社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NEW!リンデル氏がドミニオン社を20億ドルで提訴/重要な激戦の6つの州で53万票を翻した/中国からの19のサイバー攻撃の証拠を詳述

政治
スポンサーリンク

リンデル社がドミニオン社を20億ドルで提訴、重要な戦いの場である6つの州で53万票を翻した中国からの19のサイバー攻撃の証拠を詳述

リンデルがドミニオンを20億ドルで提訴、5つの主要激戦州で530k票を反転させた中国からの19のサイバー攻撃の証拠を詳述

起業家のマイク・リンデル氏は、ミネソタ州の連邦裁判所でドミニオン社を20億ドル以上で訴えた。訴訟の内容は、2020年11月3日の夜に成功した19件のサイバー攻撃で、6つの激戦州で55万5,864票がひっくり返り、不正なジョー・バイデンに大統領の座を与え、米国を破壊的な奈落の底に突き落としたというもの。

彼らはPcap(パケットキャプチャー)を回収しており、サイバーの観点から見れば、その一部始終を撮影したビデオテープを持っているようなものだ。

スポンサーリンク

リンデルは、攻撃を成功させた「サイバーパケットの指紋」を持っていると宣言している。

この事件は、午後3時に提訴されたばかりだ。

リンデル氏と彼の会社「My Pillow」に対するドミニオン社の公的な脅迫と、ドミニオン社による不正行為の主張を封じ込めようとしたことから、リンデル氏の弁護士は、ドミニオン社に対して不法行為法による追加責任があると考え、この訴訟を最大限に利用しようとしている。

要するに、裁判で勝てば、やっていないとは言えないということだ。

スポンサーリンク

提訴内容の抜粋は以下の通りです

ドミニオン社は、数十人の市民ボランティアの投票監視員を含む150以上の民間の個人や団体を、根拠のない名誉毀損訴訟やClare Locke社のドミニオン社の弁護士からの「中止命令」の手紙で訴えたり、訴えると脅したりして、法的手続きを武器にし、不正選挙の目撃者を脅している。

さらにドミニオン社は、これらの市民が2020年11月の総選挙中に個人的に観察した不正・違法行為に関する宣誓書に署名しただけで、そうしたことを公に誇っている。

結論 ドミニオンやSmartmatic社などは、電子投票システムの重大なセキュリティ上の欠陥や、2020年11月の選挙におけるサイバー攻撃やハッキングを示す情報を隠蔽しようと必死になっており、共通の目的のために結束して訴訟手続きを利用し、これらの真実の暴露や公開討論を抑えようとしている。

スポンサーリンク


また、図表12には、ミシガン州、ペンシルバニア州、ジョージア州、ウィスコンシン州、アリゾナ州で選挙管理システムのハッキングが成功し、2020年の総選挙でトランプ大統領からバイデン副大統領候補に計555,864票が入れ替わったことが記録されている20のサブセットが示されています。

これらのハッキングは主に中国国内から行われたもので、ハッキングが行われた日付、場所、ハッキングの対象となったネットワークによって特定されています。(creativedestructionmedia)

BREAKING: Lindell Sues Dominion For B, Details Evidence Of 19 Cyber Attacks From China That Flipped 530k Votes In 5 Key Battleground States - CD Media
Lindell Sues Dominion, Details Evidence Of 19 Cyber Attacks From China That Flipped 530k Votes In 5 Key Battleground States.
スポンサーリンク

参考記事

【絶賛の嵐】トランプ支持者リンデル氏が立ち上げた「Frank」、なんと2日間で2億回以上のストリーミングを記録!/ネット:愛言論の自由を守ってくれてありがとう!
2日間で2億回のストリーミング フランクの一員でいてくれてありがとうございます わずか2日間で2億回以上のストリーミングを記録したFrankSpeechは、これまでのところ大成功を収めています。 今、私たちは新しい機能を開発...続きを読む
トランプ支持者のマイク・リンデル氏が立ち上げたソーシャルメディア「Frank」が木曜からアクセス開始!/10億人利用可能
マイクリンデル氏、SNSメディア「Frank」を立ち上げ MyPillowのCEOであるマイク・リンデルが、「言論の自由」ソーシャルメディアウェブサイトFrankを立ち上げました。サインアップするためのVIPアクセスが開始された。 ...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました