社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ヒゲの隊長GJ!日本と台湾、与党間で初の安保対話 防衛協力の可能性も議論/日本側から開催を呼びかけ、台湾有事を念頭に外交や安全保障の分野で日台が如何に連携を密に出来るか見解を述べた

政治
スポンサーリンク

日本と台湾、与党間で初の安保対話

スポンサーリンク

日本と台湾、与党間で初の安保対話 防衛協力の可能性も議論

[台北/東京 27日 ロイター] – 台湾与党の民進党と日本の自民党は27日、外交・防衛政策を担当する議員同士が会談し、防衛協力の可能性などについて議論した。日台の与党が安全保障対話を開くのは初めて。

日台は外交関係がないものの、中国が台頭する中で非政府間の関係を強化している。

台湾の民進党からは羅致政、蔡適応の両立法委員が、日本の自民党からは佐藤正久外交部会長と大塚拓国防部会長が出席。羅氏と蔡氏は会談後、記者団に対し、半導体や中国の軍事活動、日米台の協力の可能性などについて議論したことを明らかにした。

羅氏は「ある意味で両政府の関係強化に向けた努力を表す会談となった」と説明。「さらに重要なのは、両者とも中国の圧力に直面する中でもこうした対話が継続されることを強く決意していることだ」と語った。

スポンサーリンク

蔡氏によると、会談では防衛協力も話題に上った。

しかし、機微な内容だとして詳細は明らかにしなかった。

自民党本部から会談に出席した大塚氏は「実際の中身をなかなかお話できないぐらい踏み込んだ話もしている」とした上で、「協力してやっていく分野も非常に多いということが確認がされた」と語った。

台湾を自国の一部とみなす中国は、内政干渉すべきでないと会談の開催を批判していた。

羅氏は「台湾は主権国家、独立国家として二国間、多国間関係を発展させる権利がある」と述べた。(ロイター)

日本と台湾、与党間で初の安保対話 防衛協力の可能性も議論
台湾与党の民進党と日本の自民党は27日、外交・防衛政策を担当する議員同士が会談し、防衛協力の可能性などについて議論した。日台の与党が安全保障対話を開くのは初めて。
スポンサーリンク

佐藤正久氏公式ブログ(抜粋)

日台与党間外務・防衛2プラス2を初開催→日台連携強化へ
NEW!2021-08-27 16:19:55

本日、日本からは自民党の外交部会長の佐藤と大塚拓・国防部会長、そして台湾からは民進党の国際事務部トップの羅致政・立法委員と軍人の経歴を持ち安全保障に精通する蔡適應・立法委員がオンラインで意見交換を行った。二国間で両国の外務大臣と国防大臣が共に席に着く2プラス2の議員外交版であり、6月に外交部会の「台湾政策PT」で取りまとめた提言の一部を早速形にしたものだ。

日本側から開催を呼びかけ、約90分。出席者それぞれが今後の日台関係や、台湾有事を念頭に外交や安全保障の分野で日台が如何に連携を密に出来るか見解を述べた。まだまだ話したいことは山ほどあったが、時間の制限のため途中で終えざるを得なかったというのが率直な感想だ。中身は外交・防衛関連なので細部は明らかに出来ないが、例えば、WHO(世界保健機関)を始め、ICAOやCOP等地域的な空白を作らないよう台湾が国際機関で支障なく活動できることが国際社会にとり重要だ。(ブログは以下続く)

佐藤正久『日台与党間外務・防衛2プラス2を初開催→日台連携強化へ』
本日、日本からは自民党の外交部会長の佐藤と大塚拓・国防部会長、そして台湾からは民進党の国際事務部トップの羅致政・立法委員と軍人の経歴を持ち安全保障に精通する蔡…
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】バイデン、「フォックス記者」の質問に屈して崩れ落ちる/記者「海兵隊員が12人も死んだ。責任はあなたにある!」「あなたは期限を設定し、部隊を撤退させ、再び部隊を送り込み、そして今、12人の海兵隊員が死んでいる」
どこにも隠れられない、ジョー。 Fox Newsのピーター・ドゥーシー記者の質問に崩れ落ち、アフガニスタンでの大惨事をトランプのせいにしようとする大統領は、胎児のようなポーズをとる。 フォックス・ニュースのピーター・ドゥーシー記者は...続きを読む
マケナニー元WH報道官、バイデン政権に激怒/バイデンの「あなた(タリバン)を追い詰める」はなんだったのか?誰も殺されていないと言ったのは誰だ?このひどい撤退を「成功以外の何ものでもない」とは?これらの嘘は今も許しがたい!
マケナニー元WH報道官 「私たちはあなたを追い詰めます」は数日前のメッセージだったはずだ。 「誰も殺されていない」ではない。 アフガニスタン人が飛行機にぶら下がっていたが、それは「4日前、5日前」のことではない。 このひ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました