社会の話題と反応を発信していくネットメディア

戦死した海兵隊員が帰国。バイデン政権は誰も出迎えず批判の嵐/バイデンはアフガンで殺された13人の米軍兵士について質問する記者たちをスタッフに追い払わせて笑っていた/「恥ずべき!」「トランプならそこにいただろう」「恥ずかしすぎて顔を見せられないのか!」

事件
スポンサーリンク

海兵隊員が帰国した – バイデンや他の政権の代表者はいない

それは、バイデン政権から一人も海兵隊員を迎えに来なかったという事実である。(redstatenation)

Video: Fallen Marine Arrives Home - No Biden Or Any Other Representative From The Administration | Red State Nation
Several of the U.S. service members who were killed in an Islamic State-perpetrated terror attack in Afghanistan were identified Friday as tributes poured in ho...続きを読む

バイデンは、アフガニスタンや昨日テロリストに殺された13人の米軍兵士について質問する記者たちを、スタッフに追い払わせて笑っている。

これは病的だ。

スポンサーリンク

戦死した米国海兵隊員が帰国。

FALLEN MARINE ARRIVES HOME
This didn't have to happen. The President was re-elected because the nation trusted President Trump. The blood in on the hands of every Democrat and Republican ...続きを読む
スポンサーリンク

カブールで殺害された米兵13名の遺体が米国に帰還 – しかし、ジョー・バイデンが出迎えるかは不明

アメリカの英雄13人の遺体が、ドーバー空軍基地に帰還した。木曜日にカブールでイスラム教徒の自爆テロにより、米国海兵隊員12名、海軍兵員1名、米国陸軍兵士1名、そして少なくとも160名のアフガニスタン人が殺害された。

ホワイトハウスは、ジョー・バイデンが飛行機がドーバー空軍基地に着陸した際に英雄たちに会うかどうかの確認を拒否している。

国防省のカービー報道官は、ジョー・バイデン大統領が、彼の出身地であるデラウェア州の基地で行われる尊厳ある移送に参加するかどうかについては言及しなかった

スポンサーリンク


ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、金曜日にバイデン氏がドーバー基地に出席するかどうかを尋ねられた際に、「彼は、失われた命を称えるためのあらゆる手段を検討し、その一部になることを望んでいる」と答えている。(thegatewaypundit)

Remains of 13 Service Members Slaughtered in Kabul Return Back to US - But No Word if Joe Biden Will Meet Plane
The remains of 13 American heroes are on their way back to Dover Air Force Base. Twelve US Marines, a Navy corpsman, US Army Soldier, and at least 160 Afghans w...続きを読む

ダンスカビノ氏

スポンサーリンク

ネットの声

トランプならそこにいたでしょう。

恥ずかしすぎて顔を見せられない

なんて哀れな管理者!恥ずべき!

誰もひざまずかないのか?ジョーはどこにいる?

私には理解できないが、あの忌まわしい政権の誰もが敬意を示すだけの良識を持ち合わせていなかったのだ。

スポンサーリンク

参考記事

【カブール爆発】亡くなった兵士は13人、ほとんどが20代/マケナニー元WH報道官と、現在トランプ氏スポークスマンのリズ・ハリントン氏が、アフガンで亡くった兵士の名をツイートし、英雄の死を悼む
マケナニー元WH報道官 この方々の名前を覚えておいてください! 究極の犠牲を払った軍の英雄たち カブール空港の攻撃で亡くなった米軍関係者の方々です。 数千人のアメリカ人とアフガニスタンの同盟国の避難を監督するためにカブー...続きを読む
アメリカの祈り? 「スリーピージョー」はあと3年ではない/カブールの壊滅的な撤退で男の本質が明らかになった/左派はこの男があと3年もいるのか、という恐怖にかられている
アメリカの祈り? 「スリーピージョー」はあと3年ではない アメリカの祈り? 2021年8月27日 リベラル派はトランプ氏を不名誉な人物と考えていたが、自分たちの救世主は自分たちや世界にとって無謀で危険な人物であることがわかった...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました