社会の話題と反応を発信していくネットメディア

シドニーパウエル弁護士/今週のグッドニュース「アリゾナ監査は終了しつつあり、大きな乖離がわかってきた」「トランプが正しいことをメディアも認めざるを得なくなっている」

政治
スポンサーリンク

“今週のグッドニュース “をお届けします。 私たちは多くの面で勝利しています。 これからもたくさんの勝利が待っていますので、勇気を持ってください。

2021年6月13日、今週のグッドニュースです。

1. 現在、13州の代議員がアリゾナ州マリコパ郡の監査施設を見学しており、今後もさらに増える予定です。 トランプ大統領は、各州に対し、脅しや抑圧を受けず、炎の中で勇気を示すようにと呼びかけています。

2. マリコパでは、手による再集計が終了しつつあります。 多くの投票用紙が行方不明になっています。 認証された投票用紙の数と集計可能な数には大きな差があると予想される。

3. メリック・ガーランド司法長官は、アリゾナ州の監査に関与すると脅したが、アリゾナ州の議員たちは脅されなかった。 それどころか、アリゾナ州上院議員のウェンディ・ロジャースは、”アリゾナの刑務所で過ごしたくなければ、アリゾナの投票用紙や機械には触れないでくれ “と司法長官に警告した。

4. 2021年5月14日の時点で、議員たちは48州で389件の選挙公正化法案を提出した。 22個の法案がすでに制定され、61個の法案が議会を通過し、32個の法案が少なくとも1つの議会を通過した。 今後も増えていくだろう。

スポンサーリンク

フェイクニュースメディアは、トランプ大統領が正しかったことを何度も認めている

5. フェイクニュースメディアは最近、トランプ大統領が正しかったことを何度か認めざるを得なくなっている。 トランプ大統領は、メディアの嘘のトップ10を挙げた激しい声明を発表し、昨日ウィスコンシン州で行われたマイク・リンデルの「MAGAフランク・ラリー」に衛星出演して、その声明を拡大しました。 トランプ大統領のスピーチはRSBNetwork.comで見ることができます。

6. もう一つのMSMの偽りの物語が論破された。 MSMは、トランプ大統領がセント・ジョンズ教会の前で写真を撮るために、抗議者に催涙ガスを浴びせるように命じてラファイエット広場をクリアしたと、繰り返し嘘をついていました。 司法省の監察官は、トランプ大統領がそれとは何の関係もないことを示す報告書を発表したばかりだ。 すべて嘘だったのだ。

7. 米国連邦議会議事堂警察(USCP)が1月6日に人々を建物内に入れている映像がさらに浮上しました。 ロン・ジョンソン上院議員(ウィスコンシン州選出)は、あらゆる正しい質問をし、USCPの長官代理であるヨーガナンダ・ピットマンに答えとセキュリティ映像を要求している、

スポンサーリンク

ハリスの酷さはCNNのお墨付き/ファウチのうそはもうバレている

8. カマラ・ハリスのグアテマラとメキシコへの旅行は、MSMでさえも災害を報道せざるを得ないほどひどいものでした。 CNNも彼女のパフォーマンスの悪さに “一部の政権関係者は静かに当惑している… “と報じている。

9. アメリカの有権者の40%だけが、ファウチ博士がアメリカ政府の機能獲得型ウイルス研究への資金提供について真実を語ったと信じている。

10. フロリダ州教育委員会は、クリティカル・レース・セオリーと “1619プロジェクト “を公立学校で教えることを禁止した。

11. 2017年から2020年にかけて、トランプ大統領の司法省は、下院情報委員会の関係者を少なくとも12人、秘密裏に監視していた。 これは、トランプ/ロシアのデマを推進するために、誰が議会からフェイクニュースメディアに機密情報を漏らしていたのかを調べる調査の一環だった。 アダム・シフとエリック・スウォルウェルも監視対象に含まれていた。

12. テキサス州のグレッグ・アボット知事は、移民が簡単に不法入国しているリオ・グランデ川の延長線上に、テキサス州が直ちに国境障壁の建設を開始すると発表した。 アリゾナ州のウェンディ・ロジャース上院議員は、アリゾナ州でもこれを実現しようとしている。

スポンサーリンク

参考記事

【超疑惑!】ヒラリーメール事件の最中に「FBIの捜査を指揮する立場」のリンチ司法長官と、ビル・クリントンが面会していたことをスクープしたジャーナリストが遺体で発見!/警察は『自殺』として捜査
ビル・クリントンと当時のロレッタ・リンチ司法長官の密会をスクープした記者が自殺 ビル・クリントンと当時のロレッタ・リンチ長官がEメール調査を中止する前に駐機場で密会していたことをスクープした記者(45歳)が自殺したと報じられる。 ...続きを読む
【第45代トランプ大統領声明】マクロンはバイデンを非常に協力的だと褒めて称えた。それもそのはずだ、仏は米国を利用し金をむしり取っていたからだ。これからもバイデンの方が都合が良いのだ
トランプは、フランスのマクロン、ヨーロッパ中の他の指導者が米国をはぎ取っていたと言った 「彼らは米国を利用していたので、もちろん、彼らはバイデンが好きだ。なぜなら、今や彼らは米国を食い物にする古い方法に戻ることができるからだ」 ...続きを読む
スクープ映像!<疑惑が公になる時33>武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた/当初中国とWHO調査官は陰謀だと否定していた。その後15,000の実験ファイルが消失/skynews
武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた(当時、武漢市場にはコウモリは販売されていない) ジャストイン-新しい映像は、武漢バイオラボが施設内に生きたコウモリを飼っていたことを示しており、データは、ウイルスが表面化したときに15,000を超え...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました