社会の話題と反応を発信していくネットメディア

熱海の土石流について政府は、メガソーラーとの関連調査も調査する方針/党災害対策特別委員会で出席議員の調査を求める声で/ネット:「県知事には任せられない」「起こったのは静岡だが国の問題」

エコ
スポンサーリンク

政府、メガソーラーとの関係調査へ

スポンサーリンク

熱海の土石流 政府、メガソーラーとの関連調査も

2021/7/5

自民党は5日、静岡県熱海市の土石流被害を受けて、党災害対策特別委員会(委員長・今村雅弘衆院議員)の会合を党本部で開いた。出席議員からは現場付近のメガソーラー(大規模太陽光発電所)と土石流の関連について調査を求める声が上がり、政府側は人命救助や被災者支援が終われば、必要に応じて調査する方針を示した。

また、同特別委は7日に被害状況を把握するため、現地視察に入る方向で調整している。今村氏は「今回の場所は全国どこにでもある。山の中と違って都市部、住宅地ということで、そういった観点からもわが国の防災体制の在り方を考え直さないといけない」と語った。

熱海の土石流 政府、メガソーラーとの関連調査も
自民党は5日、静岡県熱海市の土石流被害を受けて、党災害対策特別委員会(委員長・今村雅弘衆院議員)の会合を党本部で開いた。出席議員からは現場付近のメガソーラー(大…
スポンサーリンク

ネットの声

ついに政府が動いたか。あの知事じゃな。

当然調査すべきでしょう でも、小泉環境大臣にやらせちゃダメ。

どんどん進む静岡県内、全国のメガソーラー計画を全て調査すべき。

もしメガソーラーが原因だったとしたら、全国に危険な箇所が多数ある。

これまで起こった土砂災害を徹底調査してもらいたい。そこにメガソーラーがあったのか。

あの地形と配置を見たら、因果関係を疑うのは当然。法的な規制が必要。

スポンサーリンク

参考記事

小泉純一郎氏、熱海の土砂災害発生後の3日午後、太陽光などの自然エネルギーの利用を訴える講演を行なっていた/ネット:「国ぞ○」「売こ○」「因果関係がわかるのは時間の問題。小泉親子はどうすんの?」
「原発のゴミ、処分するところない」 小泉元首相が講演 7/5(月) 5年5カ月にわたって首相を務めた小泉純一郎氏(79)の講演会が3日、鳥取県倉吉市山根の県立倉吉体育文化会館であった。倉吉青年会議所(伊東英知郎理事長)の創立60周年...続きを読む
土砂災害の4日前に、熱海市に隣接する函南町の住民らが、土砂崩れの危険性や景観悪化を懸念し、メガソーラー建設計画を強行させないように静岡県知事に要望書を出していた/ネット:川勝知事は発電所との因果関係について徹底検証すべきだ
函南町に建設が予定されているメガソーラーについて、住民らが6月30日県庁を訪れ、川勝知事に要望書を提出しました。 函南町軽井沢地区の山林に計画されているメガソーラーについて、地元住民の代表らが30日、県庁を訪れました。メガソーラーは軽井沢...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました