社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テニスプレーヤーがワクチンを接種しない理由/男女テニス協会所属のテニスプレーヤーの約半数はワクチンを接種しない。ツアーに参加できないにも関わらず

コロナ
スポンサーリンク

ピーター・ナバロ氏

「ここで、基本的な質問ですが、体格の良い若いアスリートは、ウイルスやワクチンの副作用のリスクが高いのでしょうか?」

実は、私はコヴィドをあまり怖がっていません。」私の基本的な考え方は、「怖いならワクチンを接種する、怖くないなら接種しない。それが選択なのです。”

スポンサーリンク

多くのテニスプレーヤーがコビット・ワクチンを望まない理由

2021年8月30日

ワクチンを接種しないと、病気になったり、収入やプレーの機会を失ったりする可能性があるにもかかわらず、テニス選手は頑なにワクチン接種を受けようとしない。

ATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)のテニス選手の約半数がコヴィドの予防接種を受けていないと、各団体が発表している。

ワクチンを接種しないと、病気はもちろんのこと、試合に出られない、お金を稼げないなどの影響が出る可能性があるにもかかわらず、テニス選手たちは頑なにワクチン接種を進めようとせず、陽性反応が出たためにメジャートーナメントへの出場機会を失った選手も少なくない。健康な若者としてのワクチンの必要性に公然と懐疑的な選手がいる一方で、単に優先順位をつけていない選手もいる。

金曜日の全米オープンで「医学的理由」により失格となったフランスのベテラン選手ジル・シモンは、L’Equipe誌のインタビューで、ワクチンを接種していなかったために外されたことを認めている。

スポンサーリンク

シモン選手はL’Equipe誌に「ワクチン接種に反対していたわけではなく、その必要性や衝動を感じなかったというだけです」と語っている

シモンは、もしワクチンを接種していれば、検査を強化した上で、大会に出場する資格を維持していたでしょう。

シモンは、「実は、コビットはあまり怖くないんだ」と語った。「私の基本的な考え方は、『怖いならワクチンを接種する、怖くないなら接種しない』です。それが私の基本的な考え方です。

ワクチン接種は選択の余地を残すべきだというサイモンの主張は、両ツアーが選手にワクチン接種の選択を促している中でも支持されている。

ATPは声明の中で、「私たちは、すべての人の自由な選択の権利を尊重する一方で、各選手には、より広範なグループが安全なレベルの免疫を獲得するために果たすべき役割があると信じています」と述べています。「そうすることで、ツアーに参加するすべての人のために、現場での制限を緩和することができます」と述べています。

WTAは、「現時点では「個人の判断を尊重するため、選手にワクチンの接種を求めていない」としています

Why So Many Tennis Players Don’t Want the Covid Vaccine
Despite the possible consequences of not being vaccinated — illness and the loss of income and opportunity to play — tennis players have been stubbornly slow to...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】米国民の怒り:バイデン、「アフガンの質問には答えるつもりはない」と逃亡宣言。演台を叩いて去る/ネット「机を叩きたいのはこっちだ」「亡くなった英雄たちにもご遺族にも失礼だ!恥を知るがいい!」「演台を叩くとは無礼だ。思いやりのかけらもない」
バイデン、アフガニスタンでの質問を拒否し逃亡 バイデン:「私は質問をするつもりはありませんが、どうぞ…。今はアフガニスタンについて答えるつもりはない」 バイデンはアフガニスタンについての質問を拒む "私は質問を受けない...続きを読む
【アフガン混乱】バイデン政権の無能、次々明らかに/バイデンはデラウェアでコーヒーを飲み、ブリンケンはハンプトンズで昼寝をし、サキは1週間の夏休み/ブリンケンはタリバン侵攻で首都が次々陥落していく中、カブール陥落の数時間前まで休暇を取り続けていた
アントニー・ブリンケンはタリバンがカブールを占領する数時間前にハンプトンズで休暇を過ごしていた 2021年8月29日 バイデン政権のアントニー・ブリンケン国務長官は、アフガニスタンからの米軍撤退を監督すべき時期に、ハンプトンズで休暇...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:フォトAC)

タイトルとURLをコピーしました