社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【NEW!】ABCのインタビューで混乱したことで、その健康状態が問題視されていたバイデン氏の病歴等が明らかに/バイデン氏は「脳動脈瘤と心臓病を患っていた」/専門医によるとどちらも記憶力や思考力に問題がある(dailymail)

事件
スポンサーリンク

バイデン氏は、ABCのインタビューで混乱したことで、その健康状態が問題視されている

健康の専門家によると、彼は以前、記憶と思考の問題に関連する2つの疾患を患っていた。

スポンサーリンク

医師は、78歳のジョー・バイデンの症状を「誰でも」心配すると言います。

この男はオフィスにふさわしいのか?

医師は、78歳のジョー・バイデンが2つの脳動脈瘤と心臓病を患い、記憶障害につながる症状を呈している場合、「誰でも」心配になると述べている。

専門家によると、どちらも記憶力や思考力に問題があるとのこと。

ジョー・バイデン米大統領は、交通事故のインタビューを受けた後、展開中のアフガニスタン問題への対応について、認知能力に疑問を呈した。

アメリカ最年長の大統領は、ABCとのインタビューで、質問への回答が混乱し、息子についての詳細を取り違えてしまった。

スポンサーリンク


大統領は、亡き息子のボー・バイデンがアフガニスタンで海軍に所属していたと誤って発言し、その後、イラクで陸軍に所属していたと訂正した。

これは、78歳のバイデン氏が2019年に大統領選挙を成功させて以来、相次ぐ失言や舌禍を受けたものです。

バイデン氏はこれまでに、2つの脳動脈瘤と、筋肉の鼓動が速くなりすぎてめまいや混乱を引き起こす心臓病を患っています。

・NHSのコンサルタントであり、エビデンスに基づく医療の専門家であるAseem Malhotra博士は、両疾患と認知機能の低下には)関連性がある」。病歴や年齢を考えると、初期の認知症を心配してしまいます。

・また、マサチューセッツ州ボストンにあるエマーソン大学のスピーチ科学准教授であるアミット・バジャイ博士も、バイデン氏の失言が増えている背景には、高齢に伴う認知機能の低下があるのではないかと考えている。

バイデン氏は、1988年に2つの脳動脈瘤を患い、命に関わる手術を受けた。

科学者たちは、動脈瘤(通常、脳に発生する膨らんだ血管や破裂した動脈)を患った人は、情報の吸収、保存、想起に問題が生じるなど、記憶障害に直面する可能性があると警告しています。

スポンサーリンク

ジョー・バイデン米国大統領の病歴

年齢:78歳

心臓。2003年に発見された心房細動(不整脈)。

脳:2つの脳動脈瘤 1988年に2つの脳動脈瘤(脳の血管が膨らんで破裂する)。

肺:1988年に肺塞栓症(肺の中に血栓ができた状態

その他の病気 数回の副鼻腔手術に加えて、バイデン氏は胆嚢を摘出し、複数の非黒色腫皮膚癌を切除しています。

バイデン氏は失態が多いことで知られており、2018年には自らを「失言マシン」と呼んだこともある。

また、大統領は心房細動(不整脈や高速の心拍が発生する状態)を患っている。

スポンサーリンク

バイデン氏は2003年に胆嚢を摘出した際、医師から初めて診断を受けた。

この病気は、小さな血栓が脳の一部を徐々に傷つけ、思考力や記憶力の低下を引き起こす可能性があると医学者は警告している。

つい先月も、大統領選に出馬した理由を忘れてしまい、当選したばかりの頃は、副大統領のことを「カマラ・ハリス大統領」と呼んでいた。

大統領になってからも事故を経験しており、3月にはエアフォースワンの階段を上っている最中に3回も転倒

孫娘を、2015年に脳腫瘍で亡くなった息子ボーと紹介していた。

また、6月に開催されたG7サミットでは、リビアとシリアを混同していた。(dailymail)

Is this man fit for office?
Questions have been raised about US President Joe Biden's cognitive wellbeing after a car crash interview over his handling of the unfolding Afghanistan crisis.
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】記者の怒りは頂点に!卑怯者バイデン、三たび記者の質問から逃げ出す!/記者「米国人は安全だと言ったが、タリバンに暴行され搭乗を妨害されている!」バイデンは質問に答えず、記者の罵声、怒号、痛罵、非難を背中に浴びながら、ハリスらと逃げ出す
バイデン氏、記者の「なぜタリバンを信用するのか」という質問を無視して壇上から逃げ出す 2021年8月20日 ジョー・バイデンは、アフガニスタンに捕らわれたアメリカ人を安全に避難させるための米国の取り組みに関する記者会見に、1時間近く...続きを読む
【動画あり】「大統領は、質問を受けることを決してためらわない」と言ったホワイトハウスのコミュニケーション・ディレクターが火だるまに/ファクトチェックで「バイデンが逃げ去る動画」をあげられ拡散される
ホワイトハウス:バイデンは「質問を受けることをためらわない」 バイデンは「質問を受けることをためらわない」とホワイトハウス・コミュニケーション・ディレクターのケイト・ベディングフィールドが露骨に主張しています。 ホワイトハウ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました