社会の話題と反応を発信していくネットメディア

BIG!【ペンシルバニア州監査実施決定】(第2報):政府間運営委員長、マストリアーノ上院議員が監査実施を公式ツイート/「隠すことがなければ恐れることはないはずだ」「2020年の総選挙の科学的調査の必要性は、誰の目にも明らかだ」「不◯がなかったと考える方がおかしい」

政治
スポンサーリンク

Newsmaxホワイトハウス記者、エメラルドロビンソン

ペンシルベニア州は、いくつかの主要な郡に情報を要求することにより、2020年の選挙の法廷監査を開始しています。

・マストリアーノ議員のツイート

2020年の総選挙と2021年の予備選挙の選挙結果とプロセスの法医学的調査は、私たちのシステムへの信頼を回復するのに大いに役立ちます。

 

スポンサーリンク

2020年総選挙と2021年プライマリーのフォレンジック調査を開始する理由

投稿日: 2021年07月07日
2020年の総選挙と2021年のプライマリーの選挙結果とプロセスのフォレンジック調査は、私たちのシステムに対する信頼を回復するのに大いに役立つでしょう。投票はすべての市民の基本的な権利です。私たちは、すべての声が確実に届くよう、投票プロセスを改善する方法を継続的に模索すべきです。

本日、私は政府間運営委員会の委員長として、いくつかの郡に対して、2020年の総選挙と2021年のプライマリーのフォレンジック調査を行うために必要な情報と資料を求める書簡を発行しました。

これらの郡には、7月31日までに遵守する計画を回答するよう求めました。これらの郡は、ペンシルバニア州のさまざまな地域を代表しており、政治的構成も異なっています。共和党員もいれば民主党員もいて、バランスのとれた調査になることを意味します。

政府間運営委員会は、ペンシルバニア州上院の常任委員会であり、連邦全体の選挙管理を含む、2つ以上の政府または政府レベルの間で行われる活動に関する監視および調査を担当します。

スポンサーリンク

各常任委員会には、郡選挙管理委員会を含む連邦内のあらゆる公的機関の帳簿、記録、書類、文書、データ、運営、物理的プラントを検査、調査する権限を持つ

ペンシルバニア州上院規則14(d)に規定されているように、各常任委員会には、郡選挙管理委員会を含む連邦内のあらゆる公的機関の帳簿、記録、書類、文書、データ、運営、物理的プラントを検査、調査する権限が与えられています。

これは、何百万人ものペンシルバニア州民が2020年の総選挙の正確さに深刻な疑問を抱いているために必要なことです。1月に行われたミューレンバーグ大学の世論調査では、ペンシルバニア州の有権者の40%が、2020年の選挙結果がペンシルバニア州民の投票行動を正確に反映しているとは思えないと回答しています。彼らの懸念を無視したり、あざ笑ったりすることは、この憲法のある共和国では答えにならないし、適切でもない。

数週間前の選挙制度改革に関する議論の中で、私の同僚の中には、残念ながらこれらの世論調査の数字を不都合な真実として片付け、選挙プロセスに不信感があるのは、政治的に意見の合わない人たちの「陰謀論や嘘」のせいだと主張した人もいました。 このような個人攻撃は、何百万人もの有権者の懸念を解消するものではありません。

スポンサーリンク

2020年の総選挙を科学的に調査する必要があることは、公平な観察者であれば誰の目にも明らかです

今回の選挙は、ペンシルバニア州で「大量」の郵便投票が行われた初めての選挙でした。 2016年の不在者投票が約26万3,000件だったのに対し、2020年は270万件の郵便・不在者投票が行われました。これらの投票用紙の多くは、外部からの観察や監督がほとんどないオフサイトの場所でカウントされていました。

さらに、署名認証のない郵便投票は、連邦全体でカウントされることが認められていました。 そしてもちろん、これらのことは、不確実性と恐怖が選挙の実施に影響を与えたCovid-19の中で起こったことです。

さらに、選挙前の数週間、国務省はペンシルバニア州の選挙の実施方法を何度も変更しました。直接投票した人は、投票用紙を郵送した人よりも高い基準を求められました。ペンシルバニア州最高裁判所は、投票者の署名を分析して投票を拒否することはできないという判決を下したため、郵送投票に必要な署名は無意味なものとなりました。

9月17日、ペンシルバニア州最高裁判所は、郡は選挙日の3日後までに受け取った投票用紙を数えなければならないという判決を下しました。選挙の1週間前、国務省は連邦最高裁判所に対し、11月3日の午後8時以降に受け取った投票用紙は分離すると伝えました。 しかし、国務省は選挙の2日前に規則を変更し、投票用紙を受け取ったらその場で投票を行うよう各郡に指示しました。そのため、連邦最高裁判所が介入し、郡に投票用紙の分別を命じなければなりませんでした。

スポンサーリンク

2020年に見られたような劇的な変化があった選挙が、エラーや不正がゼロで完璧に運営されたと考えるのは論理的におかしい

11月3日の開票の数時間前になって、連邦政府は再び規則を変更し、郵便投票や不在者投票が正しく記入されていない有権者を救済する方法について、遅れたガイダンスを提供しました。この「ガイダンス」は、連邦全体で一貫性のない適用となりました。指示通りに有権者に連絡を取った郡もあれば、そうでない郡もありました。 このガイダンスは、現行法や判例法に基づくものではありませんでした。

2020年に見られたような劇的な変化があった選挙が、エラーや不○がゼロで完璧に運営されたと考えるのは論理的におかしいだろう。

ウォルフ知事と国務長官は、選挙後に何百万人もの市民が懸念を抱き、投票所で目撃された不正、不規則性、違法行為を直接訴える何百もの宣誓供述書があるにもかかわらず、いかなる種類の徹底した調査も行うことを拒否しました。

最も調査に近かったのは、11月の選挙で無作為に選ばれた45,000枚の投票用紙を対象とした、いわゆる「リスク・リミット」と呼ばれる小規模な監査でした。これは、11月の選挙で選ばれた45,000枚の投票用紙を無作為に抽出しただけのもので、不正や違法行為、技術的な異常を見極めるために必要な調査とはとても言えません。この監査は国務省が行ったもので、一般市民の意見や外部のオブザーバーは含まれていませんでした。

選挙プロセスの問題は、2020年に限ったことではありません。5月の予備選挙では、複数の投票所で投票用紙が足りなくなりました。郡は、過去3回の地方自治体の予備選挙での最高得票数よりも10%以上多く投票用紙を印刷することが義務付けられているにもかかわらず、このような事態が発生しました。

いくつかの地区では、投票機が共和党の投票用紙のヘッダーに民主党と表示していたにもかかわらず、共和党のレースが表示されたままになっていました。また、ある郡では「印刷の問題」により、民主党と共和党の両方の投票用紙が拒否されました。これらのエラーは、ミスが起こりにくい低投票率の選挙で発生したものです。

スポンサーリンク

監査こそが信頼を取り戻すと信じる

英連邦では、透明性と説明責任を果たすために、完全な法医学的調査が必要です。隠すことがなければ、恐れることはありません。 2020年と2021年の選挙の完全性に懸念を抱いている人は、その懸念を調査され、うまくいけば対処されるでしょう。不正投票や不正行為は一切なく、選挙は完璧に行われたと考えている人には、その正当性を証明する機会が与えられます。

この調査は、両選挙の結果を覆すためのものではありません。目的は、我々のシステムの完全性に対する信頼を回復し、選挙のガバナンスに関する既存の法律の有効性を確認し、立法改革の分野を特定することにあります。

最近、知事が包括的な選挙改革法案(HB 1300)に拒否権を行使し、何百万人もの市民の懸念に真剣に取り組もうとしないことを考えると、立法府がその監視責任を果たすことは当然のことです。

選挙プロセスへのダメージは、時間が経過しても元には戻りません。 私は、連邦の選挙プロセスに対する信頼を回復する唯一の方法は、フォレンジック調査を行うことだと信じています。そうすることで、私たちの選挙システムに対する信頼が回復するでしょう。

英連邦の人々は、自分の一票が大切にされていることに自信を持つべきです。選挙が自由で公正であることを保証するためには、説明責任と透明性が必要です。(senatormastriano.com)

Op-Ed: Why I am initiating a forensic investigation of the 2020 General Election and 2021 Primary - Senator Doug Mastriano
A forensic investigation of our election results and processes for the 2020 General Election and the 2021 Primary will go a long way to restore trust in our sys...続きを読む

第一報👇

スポンサーリンク

ペンシルバニア州のマストリアーノ共和党上院議員が2020年の選挙監査計画について説明を受け、監査実施に向け動く(7/2)

2021年7月2日午後11時03分

ペンシルバニア州の共和党上院議員は、2020年の選挙の監査計画について説明を受けた。

水曜日に州上院議員のダグ・マストリアーノ氏が行った非公開の説明会は、アリゾナ州で物議を醸した監査の模倣を迫るドナルド・トランプ前大統領とその支持者の願いを、ペンシルバニアの議員たちが本気で叶えようとしていることを示す、これまでで最も明確な兆候である。

上院政府間運営委員会の委員長であるマストリアーノ氏は、共和党主導のアリゾナ州上院によるマリコパ郡の2020年選挙の監査の場所であるフェニックスのベテランズ・メモリアル・コロシアムを見学した。

ペンシルバニア州とアリゾナ州は、昨年ジョー・バイデン大統領が勝利した州で、選挙後の監査では不正が広がらなかったとされている。しかし、選挙の不正疑惑や投票の不正を訴える数十件の訴訟が各地の裁判所で却下された後、マリコパ郡の党派的な監査は、コンテストが盗まれたと主張するトランプ氏とその同盟者にとって希望の光となった。

スポンサーリンク

参考記事

【第45代トランプ大統領声明】ペンシルバニア州上下院の愛国者たちは、アリゾナ州へ法廷監査の視察に行った!/ペンシルバニアは今こそ行動を起こすべき
【第45代トランプ大統領声明】 ダグ・マストリアーノ上院議員、クリス・ドゥシュ上院議員、ロブ・カウフマン下院議員が率いる偉大な愛国者たちは、アリゾナ州マリコパ郡に赴き、2020年の総選挙の完全なフォレンジック監査を行うためのベスト...続きを読む
ペンシルバニア州がアリゾナに投票の法医学的監査の視察団を派遣/ペンシルベニア州でもアリゾナ監査方式を取り入れたい意向
ペンシルバニア州が本日アリゾナ州にに代表団を派遣した 2021年6月1日 クリスティーナ・ボッブがワン・アメリカ・ニュースで伝えたところによると、ペンシルバニア州は火曜日に代表団をアリゾナ州に派遣した。彼らはアリゾナ州の監査に興味を...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました