の実現や女性の活躍など、ダイバーシティ&インクルージョンにつながる取り組みを中心としてきました。

新型コロナウイルス感染の拡大により、大会の開催を懸念する声が広がるなど、さまざまな議論がなされる状況となっています。感染状況などを注視し、オフィシャルパートナーとしての活動を続けてまいります。

スポンサーリンク

一方、言論機関としての報道は一線を画す

一方、2016年1月に大会組織委員会とオフィシャルパートナー契約を結んだことをお伝えした際、「オフィシャルパートナーとしての活動と言論機関としての報道は一線を画します」とお約束しました。

朝日新聞が五輪に関わる事象を時々刻々、公正な視点で報じていくことに変わりありません。社説などの言論は常に是々非々の立場を貫いています。今後も引き続き紙面や朝日新聞デジタルで、多角的な視点からの議論や提言に努めます。(朝日新聞)

お知らせ | 朝日新聞社インフォメーション
スポンサーリンク

(社説)夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める

2021-05-26

新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の再延長は避けられない情勢だ。

この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する不信と反発は広がるばかりだ。

冷静に、客観的に周囲の状況を見極め、今夏の開催の中止を決断するよう菅首相に求める。(朝日新聞より引用)

(社説)夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める:朝日新聞デジタル
 新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の再延長は避けられない情勢だ。 この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。人々の当然…

社説はまだ続きますが、駄文ですので割愛します。

スポンサーリンク

朝日が日本を貶めた報道

朝日というメディアが日本国民を貶めたことを挙げれば、枚挙にいとまがないが、大きなものをあげてもこれだけある。

・日本の勇士たちを故意に貶めた「3.11吉田調書捏造事件」
2014年9月11日、朝日新聞社社長・木村伊量や取締役編集担当(いずれも当時)らが過去の記事の訂正に関して謝罪会見を行った。同年5月20日記事の吉田調書に関して作業員が命令に違反して撤退と報じた事は誤報であったと訂正し会見で謝罪した。また同年8月5日慰安婦に関する吉田証言を虚偽と訂正を報じた後、謝罪会見がないと指摘があったが、この会見で付随して謝罪した

・なんと事件発生から捏造と謝罪まで30年以上「慰安婦捏造事件」
朝日新聞は吉田の証言を虚偽と認定し記事を撤回した。このほか、2012年11月自民党安倍晋三総裁の日本記者クラブ主催の党首討論会での朝日新聞の誤報による詐欺師のような吉田の本がまるで事実のように伝わり問題が大きくなったとの安倍の指摘までなどを順次経過を追って記述し、「2014年4月から5月にかけて済州島内で70代後半から90代の計約40人から話を聞いたが強制連行したという吉田の記述を裏付ける証言は得られなかったとして『「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断』とした」。また「読者のみなさまへ」として「当時、虚偽の証言は見抜けませんでした。」としている

・何でもいいから自民党を貶めろ「椿事件」
1993年に発生した全国朝日放送(現社名:テレビ朝日)による放送法違反(政治的な偏向報道)が疑われた事件である。当時、テレビ朝日の取締役報道局長であった椿貞良の日本民間放送連盟(民放連)会合での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」

・自作自演の恥知らずな「朝日新聞珊瑚記事捏造事件」(KY事件)
1989年(平成元年)に沖縄県西表島において、朝日新聞社のカメラマン・本田嘉郎が自作自演で珊瑚に落書きによる傷をつけ、その写真をもとに新聞記事を捏造した虚報事件である。落書きの文言「K・Y」を取って、KY事件とも呼ばれる。

スポンサーリンク

朝日新聞、創業以来最大の赤字441億円(5/26)

 2021/05/26

朝日新聞社が26日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が441億円の赤字だった。

赤字額は1879年の創業以来で最大となった。

スポンサーリンク

ネットの声

大赤字の理由がわかる

普通、どっちかやめるだろ。

パートナーやめろや。誰も強制してないだろ。

頭大丈夫かこの会社?

常識というものがない新聞

スポンサーリンク

参考記事

JUST IN:朝日新聞創業以来の大赤字441億円/ネット:「当然の帰結ww」「お盆と正月が一緒に来た!ww」「万歳www」/加筆:朝日が日本を貶めた一覧
朝日新聞、創業以来最大の赤字441億円  2021/05/26  朝日新聞社が26日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が441億円の赤字だった。 赤字額は1879年の創業以来で最大となった。(共同) 毎日はす...続きを読む
【朝日、毎日問題】/安倍前総理「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯。 防衛省の抗議に両社がどう答えるか注目」/ネット:「家に鍵がかかってない」と指摘するのは善意だが、家に侵入するのは犯罪だ!
安倍前首相「朝日・毎日は悪質な妨害愉快犯」 安倍前首相「朝日・毎日は悪質な妨害愉快犯」 大規模接種の架空予約 2021.5.18 安倍晋三前首相は18日、架空の接種券番号で新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約が...続きを読む

タイトルとURLをコピーしました