社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポルトガル政府がCOVID-19の死亡統計を捏造との判決/裁判所:「政府発表は17,000件のところ、実際のCOVID死亡者は0.9%の152件/PCR検査の97%は偽陽性」

コロナ
スポンサーリンク

リスボン裁判所、COVIDで死亡した「検証済みのケース」は0.9%のみで、その数は152件、主張されている17,000件ではないと判断

2021年6月28日

リスボン裁判所の判決によると、COVIDで死亡した「確認された症例」は0.9%の152件のみで、政府が主張した17,000件ではないという。この判決により、政府がCOVID-19の死亡統計を捏造していたことが証明された。

リスボンの裁判所は、市民の申し立てを受けて、検証済みのCOVID-19による死亡率データを提供することを余儀なくされた。

判決によると、2020年1月から2021年4月までに確認されたCOVID-19による死亡者数は、政府省庁が主張する約17,000人ではなく、わずか152人であることがわかった。

スポンサーリンク

「その他」の人たちは、PCR検査が陽性であったが、死因は別の理由

このデータは、ポルトガルで唯一の死亡証明書情報システム(Sistema de Informação dos Certificados de Óbito – SICO)のものである。

「法務省の監督下で発行された152枚の死亡証明書」というのは、偽物です。死亡証明書を発行する唯一の機関である法務省の監督下で、すべての死亡証明書が発行されているからだ。

昨年、ポルトガルの控訴裁判所は、PCR検査の信頼性は低く、PCR検査のみに基づいて人々を隔離することは違法であるとの判決を下した。

裁判所は、PCR検査の信頼性は、使用したサイクル数と現在のウイルス量に依存すると述べています。Jaafarらの2020年を引用して、裁判所は次のように結論づけている。

“35サイクル以上の閾値を使用したときにPCR検査で陽性と判定された人がいた場合(欧米のほとんどの検査機関でのルール)、当該人が感染している確率は3%未満であり、当該結果が偽陽性である確率は97%である。” としている。

ドイツでは、訴訟問題で弁護士グループが入手した広範な電子メールのやりとりによると、ドイツ内務省が科学者を雇って、厳格な監禁を正当化するために偽のコロナウイルスモデルを開発させたことが明らかになっている。

Lisbon Court Rules Only 0.9% Of ‘Verified Cases’ Died Of COVID, Numbering 152, Not 17,000 As Claimed - GreatGameIndia
As per a ruling by the Lisbon court, only 0.9% of ‘verified cases’ died of COVID, numbering 152, and not 17,000 as claimed by the government. The ruling has pro...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【痛快】フィリピン、ドゥテルテ大統領「ワクチン打つか留置場に入るかは自分で決めろ」「言っておくが警察の留置場は不潔で悪臭を放っているぞ。掃除をしてないからな。そこがお前らの居場所だ」
ワクチンを打つのか、留置場に入るかは自分で決めろ」 言っておくが警察の留置場は不潔で悪臭を放っているぞ。 警察は掃除をサボっているからな。 そこがお前らの居場所だ 拒否するならお前を逮捕する。 ロドリゴ・ロア・...続きを読む
緊急事態、東京再宣言、酒類提供再停止を検討―西村担当相/ネット:「誰かロンドンのデモ教えてやって」「誰かこの人に飲食店は関係ないって教えてやってくれ」
緊急事態、東京再宣言も 酒類提供再停止を検討―西村担当相 西村康稔経済再生担当相は27日のNHK番組で、新型コロナウイルス感染再拡大の兆候が見られる東京都などに対し、今後の推移によっては再び緊急事態宣言を発令する可能性を示唆した。「必要と...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました