社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ氏、BLMデモ参加者が、憲法修正第1条の権利に違反していることを明らかにした/裁判所が正式に認める「トランプ氏とその幹部が意図的に共謀してデモ参加者を移動させたという証拠はない」

事件
スポンサーリンク

トランプは、BLMデモ参加者が憲法修正第1条の権利に違反していることを明らかにした。

トランプは、BLMデモ参加者が写真撮影のためにワシントンDCの広場から強制的に移動された後、抗議するための憲法修正第1条の権利に違反していることを明らかにした。

スポンサーリンク

トランプ氏、BLMを打ち負かす:判事は、前大統領がDCの教会での写真撮影のためにデモ隊を移動させたことを告発する訴訟を退けた。

2021年6月22日

・月曜に下された判決では、トランプ氏に対する訴訟は、トランプ氏と当局者が意図的に共謀して抗議者の権利を否定したことを証明できなかったとしている。
・トランプ大統領の任命者であるDabney L Freidrich判事は、ACLUやその他の市民権団体が提出した訴訟は、彼らの主張を裏付ける十分な証拠がないと述べた。
・これらの訴訟では、抗議者をペッパーボールで移動させる決定は、活動家のデモを行う権利を侵害し、連邦政府の役人を法の上に立たせていると主張していました。
・ジョージ・フロイド氏が殺害されてからちょうど1週間後の2020年6月、トランプ氏は側近と一緒に被害を受けたセント・ジョンズ・エピスコパル教会に向かった。
スポンサーリンク

トランプ氏とその幹部が意図的に共謀してデモ参加者を移動させたという証拠はない

連邦判事は、2020年6月にトランプ氏がワシントンDCにあるセント・ジョンズ・エピスコパル教会の階段で聖書を持ってポーズをとるために、トランプ氏とその幹部が意図的に共謀してデモ参加者を移動させたという証拠はないとし、元大統領に対して提出された請求を月曜日に破棄した

ダブニー・L・フリードリッヒ判事の51ページの意見書は次のように説明している:『これらの申し立ては、真実とみなしても、(原告が)保護されるべき階級に属していることに基づいて(原告の)権利を侵害するための、被告間の合意または心の打ち合わせを示す十分な「出来事、会話、文書」を示すものではない』。

被告の関係者が連絡を取ったと主張するだけで、違法な合意を示唆するような連絡の詳細を主張せずに、…共謀に必要な合意を推論することはできない」とフリードリッヒ判事は付け加えた。

Donald Trump is CLEARED of violating BLM protesters rights
Judge Dabney L Freidrich ruled Monday that there was insufficient evidence to prove the former president and his officials had conspired to violate protesters' ...続きを読む
スポンサーリンク

警察は、「トランプ大統領が写真撮影を行うために、DCのラファイエット・パークから抗議者を排除しなかった」と、内務省の監察官が報告書で結論づけている。

タイトルとURLをコピーしました