社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ワクチソは宣伝されているよりもリ○クが高い?/FDAとCDCは「接種後のデータの長所と短所を考慮して、評価を行っている」と述べている/(WSJ)

スポンサーリンク

コビットワクチンは宣伝されているよりもリ○クが高い?

2021年6月22日

Covid-19の大流行で注目すべき点は、実験室からの漏洩説やマスクの有効性など、人気のない科学的なアイデアが、最初は否定されたり、嘲笑されたりしていたのに、後になって主流派の考えに戻ってくることが多いことだ。意見の相違は、科学的根拠の不一致に起因することもある。しかし、より一般的な動機は、政治的なものだ。

このような考え方の変化は、もうすぐ起こるかもしれません。

スポンサーリンク

科学者の中には、Covid-19ワクチンの安全性のリスクが過小評価されているとの指摘も

科学者の中には、Covid-19ワクチンの安全性のリスクが過小評価されているのではないかという懸念を抱いている人もいる。しかし、ワクチン接種の政治的な問題によって、彼らの懸念は今のところ科学的思考の外に追いやられている。

歴史的に見ても、ワクチンを含む医薬品の安全性は、大規模な集団に投与されるまで完全には理解されないことが多い。例えば、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めた鎮痛剤ロフェコキシブ(バイオックス)、若年層の自殺企図を増加させたとされる抗うつ剤、2009年から2010年にかけて流行した豚インフルエンザに使用されたインフルエンザワクチンは、子どもたちに熱性痙攣やナルコレプシーを引き起こした疑いがある。

臨床試験では、一般集団を代表していない患者さんが登録されることが多いため、現実の世界からのエビデンスは貴重だ。私たちは、実社会のエビデンスから医薬品の安全性についてより多くを学び、リスクとベネフィットのバランスを考慮して臨床推奨を調整することができる。

スポンサーリンク

ワクチン接種後の事象を記録管理し、FDAとCDCはデータを評価している

ワクチン有害事象報告システム(Vaers)は、米国疾病予防管理センターと米国食品医薬品局が運営しているデータベースで、ワクチン接種後に発生した有害事象を米国人が記録することができる。

FDAとCDCは、このデータベースは、その事象がワクチンによって引き起こされたかどうかを判断するためのものではないとしている。これは事実だ。しかし、データの長所と短所を考慮して評価することは可能であり、CDCとFDAはそれを行っていると述べている。

Covid-19ワクチンのVaersデータには興味深いパターンがあります。3億1,000万回接種されたCovid-19ワクチンの中で、いくつかの有害事象が、接種直後の数日間に高い確率で報告され、その後急激に減少している。

これらの有害事象のいくつかは、いずれにしても発生していた可能性がある。このパターンは、ワクチン接種後すぐに発生した事象を多く報告する傾向にあることが一因と考えられる。(wsj)

Opinion | Are Covid Vaccines Riskier Than Advertised?
There are concerning trends on blood clots and low platelets, not that the authorities will tell you.

FDA:アメリカ食品医薬品局

CDC:アメリカ疾病予防管理センター

スポンサーリンク

参考記事

http://totalnewsjp.com/2021/06/17/covid19-75/
【コロナ脳の不都合な真実】『クラスターの半分近くは家庭で発生、飲食店は2.5%で最下位』/ロックダウンしても死者は減らない(米)/マッチポンプのメディア/医療従事者は「聖職者」か
『ボコボコに叩かれても私が「コロナ脳にとっての暴論」を書き続ける理由:現代ビジネス』より引用抜粋し加筆 あなたの恐怖感を押し付けないで  私は以前の記事でも表明した通り、マスクが大嫌いである。暑いしダサいし息苦しいので、屋外では着用しな...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ 

タイトルとURLをコピーしました