社会の話題と反応を発信していくネットメディア

タリバンはドアを3度ノックする。4度目にノックしたあと、彼らは彼女を・・・/一方会見では「「我々の社会で女性はとても活発に活動することになる」と述べた

事件

緊急事態宣言・・日本は平和だ・・・

タリバンは彼女のドアを3回ノックした。4回目、彼らは彼女をこ◯した

August 17, 2021

タリバンは彼女の家のドアを3回ノックしました。4回目にノックした時、彼女はこ◯された。

(CNN)ナジャはアフガニスタン北部の小さな村で、幼い3人の息子と娘と一緒に家にいたが、タリバンの戦闘員がドアをノックした。

ナジャの娘マニザ(25歳)は、彼らが来ることを知っていた。母親は、彼らが前の3日間も同じことをしていて、最大15人の戦闘員のために食事を作るよう要求してきたと話していたからだ。

「母は彼らに、『私は貧乏だから、あなたのためにどうやって料理を作ればいいの』と言ったそうです。「タリバンは)母を殴り始めました。母は倒れてしまった、彼らは銃(AK47)で母を殴ったのです」

マニザは、戦闘員たちに止めるように叫んだという。戦闘員たちは一瞬立ち止まった後、隣の部屋に手榴弾を投げ込み、炎が広がると逃げていったという。母親は殴られて死亡した。

女性が外出する際には、男性の親族を同伴して体を隠すべきだというタリバンのルールに従うために、ブルカを買う時間がなかったという女性もいました。

アフガンの女性たちにとって

この布は、20年かけて獲得した権利、働く権利、学ぶ権利、移動する権利、さらには平和に暮らす権利が突然壊滅的に失われたことを象徴

しており、彼女たちは二度と取り戻せないのではないかと恐れている。

2021年8月15日、カブールでは、美容院で働く人々が女性の大きな写真を壁から剥がしている。

1996年から2001年にかけてタリバンがアフガニスタンを支配していたとき、タリバンは女子校を閉鎖し、女性が働くことを禁止した。

2001年に米国が侵攻した後、女性に対する制限は緩和されました。戦争が激化する中でも、国際的なグループやドナーの支援を受けて女性の権利を向上させようとする地元の取り組みにより、新しい法的保護が作られた。
2009年の「女性に対する暴力撤廃法」では、レイプ、暴行、強制結婚が犯罪化され、女性や少女の労働や勉学を妨げることは違法とされた。

タリバンのスポークスマンであるスハイル・シャヒーン氏は月曜日、タリバンの下では女子が勉強することが許されると述べた。

「学校は開かれ、少女や女性は、教師として、生徒として、学校に行くことになるだろう」と彼は言った。
しかし、現地の人々の話によると、異なるイメージがあるようで、前回の支配下でこのような悲惨な状況を引き起こした過激派に対する深い不信感があるようだ。

7月にアフガニスタン独立人権委員会が発表したところによると、タリバンが支配していた地域では、女性は男性の保護者がいなければ医療サービスを受けてはいけないと命じられていたという。テレビは禁止され、教師や学生はターバンをかぶり、ひげを生やすように指示されている。

また、宗教学者、政府関係者、ジャーナリスト、人権擁護者、女性などが標的となって殺害されているという。その中の一人、ミナ・カイリさんは、6月に自動車爆弾で死亡した23歳の女性です。彼女の父親であるMohammad Harif Khairi氏は、妻ともう一人の娘もこの爆発事故で失っており、この若い放送局員は数ヶ月前から死の脅迫を受けていたと語っている。
タリバンがアフガニスタンを支配していた頃、命令に従わない女性は殴られていた。(cnn、引用抜粋)

The Taliban knocked on her door 3 times. The fourth time, they killed her
It took days for the Taliban to seize Afghanistan and potentially erase 20 years of gains for Afghan women.

一方で今日、タリバンが記者会見し、「女性の権利を認めると」・・・

タリバンが会見し、イスラム法の範囲で女性の権利認めると

8月18日 2021

アフガニスタンを支配下に置いた武装勢力タリバンは17日、首都カブール掌握後初の記者会見を開いた。内外で懸念されている女性の権利については、「シャリア(イスラム法)の枠組みの中」で尊重すると述べた。

15日にカブールを掌握してから初の記者会見で、報道担当のザビフラ・ムジャヒド幹部は、女性は就労の自由が認められると述べた。しかし、他の規則や規制について詳細は明らかにしなかった。

記者会見で外国メディアは、タリバン政権下の女性の権利について質問を繰り返した。ムジャヒド幹部は「我々の枠組みの中で、女性が働き勉強することを認める」、「我々の社会で女性はとても活発に活動することになる」と述べた。

ただし、女性にどのような服装を要求するのか、全身をすっぽり覆い隠すブルカの着用を義務付けるのか、さらには女性にどのような就労機会が認められるかなどについては、質問されても答えなかった。

ムジャヒド幹部は、全てのアフガニスタン人が「イスラムの枠組みの中」で生活しなくてはならないと繰り返した。

ムジャヒド幹部はほかに、政権発足に向けて作業を進めており、数日中に発表すると明らかにした。

過激派勢力アルカイダなどが国内を拠点とするのではないかとの質問には、「アフガニスタンの国土を、他者の攻撃には使わせない」と述べた。「内部にも外部にも敵は欲しくない」と融和姿勢を示したほか、政府治安部隊の兵士や外国政府と協力したアフガニスタン人には恩赦を約束した。

タリバンは同日、記者会見に先立ち、国内全土に全般的な恩赦を宣言。政府職員に安心して職務を再開するよう呼びかけたほか、自分たちの政府に女性の参加も希望すると述べた。(bbc)

タリバンが記者会見 イスラム法の範囲で女性の権利認めると - BBCニュース
アフガニスタンを支配下に置いたイスラム原理主義組織タリバンは17日、首都カブールで初の記者会見を開いた。集まった報道陣からは、女性の権利について質問が相次いだ。

参考記事

45thトランプ大統領声明「アフガニスタンは、アメリカ史上最も恥ずかしい軍事的成果だ。私が大統領だったら絶対に起こらなかった。撤退に当たってのバイデンの無能ぶりが問題なのだ」
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明:アフガンはアメリカ史上最も恥ずかしい軍事的成果だ アフガニスタンは、アメリカ史上最も恥ずかしい軍事的成果だ。そんなことにはならないはずだったのに! ...続きを読む
ポンぺオ前国務長官「バイデンはアメリカ国民を守ることに完全に失敗した」「トランプ大統領は私に若者を安全に帰すよう、撤退する際は抑止力を使うよう指示していた。バイデンはそうしなかった」
ポンペオ前国務長官のツイート「バイデンはアメリカ国民を守ることに完全に失敗した」 すべての大統領は課題に直面している。この大統領は、アフガニスタンで課題に直面している。彼はこの課題においてアメリカ国...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました